徒然雑記

終日のたりのたりかな  
  オロチのまどろむ庭TOP  読書メーター  月刊書籍発売カレンダー  書籍感想・殿堂作品
  書籍感想・著者索引(表紙絵附) 書籍感想・著者索引(シンプル版)  書籍感想・作品タイトル索引(シンプル版)
  11月の漫画新刊カレンダー  11月のライトノベル新刊カレンダー
  12月の漫画新刊カレンダー  12月のライトノベル新刊カレンダー
 

パワー・アントワネット ★★★   



【パワー・アントワネット】 西山暁之亮/ 伊藤未生 GA文庫

Amazon Kindle BOOK☆WALKER

「言ったでしょう、パンが無いなら己を鍛えなさいと!」
パリの革命広場に王妃の咆哮が響く。
宮殿を追われ、処刑台に送られたマリー・アントワネットは革命の陶酔に浸る国民に怒りを爆発させた。自分が愛すべき民はもういない。
バキバキのバルクを誇る筋肉(フランス)へと変貌したマリーは、処刑台を破壊し、奪ったギロチンを振るって革命軍に立ち向かう!
「私はフランス。たった一人のフランス」
これは再生の物語。筋肉は壊してからこそ作り直すもの。
その身一つでフランス革命を逆転させる、最強の王妃の物語がいま始まる――!!
大人気WEB小説が早くも書籍化!

16世陛下、処刑されちゃってるんですけど!?
力こそパワー、筋肉こそフランス。おー、筋肉万歳(ヴィヴ・ラ・フランス)。
そう、究極にまで鍛え上げられた筋肉には美が宿る。
王族として民の声に殉じてギロチン台の露と消えるつもりだったマリー・アントワネットは、己の子供たちをも虐げ貶めようとする民衆の声に憤激し、ついに立ち上がる。
その太首を切り落とすはずだったギロチンブレードを逆に武器として握りしめ、いきり立つ革命の歌声にそのバルク(筋肉量)のみで立ち向かう。
目指すは王政復古。なぜならば我が筋肉こそがフランス、我こそがただ一人のフランスだから。

うん、ある意味一発ネタですね。ヨーロッパ各国の宮廷はどんな虎の穴揃いなんだこれ? 王家とはあれか? 連綿と武を伝える筋肉戦士の血族なのか? ロイヤル・ファミリー=コナン・ザ・グレートなのか? ハプスブルク家とか、そんな武門の家系とは程遠いはずなのに完全に世紀末覇王の家系じゃないですかー。
まー、わりと最初から最後まで同じノリの連続ではあるんですよね。最初のインパクトで最後まで押し通すパターンの作品であるので、さすがに慣れてくると言いますか。
それに、ラスボスの革命軍が完全にヤラレ役のゲス野郎というのも、いささか盛り上がりに欠けたかもしれません。
最高潮は、同じ宮廷武闘の体現者であるデュ・バリー夫人との頂上対決。
あれこそは、女として至高の地位に立とうというデュ・バリー夫人の気高き闘争心に対して、マリー・アントワネットという女性が何を心に戦い、筋肉をバキバキにしているかを突き詰める戦いでもありました。
彼女が死を拒絶し立ち上がった理由、我が子テレーズとシャルルを守るという母親としての決意。そして愛する我が子に国を引き継がせるため、愛するフランスという国を守り導くためという王妃としての矜持。女を貫く女と国母となった女とのプライド決戦。あれこそ誇りをもってお互いを高め合った至高の戦いであり舞踏であり、マッスルファイトでありました。
それに比べて共和制の共和筋肉は、筋肉に対するスタンスが曖昧で、単に筋肉と名乗ってるだけの肉なんですよね。肉になにも宿っていない。意思も魂もなにも宿っていない。
高潔なる筋肉義務(ノブレス・オブリージュ)がどこにもない。中途半端で貧相なものでしかなかった。あれでは少々、役者として足りない。
民衆の掌返しも、あんな程度の説得で転向するんだったら市民、ただのアホじゃんw 
というわけで、クライマックスはちとお粗末だったかな。スタートダッシュの勢いがラストまで持たなかった、とも言えるのかもしれませんが。おー、シャンゼリゼ(ゴリ押し)。
ローズ・ベルタンやシュヴァリエ・デオン、フェルセン伯爵、デュ・バリー夫人など革命当時の著名人が色んな意味で活躍してたのは、まあ歴史モノの醍醐味でありますなあ。
しかし、処刑人サンソンがこの場合ヒロイン枠なのか? 実際デオンよりもまっとうに男の娘してましたし。
出色だったのがイラストで、カラーはちょっと濃ゆくて自分的には「おおうっ」ってなったのですが、挿絵の方はマリーの女性としてのスタイルと鍛え上げられた筋肉のラインの調和がなかなかに美しくて思わず唸ってしまいました。
デュ・バリー夫人との決闘舞踏のシーンは二人揃ってるシーンで見てみたかったなあ。というか、デュ・バリー夫人のイラストなかったし。
ともあれ本作、このひたすら筋肉なノリが面白ければ、楽しめるのではないかと。

俺、ツインテールになります。 16 ★★★★   



【俺、ツインテールになります。 16】 水沢 夢/ 春日歩 ガガガ文庫

Amazon Kindle BOOK☆WALKER

トゥアールの復讐の旅――ここに終着。

女神ソーラの力を借り、イビルツインテイルズを撃破した総二たち。しかしその戦いの最中にアルティメギル最高科学者マーメイドギルディは、究極の最終闘体・エンジェルギルディへと進化。トゥアールに衝撃の事実を告げる。「あなたはもうすぐ死ぬ」――属性力を自ら捨てた反動で、自覚のないまま生命を削り続けてきたのだと。
トゥアールの心を強く持たせるため、総二はテイルレッドの姿で要求に応え、愛香も発明品で擬似的に幼くなることを渋々了承。仲間たちの献身で元気になったように見えたトゥアールだったが、彼女はすでに、自分が手遅れであることを自覚していた。一方、強大な力を手にしたことで増長したエンジェルギルディは、アルティメギルの意志から外れて己が欲望の赴くままに暴走。自ら作り上げた要塞へとトゥアールを連れ去る。テイルギアの力が通用しない「テイルギアそのもののエレメリアン」を相手に、ツインテイルズに勝機はあるのか!? そして、トゥアールが下した決断とは!?
ツインテールを愛し、孤独に戦い、守り……全てを失った。
悲しみの果てに仲間を得て、恋を知った。
運命に翻弄され続けた少女――トゥアールの復讐の旅が、ここに終着を迎える。

そうか、これがトゥアールの旅の終わり、終着点だったんだ。
自分の世界で最初のツインテイルズとして独り戦い続け、そして破れてツインテール属性を喪ったトゥアール。自分から、そして自分たちの世界からツインテールを奪い去ったエレメリアンに復習するため、自身のツインテール属性を込めたテイルギアを手に、この世界を訪れて総二たちにツインテイルズとして戦う手段を与えてくれた彼女。以来、総二たちの頭脳として軍師として博士としてずっとサポートし続けてくれた。仲間として、ツインテイルズにこそなれないものの一緒に戦ってくれていたトゥアール。
でも、彼女の旅はずっと今まで続いていたのか。彼女にとって、ここは帰るべきホームではなかったのか。エレメリアンと戦うために訪れた異邦の地だったのだ。
普段、その人類の域を遥かに超えた頭脳を反転させたようなバカ極まる言動で、シモネタで、エレメリアンをすら上回る変態性で、場を盛り上げ続けてくれていたトゥアールが、この巻ではほとんどいつものような元気を出せずに、辛さを表に出さないように笑顔で心を隠して空元気で振る舞う姿は痛々しいばかりで、この作品の陽気さというのはホントにトゥアールに支えられていたんだなあ、と痛感させられた。
一方のエレメリアンも、今までは変態ながらも矜持と誇りを持ち尊敬でき親しむとが出来、そのおバカさと健気さに愛おしさを感じるばかりだった歴代のボスキャラたちと違って、マーメイドギルディ改めエンジェルギルディは、正真正銘のゲス野郎。魔道に堕ちたツインテール。友情も愛情もエレメリアンたちを成り立たせる属性への想いも踏みにじる、敬することの出来ない敵。ただの敵。
これが思いの外辛かった。まさに、この作品のもう一方の主役であり主人公は、エレメリアンたちでありましたからね。そして、話をギャグでもコメディでもシリアスでも熱さでも盛り上げてくれたのが、彼らでありましたから。
片や味方のトゥアールと、片や敵側のエンジェルギルディ双方ともがこんな調子だと、話そのものが重苦しくなるばかりでしたから。

トゥアールの、本当の意味でツインテイルズと一緒に戦えない悔しさ、どれだけ望んでも自分の中から喪われたツインテールは取り戻せず、自分の髪を2つに結えない苦しさは度々描写されてきましたけれど、そのどうしようもな事実がどれほど彼女を傷つけてきたか。
それどころか、今度はその自分の中からツインテール属性を抽出してしまった事が、自身の生命を文字通り縮めてしまってたこと。そして寿命が今間近に潰えようとしている事実を前に、怯え苦しむ彼女。どれほど覚悟していたからと言って、怖くないわけがない。未練がなくなるわけじゃない。どれほど絶望的だろうと諦めずに自分を救おうとしてくれている仲間たちへの愛情が、そのまま離れがたい気持ちとなって余計に未練を募らせていく、もっともっとこの人たちと一緒に居たいという乞い願う想いの強まりを加速させ、だからこそ余計にトゥアールを苦しめていく。ここの彼女の苦悩はそのままダイレクトに伝わってきて、本当に辛かった。
彼女を勇気づけるために、「幼女喫茶!」とかみんなで幼女になってトゥアールを饗そう、とか、「並々ならぬ幼さを漲らせ」とか「よし、幼い!」とか、人類言語として本来なら存在していない領域の文章が当たり前に文脈の中に混入しているあたりは、毎度の本作らしくて相変わらずだなあ、と菩薩の如きほほ笑みを浮かべながら遠い目になったものですが。
まだ早い、人類にはまだ早い。
しかし、燃え盛るツインテールはどれほど遠くに追いやられようとも容易に追いついてくる。
今回はほんと、あの変態性こそがアイデンティティで、もう存在自体が下ネタヨゴレ芸人で「ヒロイン枠」ではなく、蛮族系ヒロインに毎回壁のシミにされるボコられ役の座をほしいままにしていたあのトゥアールが、あのトゥアールが、あのトゥアールが、三回言いました、あのトゥアールが、最初から最後までまさかの正統派ヒロインとして振る舞い踊り通してみせた奇跡の回でありました。
そしてついに、ついに、シリーズ16巻目にしてついに今まで見ることのできなかったトゥアールのツインテイルズとしての姿が、バトルフォームが、2つに結ばれた神の型のお披露目となったのでした。
トゥアールのくせに、トゥアールのくせに、ちくしょう、うつくしい……。
本当にこれまでどうやってもツインテールを結べなかった彼女。16巻もの積み重ねです。重く長く本当に遠かった。絶対不可能を可能とするものこと愛と友情とツインテールの奇跡であることは間違いない事なのでしょうけれど、それが仲間たちツインテイルズの、ライバルであり掛け替えのない親友である愛香の、誰よりも愛した総二のそれだけではなく、スワンギルディの侠気であり、そして誰よりもトゥアールを認め励ました帝王ティラノギルディの遺し託したツインテール属性だった、敵であるエレメリアンたちの後押しだった、というのはこの【俺、ツインテールになります。】という作品らしくて、本当に好き、もう大好き。
何よりもエレメリアンたちが尊び求めたツインテール属性ですら、道具へと貶めてしまったエンジェルギルディ。まさにツインテールでありながら、ツインテールの闇を内包してしまった魔道に堕ちたツインテール。
そんな彼女と相対することで、エンジェルギルディに追い詰められ、絶望を突きつけられ、誘惑の手を差し伸べられたトゥアール。この世の何よりもツインテールを愛する総二にとって、ツインテールを結べない自分の価値はどうなのか。あのエンジェルギルディのツインテールに目を奪われる総二の姿に、どうしようもなくツインテールでない自分を突きつけられ、それをエンジェルギルディに煽られ、心揺らがされたトゥアール。
自分にとってツインテールとは何なのか。自分のツインテールを喪っても、エレメリアンに復讐しようと世界を渡った根本の理由とは何なのか。自分の根源を振り返り、そしてこの世界に来て出会った総二たち、そして戦いの果てに心通じ合わせたエレメリアンたちの事を思い出した時、トゥアールはついに答えにたどり着く。
自分にとってのツインテールの真理を、掴み取る。自分が戦う本当の理由、本当に成したかったものを見つけるのだ。

<愛>のツインテール戦士・テイルホワイト爆誕!!

彼女の復讐の旅は、ここに終わりを迎えた。
彼女は、帰るべきホームを本当の意味で今、手に入れたのだ。

水沢夢・作品感想

お隣の天使様にいつの間にか駄目人間にされていた件 3 ★★★☆   



【お隣の天使様にいつの間にか駄目人間にされていた件 3】 佐伯さん/はねこと GA文庫

Amazon Kindle BOOK☆WALKER

皆さん周くんと仲良くしてるのに、私だけのけ者みたいです」
二年に進級し、同じクラスになった真昼と周。徐々に学校でも距離を近づけようとする真昼とは裏腹に、周は“天使様”への遠慮からなかなか踏み込めずにいる。
千歳らの気さくな振る舞いをきっかけに、クラスメイトたちとの間の壁も少しずつなくなりつつある真昼の姿を眺めながら、周は治りかけの古傷をそっと思い返していた……。
Webにて絶大な支持を集める、可愛らしい隣人との甘く焦れったい恋の物語、第三弾。

ぶぁああー、もう焦れったい!! 面倒くさい、周が面倒くさいぞこの男。
前巻でも相当に周のあの真昼の気持ちを勝手に決めつけて予防線を張る考え方には眉を顰めてしまったのですが、本当に頑なに真昼が自分に好意を抱いていることを認めないのだ、この男。
一方で、真昼のことを好きであるという自分の感情はもう無視できなくなって受け入れている。彼女に好きになってもらいたいという気持ちもある。彼女と本当の恋人になりたいという願望もある。彼女を自分の手で幸せに出来るのならしてあげたい、と思うようになっている。
それは現状維持にしがみつこうとする姿勢よりも余程立派だ。そう考えられるようになっただけ成長なのかもしれない。
でも、また予防線を引くのだこの男。自分の気持ちをぶつけて好きになってもらう、のではなくなんかしらこう真昼に自分のことを好きになって貰ったら、そうしたら告白する、って。好きでもない男に告白されるのは嫌だろうって。
そりゃね、間近でやたらと告白されて断るのに苦労している彼女を見てたら、安易に踏み込めないのもわからなくはない。
でも、躊躇している理由の大半は彼女じゃなくて、周自身にあるんですよね。ヘタレめ、このヘタレめ。彼女を幸せにするのは自分じゃなくてもいい? それこそ予防線だ、言い訳だ。
嫌われるのを怖がるのはいい、今の関係が壊れてしまう事にビビって腰が引けてしまうのだってそりゃ当然だ、仕方ない。ヘタレにだって人権はあるさ。でも、言い訳して相手に理由をおしつけるのは格好良くないぞ。真昼が自分を好きになってくれたら? 
だいたい君、真昼に好きになってもらうと自覚的に自分で考えてなにか具体的な行動を取っただろうか。
無自覚に自然に真昼に対しての言動で、真昼の好感度はガンガン稼いでますよ、そりゃ。素でイケメンな性格で優しくて、何も考えて無くても普通に親身に真昼に接することで、彼女の事を考えて彼女のために色々と身を粉にして心を砕いて真昼に寄り添っている、そりゃ幾らでも好きになって貰えますよ。
でも、それは周くんが自分で考えて、積極的に彼女に好きになってもらうために何かをしたものじゃないんですよね。素でそれをやれているという時点で、まあアレなんですけど、でもそれはあくまで自然体での行動だ。自分から告白するに足る何かを手に入れるための努力を、試行錯誤を、模索を、彼はしていただろうか。
いや、いいんですよ? 別にそんなものしなくても、本来なら。相手を好きになり、相手の娘が自分を好きになってくれたのなら、それで気持ちを通じあわせて想いを告げて、そうやって結ばれるのはふつうのコトです、当然のことです。
でも、周はそれを受け入れられず、認めず、自分のことを好きになって貰えたらそこでようやく告白する権利を得られるのだ、と考えている。
なら、その権利を得られるように頑張りなさいな。自分でルールを作り、ハードルを置いたのならそれに向き合いなさいな。現状の二人の関係は既に同棲カップルか新婚夫婦みたいなダダ甘空間空間を形成しているような状態だ。すでに今の状態で満足度は満たされてしまっていても不思議ではないくらいナチュラルにイチャイチャしてるんですよね。だから、今のままでいいや、と何もする気にならないのは仕方ないのかも知れないけれど、それこそダメ人間だからね! なんか、別の方向でこの青年、タイトル通りに駄目人間に成り果てようとしていやがる。

だいたい、女の子が好きでもない男に髪触らせたり膝枕したり添い寝してりデートしたり抱擁したりとかするか。乙女舐めるな。真昼のことをなんだと思ってるのだ、この男は。周くんだけです、と彼女が何度繰り返しているか。
しかし彼は認めないのである。真昼が自分を好きだとは決して認めない。いや、あんた好きになってもらいたいと言いながら、なんで認めないの? どうやったら認めるの? 
作中でも指摘されているけれど、完全に意固地になってるんですよね、彼。頑なになってしまっている。友人の言葉は聞き入れないし、自分の感覚も信じない。繰り返し繰り返し自分に言い聞かせて、自己評価をハンマーで叩き潰すことに勤しみ続けている。真昼がどれだけ叱っても、卑下するなと怒っても、一番根底のところで頑なに耳をふさいでいるのである。
こりゃあだめだ、ここまで言って聞かせて態度で示して周りから諭しても頑として受け入れないのなら、もうどうやっても無理だ。周の側から自力で自助努力で翻意させるのはもう無理だろう。
こっそりと部屋の中だけで、外ではコソコソと変装して出かけるだけの閉じた関係では我慢できなくなった真昼が、学校でも疎外感を感じて寂しい思いを募らせた真昼が、ついに痺れを切らして公にも周との関係をもっと近しいものであると周知しようと動き出したのは、この場合正解だったのだろう。
天使様と呼ばれて特別な扱いを受ける真昼は、自分の取り扱いに関して非常に慎重だし、それに周を巻き込んで彼に迷惑をかけることは本意ではないだけに、不用意に二人の関係が露呈するような真似こそ安易にしないけれど、ついに積極的に距離を詰めだしたことは寿ぐべき事なのでしょう。もうね、真昼側から周のこと崩してくれないことには二進も三進も行かなくなってしまっている。
いっそ、世間は関係なしに二人の間の事に関してはもっともっと積極的に一気呵成にいってしまってもいいんじゃないか、と思うくらい。この男は匂わせたり示唆したり、では見ても目をそらすし聞いても耳をふさぐし、意識させてもそれを否定してしまうから、言い訳しようのないくらい真昼の方からズバッと斬り込んでしまうしかないのだ、もう。
その意味では、ラストの真昼の発言は。学校での公の発言ということもあって本気も本気、気合い入りまくったある意味告白とも言える決意表明で、宣戦布告で、これはもう痛快ですらありました。
本人に直接言うよりも、大胆不敵でいやあ格好良かった。
どうだ藤宮周くんよ、しかと聞いたかね? 受け止められたかね?
こいつこそ、天使様の「throw down the gauntlet」だぜ?


完全無欠の新人魔術生 伝説の最強魔術師、千年後の世界で魔術学校に入学する ★★★☆   



【完全無欠の新人魔術生 伝説の最強魔術師、千年後の世界で魔術学校に入学する】 五月 蒼/ nauribon 角川スニーカー文庫

Amazon Kindle BOOK☆WALKER

魔神を討伐した六英雄の1人である魔術師・ギルフォード。魔神との戦いで瀕死の重傷を負ったギルは永い眠りにつき――目覚めた時、何故か千年が経過した上に若返っていて!?
千年前とは違う平穏な日々や常識――本来は秘匿するべき『特異魔術』をひけらかす魔術師達に戸惑うギル。それでも、「俺たちが手に入れた平和なら、謳歌しても文句はないよな」第二の人生を楽しむべく、最高峰の魔術学校に難なく入学し、常識外れの言動と能力で数々の伝説を打ち立てていく! 
名門魔術学校での青春、そして謎の組織・アビスの暗躍――最強魔術師による新たなる王道魔術学園ファンタジー、開幕!!

いやいやいや、ギル君きみってば千年間ずっと眠ってて起きたら千年経ってたんだから、千年分ずっと生きてたみたいな時間感覚は持ってないよね!? 
なんか鼻の穴膨らませて千年ぶりにどーのこーの、と宣う場面が時々あって、こいつちょっとノリだけで生きてる瞬間があるぞ、と苦笑してしまった。
かといって調子に乗ってるわけでもないんですよね。実のところ、タイトルみたいな完全無欠とかの最強感はギルくんあんまりないんですよね。結構迂闊というか、気が付かないうちに間合いの内側に入られてて「いつの間に!?」とか驚いているシーンが結構あるし、敵の気配や攻撃に気づかないで隙をつかれるシーンなんかもあったりして、物心ついてからずっと戦場に居たみたいな人生歩んできていた割には「普通」なんですよね。あんまり化け物じみたところがない。
実際、学校に通いだしてからはクラスでも最強格ではあるのは間違いないのだけれど、桁違いとか次元違いという感じはなくて普通に優秀、叩き上げの地に足のついた強さ、という感じなんですよね。
他にこの千年で魔術が全体に衰えた、とは一概には言えずにある面では千年前よりも秀でてたり進化していたりする部分もあり、千年前の魔術師であるギルが一方的にマウント取れるわけではないようで、またこの現代にもギルが瞠目し太刀打ちできるかと考えてしまうような達人もいて、決してギルが図抜けて突出している、というわけではないのである。
でもそれが逆に良かったのかな。変に増長せず能力に関してはフラットで客観的な見方をしているし、隔絶した力の持ち主というわけでもないので周囲と意識や認識の壁や隔意が殆どないんですね。
なので、等身大の年頃の男の子として普通に同世代の男女と交流を育んで、普通に青春を謳歌しているのである。元々、仮死状態になった時も21歳とまあ大人というには中途半端な歳だったし、目が覚めた時に身体が幼児に戻っていたときもそれからずっと森暮らしで変にスレるコトもなかったせいか、精神年齢が見た目相応なんですよね。なので、同年代と過ごしてても上から目線にならずに、同じ目線で騒ぎはしゃぎ、暴れて遊んで、うんギルを千年守ってきたクローディアが千年前には出来なかった青春を堪能して、友達作って楽しめ、と送り出してくれたのを、ちゃんと叶えてるじゃないか。
ドロシーをはじめとして、学園で出会った同世代の魔術師たちは若者特有のギラギラした輝きを有し、思春期特有のざわめきを心のなかに内包し、闇と光を持て余している、まさに青春まっさかりの少年少女たちだ。難関のエリート校に自ら飛び込み、狭き門をくぐり抜けて、それぞれに目指すものにしがみついてでも辿り着こう、叶えようと滾らせている若者たち。同時に、繊細で傷つきやすい心に痛みを抱えながら歯を食いしばって耐えている十代の少年少女でもある。
みんな、自分のことで精一杯で必死で懸命で、だからクラスでも最優秀なギルの力はただただ「すごいすごい」と遠巻きに称賛するものではなく、現実の脅威であり目の前にそびえ立つ山であり、でも食らいついて追いついて乗り越えるものだという姿勢なんですよね。これ、このギラギラした意欲的な若者たちの姿にはついつい惹かれてしまう。
でも、張り合うだけじゃなくてちゃんと友達として心許しあい認め合い、だからこそ負けたくない、というライバル関係にちゃんとなっているの、好きだなあと思うんですよね。ギルの方もそんな初めて出来た同世代の友達たちを見下しも見縊ってもいなくて、その直向きで正々堂々と貪欲さに目をキラキラさせている。いい関係じゃないですか。だからこそ、ギルの最強を隔絶したものにしなかったのは、こういう学園モノの物語としては良かったと思うんですよね。
また一方で、アビスという謎の組織の暗躍が学園の内部に忍び寄り、実際に犠牲者も生まれ、と緊張感あるミステリー風味の要素もあるんですね。いったい、誰がアビスの関係者なのか。何気に誰がそうであってもおかしくない、身近な人物にも「?」がつく怪しい動きや引っかかる描写が撒き散らされてて、なかなかそっち方面でもグイッと興味を引っ張ってくるんですよね、面白い。
ぶっちゃけ、ギルと今回一緒に戦ったドロシー以外は全員怪しい要素があるんですよねえ。
こういう面でも次回に読みたくなる期待を持たせてくれていて、なかなか楽しみな新シリーズでありました。
でも、こういうタイトルだと他と似たような単語を組み替えただけで差別化できなくて、すぐにタイトル思い出せなくなって埋没してしまいそう。まあ、そんなの今どき本作に限らないんだけど、特に本作はタイトルと内容があんまり合ってないだけに、もったいなあと思ってしまう。


幼馴染の妹の家庭教師をはじめたら 疎遠だった幼馴染が怖い ★★★☆   



【幼馴染の妹の家庭教師をはじめたら 疎遠だった幼馴染が怖い】 すかいふぁーむ/葛坊 煽 富士見ファンタジア文庫

Amazon Kindle BOOK☆WALKER

幼馴染との甘々でじれったい両片思いラブコメ!

学内でも人気の美少女で、遠い存在となった幼馴染の高西愛沙。康貴は愛沙の妹、まなみの家庭教師という形で再び接点を持ち始め……、愛沙の本当の気持ちを知ることに。甘々でじれったい両片思いラブコメ!

幼馴染と言っても、幼少の頃からずっと密接な仲を続けてこられた関係なんてものは珍しいくらいで、男女の差異を意識しだす思春期に一緒にいる事が恥ずかしくなったり、同性の友達との付き合いで距離を置いてしまい疎遠になってしまう事は決して珍しくないだろう。
そこからもう一度昔みたいな気のおけない仲に、というのは案外難しかったりする。作中でも当人同士が述懐しているけれど、どれだけ家族ぐるみ家族同然に過ごしてきた仲だと言ってもどうしたって幼馴染というのは他人同士でもあるわけだ。だから、一度距離をおいてしまうとすぐに元通りの関係には戻れない。一度疎遠になった幼馴染同士は、どうやったって以心伝心なんて訳にはいかないし相手のことなら何でも知ってる、なんていう幼馴染独特の特異なアドバンテージは失われてしまっている。
だから、一つ一つ手探りで取り戻していくしかない。それも、お互いが心から望んでこそ出来うる話。
本作は、そんな一旦疎遠になってしまった幼馴染同士が、もう一度昔みたいな関係を取り戻すまでのお話だ。そのプロセスをじっくり、というほど丹念ではないのかもしれないけど、一足飛びにはせずぎこちなくも距離感を取り戻していく様子が描かれている。
まあでもこれ、妹ちゃんのまなみの要所要所での好救援がなければ、とてもじゃないけれど復縁なんか出来なかったでしょうね。康貴にずっと好意を失わずに胸に抱き続けていたものの、それを伝える事もできないまま刺々しい態度に終始してしまっている愛沙。そんな愛沙の態度にどんどんと心の距離を遠くしていく康貴。特に康貴の方は思春期に関係をからかわれて距離をおいてしまった際に向こうからも突き放されるような事もあり、自己防衛的に愛沙と自分とは縁が切れてしまった、という風に感じている節が見受けられたんですね。成長するに連れてどんどんと美人になり、余計に違う世界の住人のように感じるようになり遠い存在になっていく。そんな幼馴染に対して、康貴のそれはもう「無関心」に近いものになっていたように見受けられる。鈍感を通り越して、無関心だ。愛沙の人間関係にも興味なかったようだし、友人から愛沙の異性関係について自分がちょっかい出してもいいのか、と突かれた際も随分と冷めた返答をしている。どうでもいい、という発言ではなくちゃんと愛沙と友人の相性を想像して答えているあたりは、本当に興味も関心もない他人と考えていたわけじゃあなく幼馴染としての親しみあっての事だろうけど、本当にそれでは「ただの幼馴染」だ。鈍感というよりは異性として無関心、と言った方が当てはまる。
愛沙の方はずっと「康貴に嫌われているんじゃないか」と心配していたようだけれど、実のところこれもっと深刻な状況だったんじゃないだろうか。
妹まなみが康貴を自分の家庭教師として乞うて自分の家、つまり自分と姉である愛沙のプライベート空間に招くことで、途切れていた縁を無理やりつなぎ直してくれなければ、これ本当にただの幼馴染、どころじゃなく昔幼馴染だった人、で終わってしまう所だったんじゃないだろうか。
このあとも、終始まなみは二人の仲を取り持ってくれる。最初無関心で積極的に愛沙と元の関係に戻ることも考えていない康貴に、拗れまくって素直になれない所じゃなくまともにコミュニケーションも取れない姉。そんな二人にアドバイスして、背中を押して、機会を作って、シチュエーションをを容易して、と傍から見ると妹ちゃん頑張りすぎである。まなみ本人も康貴には兄以上の好意を抱いているにも関わらず、シスコン気味なのか姉のことが好きすぎてついついキューピッド役に奮起してしまう妹ちゃんの健気さが何とも愛おしくなってしまう。
さすがにそんな妹の献身的な努力を姉として愛沙もちゃんと理解し感謝していて(もっと感謝しまくって五体投地しても足りない気がするけれど)、不器用なりに頑張り拗らせていた気持ちも立て直して愛沙なりに自分から距離を詰め、元の関係あるいはそれ以上を取り戻そうと踏み込んだことで、ようやく康貴の方も愛沙の事を意識しだし、かつて彼女に抱いていた気持ちを思い出していくことになる。
きっかけが訪れたわけだ。
そうなると話は早い。実のところ、二人の距離を妨げていたのは本当に二人の気持ちだけ、だったんですよね。周囲は家族や友人関係を含めて二人の関係を隔てたり邪魔したりするどころか、むしろ暖かく見守ってくれている。愛沙の交友関係であるカースト上位の面々もグループ外の存在だった康貴が愛沙と密接な関係になっていくのを邪魔に思わず、むしろさり気なくフォローしてくれたりと普通にいい奴らなんですよね。家族に至っては元々家族ぐるみで付き合っていたせいか、むしろ押せ押せですし。
というわけで、後半あたりから急速に遠慮とぎこちなさを解消していく二人はどんどんと仲睦まじい関係になっていく。愛沙はまったく好意を隠さなくなり康貴に我儘を言ったり素直に甘えたり、とだだ甘になっていき、康貴もかつて彼女に抱いていた好意を今新たに湧き立たせて、彼女の自分に向けてくる一挙手一投足に胸を弾ませ心踊らせるようになる。
しかし、未だどこかでかつて距離を置かれ距離を置いてしまったあの時の心のひっかかりが、康貴の中でブレーキとなって残っている。期待するな、望むな、と心のどこかで一線を引いてしまっている。それは自分を守ろうとする防衛線なのだろう。しかし怯懦でもある、臆病でもある。
それはあれだけお膳立てしてくれているまなみに対しても、勇気を出して踏み出した愛沙に対しても、ちと情けない。
彼はまだ、自分から何もしていない。与えられたものを享受してばかりだ。今彼はスタートラインに立ったばかりとも言える。ここから、自ら号砲を鳴らせるのか。彼には奮起を期待する。

クラスメイトが使い魔になりまして 4 ★★★☆   



【クラスメイトが使い魔になりまして 4】 鶴城 東/なたーしゃ ガガガ文庫

Amazon Kindle BOOK☆WALKER

最悪改変の世界。俺は千影を振り向かせる!

落ちこぼれの芦屋想太には藤原千影という分不相応な使い魔がいた。
紆余曲折あった末に、晴れて恋人同士となったはずだった。
しかし、ソフィアとの対決で瀕死となった千影を救うために、想太は「神様」を頼ってしまう。
そして、その対価は……千影から想太を取り上げることだった。
最低最悪に性悪な「神様」はまたも世界を改変し、千影との日々の記憶をなきものとした。
改変されたこの世界での想太の恋人は、よりによって「あいつ」……!!
千影、旭、美砂、そしてソフィア。4人の想太への想いが激しく交錯する最終巻。
想太と千影の運命が決する、「険悪なのに相思相愛」主従ラブコメ、ここに完結!!
ああ、神様を喚んだ時点で勝負は終了ではなくて、ちゃんと約束の期日までは勝負続行だったのか。
世界を改変して想太の記憶含めて全部消し去ってしまったとはいえ、神様も律儀なことである。
いや、確かに美沙神がやってる事ってアコギもいい所で相手の気持ち無視してやりたい放題酷い事は間違いないのだけれど、勝負に関しては絶対にルールは遵守していたし、もっと自分に都合の良い状況は設定できたと思うんですよね。
記憶さえ戻ってしまえば、一気に美沙が窮地に陥ってしまうほどのアドバンテージだったわけですし。対策も取ってたというけれど、かなり脳筋というか力任せの対処療法でもっとエゲツないどうやっても抗えないようなドス黒い陰険な罠だって張れただろうに、そういうやり方はしてなかったんだよなあ。
じゃあ美沙が本気じゃなかったのか、というとそんな事はなくて、もうみっともない程ジタバタして八つ当たりするわ泣き喚くわ地団駄を踏んで転げ回ってしがみつくように勝利にこだわっていたように、本気も本気、これ以上無いくらい想太に執着しまくっていたのが彼女だったんですよね。
いやもう、あそこまでみっともなく無様に醜く本性をさらけ出してでも本音で叫んでむしゃぶりついてくる美沙の姿、その突き抜けっぷりを見せられるとなんか絆されてしまいますよ。ひでえ奴なんだけど、人間ちっさいし心狭いし性根曲がってるし根性悪いしなんかもう醜いんだけど、そうなってしまうほど本気だったのは伝わってきた。想太の事が好きで好きで何としてでも離したくなかった、というのは伝わってきた。本当に好きだからこそ、どれだけ卑怯な真似をしても手に入れたかった。でも、本当に好きだからこそ最後の一線は守って勝負にこだわってしまった、というあたりこの神様は人間そのものだったんですよねえ。
まあそれでも、千影のほうが良い、という想太の気持ちに関しては、うんまあそうだろうね、とうなずいてしまうのだけれど。どれだけ絆されても、可愛げを感じても、それはそれこれはこれ、こいつの人間の器が極めてちっちゃくてやべえやつ、というのは変わりませんからね。
ただ想太が彼女に記憶を弄ばれ、人生を奪われ、好き勝手されていた事に嫌悪と憤怒を感じていた事に関しては、気持ちはわかるが美沙の気持ちもわからないでもない、という塩梅に収まってしまったんですよね。それだけ、美沙に絆されてしまった、という事なのでしょう。
だいたいさ、確かに美沙のやってる事はひでえの一言で相手のことなんにも考えてなくて自分本位、自分が優先、自己満足のために想太を含めて全員を振り回して踏み躙ってきた事は間違いないですよ
でもね、それはそのまま想太たち他の面々にも多かれ少なかれ当てはまることでもあるんですよね。
想太がソフィアにした仕打ち見てみなさいよ。あれは本当にドン引きでしたぜ。それでなくても、想太の言動ってかなり無神経な所があってそこまで言うか、そこまでするか、というような結構相手をざっくり傷つけるようなものがあったりするんですよね。それは想太に限らず、千影も似た者同士で同じようなことをやってますし、ソフィアなんかは自分優先自分本位の権化みたいなもの。マリ姉こと三条茉莉花もこの人はかなりマトモな側な人で、美沙に誘導されていたのだけれど、彼女も千影相手にかなりやばいことしてますしねえ。
そもそも発端は想太の自己満足の勝手な行動だったわけで、この巻で最後まで拗れたのは千影の同じベクトルの自己満足だったわけで。ほんと、面倒くさいのしかいないのか。
いや、面倒くさいのしかいないからこそ、この物語が成立してしまったのですけどね。
誰も悪くないのに運命の悪戯で劇的に状況が悪化してしまう、なんて展開は結構見ますけど、本作でいうと誰も彼もが悪いので、案の定シッチャカメッチャカ酷い事になりました、てなもんである。全員ギルティ。
千影に相手にされない事で、かつて記憶のない自分に一生懸命アプローチしていた千影を素気なくあしらっていた事を今我が身に似た仕打ちを受けることで強く後悔し反省している想太だけど、ほんともっと色々と反省した方がいいと思うぞ。これまでの世界改変で受けた苦難でもだいぶ報いは受けたと思うけれど、少なくともソフィア案件については殆どなんにも返せていないですしねえ。
神様に対抗するには大魔王に縋るしかなかったとはいえ、あれほど狂乱していたソフィアがこうもマトモになっちゃって協力的になってしまうとは、意外なんてもんじゃなかったです。
ある意味この人が一番純真に自分本位を貫いていた、とも言えるのでしょうけれど、ソフィアってもう想太からなにか貰おうとは微塵も思ってないんでしょうね、これ。あくまで自分で奪い取る、自分から想太にさせる、ことが前提で。それはもう潔い自分本位なんですよね。自儘に振る舞うのなら、相手に何も期待しない、一方的に自分の望むようにさせるのみ、というある意味の一途。
まあ、一度期待して相手からナニカしてもらおうとして、そりゃもう凄まじい裏切られ方、捨てられ方しましたからねえ。
……あれ、魔神相手でなくても、普通の女の子だろうと背中からナイフでグサリっとやっても何も不思議でないヤリステっぷりだったもんなあ。むしろ、ソフィアは狂乱したまま発狂したままだったからこそ、狂気が狂気として突き抜けてしまったからこそ想太を我が物にしようとして神に全部持っていかれそうな局面ゆえに全面協力してくれた、と見た方が安心できるんですよね。正気に戻ったら絶対殺すだろう、惨殺するだろう、あれだけの事されたんだから。マトモなら、ぶち殺さずにはいられないだろうし。
とまあ、登場人物の人間性について、こいつら酷くね?というコメントを綴ってきてしまったわけですけれど、不思議とみんな嫌悪感とか忌避感は感じないんですよね。いや、想太については折々ドン引きしてたけど。とはいえ、そういう剥き出しの生臭いほどの自分本意さが妙な人間味を感じさせて、愛着が湧くというか可愛げを感じるみたいな感覚を抱いてしまったわけです。美沙に絆されたのもその一環で。好き、というのはなんか違うか。親しみ、というのが一番近いか。だからまあ、想太と千影が想い通じ合って結ばれたのも良かったなあ、と思うし、なおもジタバタしてみっともなくあがいている美沙にも微苦笑とともにまあ頑張れ、なんて思ってしまうわけで。
そんな風にこのキャラたちに想いを持たされた時点で「やられた」んでしょうね。うん、面白かったです。


この素晴らしい世界に祝福を! よりみち2回目! ★★★☆  



【この素晴らしい世界に祝福を! よりみち2回目!】 暁なつめ/ 三嶋 くろね 角川スニーカー文庫

Amazon Kindle BOOK☆WALKER

短編集第2弾! 新規書き下ろし豪華2本収録!!

今回は異世界にもよりみち!? エピソードたっぷり全10編!!

ウィズが仕入れた魔道具で転移した先には、見慣れた日本の風景が広がっていた!?
――『そうだ、異世界へ行こう!』

暴走した嵐の大精霊を相手にアクセルの冒険者たちが【水着】で大暴れ!!
――『レッドストリーム・エクスプロージョン!』

「私……! 私……!! カズマさんのコミュ力が欲しいっ!」カズマとゆんゆんがついに!?
――『ぼっちをプロデュース!』

入手困難だった限定特典に、カズマたちの日常の一幕や本編では明かされなかった
ダクネスとクリスの出会いなどを描く、スペシャル書き下ろしが詰まった、豪華短編集第二弾が登場!

現在では手に入れられない各種特典としてつけられた短編小説を中心に集めた「よりみち編」の第二弾。というわけで、結構作中での時系列的にどのあたりの話なのかわからないものも多いんですよね。序盤の方が多いのかな、作中で語っている内容からして。
ただ、まああんまり時系列わかんなくても支障がない話だったりする。

「拝啓、紅魔の里の皆様へ」
めぐみんがカズマたちのパーティーに加わって、ダクネスも参加してしばらくの頃のお話。ふるさとの紅魔の里の面々へのお手紙という形式で、うちのパーティーの連中ちょっと頭おかしいんですけど、という内容を書き綴っているが、めぐみんがそんな手紙里に送っても、お前が言うな、で終わってしまうと思われるので、まだ序盤も序盤、紅魔の里とか描写されてない頃の作品だったのだろう。カズマたちもマメに冒険しているし。アクアも文句言わず被害を出して泣いてるし。
あ、でももう「ちょむすけ」がいるので、ちゃんとめぐみん主役の外伝が出たあとの話になるのか。


「そうだ、異世界に行こう」
「そうだ、京都へ行こう」とかのキャンペーンってどれくらい昔になるんだろう。このフレーズって今でも通じるんだろうか。
日本に転移する話を神様関係なく、ウィズの謎アイテムでやれてしまう、というのがさすがこのすばというべきなのか。お手軽である。
しかし、折角この面々で日本に行ったのにエクスプロージョンの一発も打たないとは随分とおとなしい話ではあった。アクアも別にやらかして泣き出さないし。アクアが日本に行ったらとりあえず警察のお世話になって留置場に入るくらいは普通にしてくれると思ったのだが。それにこの駄女神、日本担当だったくせに根本的に近代科学文明まったく理解してないやんw


「この過酷な世界に祝福を」

この世界って農作物を相手にする農家の人とか、野生動物を相手にする猟師の人とかって、モンスターを相手にする冒険者と対して難易度というか修羅度変わらないんじゃないだろうか。
特に農作物の凶暴性が段違いなんだが。普通の野生動物の鹿なんかでも、兵器でそこらのモンスターと変わらない凶暴度出しなあ。雑草にも負けるカズマさんw 自宅の周りの草抜きまで命がけかよ。


「白虎に加護を」

白虎の子供をアクアが親から預けられるの巻き。子猫かわいい、のお話。まあ猫派は問答無用で陥落するよね。白虎って結局神獣なの? モンスターなの? とりあえずアクアは相手がなんであろうとナメられてるのは変わらないみたいだが。


「レッドストリーム・エクスプロージョン!」
めぐみんの新技か、進化必殺技か!? というタイトルであるが、あんまりエクスプロージョン関係ないよね。
そしてまさかの水着回である。そう言えば本作って水着になるような回ってなかったんだったっけ。そもそも、海に行く機会がないもんなー。アクセルの街に引きこもり、が基本だし。湖とか言ってもアクアが漬けられるだけだったし。水の女神の癖に水着を着ないとかどういう了見だい。まあ、エリスさまならともかく、アクアの水着とかまあどうでも、だしなあ。
そして空気を読まぬ駄女神である。わりとあのラストのあとアクアってば男冒険者たちからガチ泣きさせられたんじゃないだろうか。

「○○料理をめしあがれ」
クリスって案外出番ないのよねえ。というわけで、今回はがっつりクリスが参加して、ご禁制の品を使った料理会が催されているのではないか、という宴へと潜入捜査。いや、ダクネスはララティーナ様として出席しているので潜入ではないのだけれど、クリスの男装姿が見られるまさに特典回。三嶋くろねさんのイラストも相まって、超絶イケメンのクリスが見られてしまう。これガチで今まで出たキャラの中で一番イケメンなんじゃないだろうか、クリスってば。
カズマと出会うまではパーティーを組んでいたというダクネスとクリスの出会いの話もあって、そこは前から気になっていただけにありがたかった。でも、クリスってばダクネスにまで財布盗んで勝負挑んでいたのか。まともに勝負してもらえないという意味で、クリスのこの財布のパーティーイベント成功した試しないんじゃないだろうか。


「ぼっちをプロデュース」
ゆんゆんが思い余ってカズマにコミュ力をあげてもらう相談をしてしまう話。言われてみると確かにカズマ、男友達多いし結構男同士で飲み歩いたりしている印象あるね。引きこもっているとき以外の遊び歩いている時はけっこう男連中と管巻いていることもあるし。目の付け所は悪くないのか?
むしろ問題はやはりゆんゆんの方にあるわけで、あと余計なちょっかいかけてくるめぐみんと。
既にカズマパーティーの面々とは普通に友達だよね、という爽やかな結末は爽やかすぎてむしろこのすばとしては違和感がw


このすば完結あともこうして彼らのドタバタを堪能できるのは嬉しいことですが、やっぱりちょっと物足りなくもあり、本編完結が惜しまれるところであります。まだよりみち編やるネタは残っているのかしら。


終末なにしてますか? もう一度だけ、会えますか?#09 ★★★★   



【終末なにしてますか? もう一度だけ、会えますか?#09】 枯野 瑛/ue 角川スニーカー文庫

Amazon Kindle BOOK☆WALKER

憧れに届かなくても、 それぞれの明日のために。シリーズ最終章その第二幕

39番浮遊島の〈最後の獣〉を退け、浮遊大陸群の滅びに猶予を勝ち取ったあの日から、五年。
「オルランドリ商会第四倉庫に、『鏃(やじり)』の提供を要請する」
未だ2番浮遊島に神々を囚える〈最後の獣〉を排除するほか、世界を守る術はなく――
最後の決戦を前に、妖精兵たちはつかの間の日常を過ごす。
「アルミタはさ、今でも、ティアット先輩みたいになりたい?」
かつて憧れていた景色に手が届く今、幼き妖精兵に訪れる葛藤――そして迫る決意のとき。
五年という歳月はそれだけで十分長い。15歳だったティアットは20歳を越えた大人になり、憧れていたクトリよりもずっと「女性」になった。周りからはあの頃と全然見た目変わらないとからかわれて拗ねたりしているみたいだけれど、そんなことはないよ。貴女は十分魅力的な大人の女性になってる。10年前、あの小さくてころころして無邪気に走り回っていた10歳のチビ助が、今や立派な英雄様だ。相変わらずの乙女脳で、若干エージェントみたくなっているけれど。
というか、マルゴと組んで見事に工作員紛いの影働きをやってますよね。ある意味お神輿にされた英雄じゃあないって証明になるのかもしれません。
そうやって、自分の信じた道をひた走っている。フェオドールとの対立を未だに思い悩んでいるけれど、それに引きずられているわけではなく、それを拠り所にしているわけでもなく、彼のやり方を認めない事をうまく消化して自分の在り方に溶け込ませているように見える。悩みながらももう迷ってはいない、心に余裕を持って定めているティアットは一つの完成を見たようにも見える。
フェオドールのような思想と兵器だった黄金妖精と同じ自分を費やす事に疑いを抱いていない定めを抱えた翼人の娘を、その意思を否定せず認めながらしかしそのまま潰える事を許さずに救ってみせたティアット、そしてマルゴ。それは象徴の一つなのだろう。過去を繰り返させず乗り越えた。
彼女達は大人に、なったのだ。
対して今17歳。ただコロコロしていた幼児であった頃から、一廉の少女になったアルミタは今まさに悩み迷い己の在り方を見出そうと必死にあがいている少女真っ盛りだ。妖精倉庫で屋上から無鉄砲に転がり落ちて、クトリに危機一髪助けられたあのチビ助が一端の小娘である。
彼女の世代は、旧式の調整を受けたアルミタとユーディアを除いて、既に兵器としては成り立っていない。二人とて聖剣との適合は済ませているものの、戦闘訓練などは殆ど行っていなくて、本当にただの小娘だ。
本来なら不要となって廃されるはずだった、幼体のまま消え去る運命の黄金妖精。その未来を繋いだのは、ティアットたちの世代だ。妖精が兵器として必要とされないだけの未来を作ったのはクトリたちの世代だ。そうして繋いできた世代を、今アルミタたちはどう受け取ろうか試行錯誤している。どう、次に繋げていこうか、そう考える段階に来ていると言っていいかもしれない。
そうやって、未来に繋いでいっている。
五年という歳月と世代の進展は、そんな思いを馳せるに十分な月日だ。

この世界はいつも終わりと背中合わせだった。いつ、様々な要因で潰えてもおかしくないほど不安定で脆い代物だった。妖精たちと同じく、いつ儚く消えても不思議ではない世界だった。
ただしく終末であり続けていたと言える。
今もまさにそうだ。浮遊大陸の存続そのものが、もはや終わろうとしている。一年を持たずして、今世界は滅びようとしている。
それなのに不思議と、今までよりも随分と遠くが見えている。
今、世界の未来に途絶も終わりも感じない。
それは、この世界で最も儚く脆く、終わりを遠ざける最終兵器でありながら一番その存在が終末に近似していた黄金妖精たちから、泡と消えゆく儚さが見えなくなったからではないだろうか。
少女のまま大人になること無く消えていくはずだったティアットやコロン、パニバルは今成年を越えて大人の女性として充実期を迎えている。
二十歳を超えていつ終わりを迎えても不思議ではなかったアイセア、ラーントルク、ノフトたちもそれぞれの人生を歩みながら今なおそこに終わりの影は見えない。それぞれが見つけた人生の上をしっかりと踏みしめて進んでいっている。
そして、フェオドールやラキシュ、そしてティアットたちの尽力によって、そもそも未来が与えられていなかった妖精の幼体たちは兵器としての役割すら課せられないまま、ただ生きることを許された。今の彼女達は、ただの普通の子供たちだ。戦う必要のない、未来を自分で選べる子供たちだ。
自分で、戦うと決めることの出来る妖精たちだ。
ヴィレムとクトリからはじまった、いやずっと昔の黄金妖精たちから紡がれてきた、託されてきた未来は今、アルミタたちの世代で結実しようとしている。終わりを前提としない、ただ生き続ける事を認められた妖精たち。そのもう消え去る事無く続いていくだろう妖精たちの姿が、不思議とこの世界そのものと重なるのだ。
ヴィレムやフェオドールたちが守って繋いだ未来は、それだけ太く逞しく確かなものとなって結実した。
今はまさに終末で、最終決戦は目の前だけれど、そこに不安はない。
そんな風に感じさせてくれる五年後の世界であり、最後の戦いを前にしたお話でありました。

グリックは、この物語がはじまった当初から短命種の緑鬼族という事でひときわ早いサイクルで歳を重ねていて、五年前の段階で既にもう結構イイ歳みたいな言い方をされていたので、今回前の巻から五年後ということで覚悟はしていたのですけれど、やっぱりそうだったか。もう見送られていたんですね。
見送ったのがノフト、というのは妙にグリックの事気に入っていた素振りを見せていた事もあって不思議ではなかったのですけど……わりと真面目にこの五年の間で懇ろな仲になったんじゃないですかこれ。引き取った孤児や事情あって両親と離れた緑鬼族の子供たちに母ちゃんと呼ばれて奔走しているノフト。若くしてオッカサンという貫禄まで身に纏っちゃってる彼女ですけれど、グリック健在だった頃はこれ二人して夫婦めいた格好で父ちゃん母ちゃんと慕われてたんじゃないだろうか。
……やたらと未亡人感出しまくってたアイセアに引き続いて、こっちはガチで未亡人? なんかこう、恋愛とか恋人とかの段階をぶち抜いてノフトが一番、こう、大人になっちゃった感があって感慨深いというかなんというか。
……未だにちびっ子たちに「お姉さん」呼びさせているナイグラートさん、いかがですか? ノフトはかーちゃんですよ、母ちゃんw
ラーントルクも、大賢者の後始末やら何やらで彼女自身が大賢者の後継みたいな貫禄を持ち始めていて、出来る女を越えた雰囲気出し始めてますし(でもまだポンコツなんだろうけど)。
体壊して引退して余計に深窓っぽくなってしまったアイセアと合わせて、三人とも色んな意味で大人の女性をさらに越えた妙齢の女性になっちゃったなあ。
もう変わらないクトリと違って、みんな随分と変わってしまった。
そして、もう一人の変わらない少女、ネフレン。うん、色々と「もし大人になっていたら」を想像してしまうクトリと違って、ネフレンは色んな意味で想像が働かないまま今のママ固定されてしまっている。現実にも、あの頃のままもう変わらなくなって、でもまあこの娘はそのまま成長していてもあまり変わらなかったような気もするなあ。
半分神様になってしまったネフレン。ただ、危惧していたほど世界を担う負担にボロボロになっていなかったのはちょっと安心した。
ヴィレムが……そうだ、ヴィレムの野郎、こいつシレッと……本当にシレっと記憶元に戻ってるじゃんw フェオドールと同化していたのもいつの間にか解消されちゃってるし。いや、フェオドール成分どこに出てったんだよw
それはともかくとして、ヴィレムの現状、今度こそ人間じゃなくなった、という事なんですよね。生きていなくて実質ちゃんと死んだ、みたいな言い方しているけれど、それはもう変わらなくなった、という事でもあって……。うん、そうかー。ネフレンとしてはもう離れる心配をせずにずっと一緒に居られる、という事なのかも知れない。
それもまた、このあともずっと続いていく事を連想させられる事柄の一つだ。
その一方で、終わりを迎えようとしているものもある。
ヴィレムの、長い長い戦いの人生も、ようやく終わろうとしてるんじゃないだろうか。いや人生が終わり、というわけじゃなくてね。ずっと守るため救うため剣を振るって戦っていた準勇者としての彼。人類が亡びる前も、滅びてしまったこの世界でも、彼はボロボロになりながら時として自分自身を失いながらでも戦い続けていた。強さをもって、救おうとしてきた。
でも、この巻で一つの否定が提示されてるんですね。最終決戦において、彼が戦力として必要ではないと判断したアルミタたちが、最後の獣との決戦において彼女達が必要とされる場面には、強さは必要とされないかもしれない。強くはないアルミタたちこそが、鍵になるかも知れない。
それはヴィレムの今までの人生の価値観にはなかったもので、それが証明されたとき、ようやくヴィレムは剣をおけるんじゃないだろうか。それを語ったのが、彼を一番傍で見続けていたネフレンだった、というのもまた、色々と考えさせてくれる。
いずれにせよ、次こそがこの物語の終わりとなる。それが、この世界とそこに生きる人たちの終わりではない事を信じている。


枯野瑛・作品感想

聖剣士さまの魔剣ちゃん 1~孤独で健気な魔剣の主になったので全力で愛でていこうと思います~ ★★★☆   



【聖剣士さまの魔剣ちゃん 1~孤独で健気な魔剣の主になったので全力で愛でていこうと思います~】 藤木わしろ/さくらねこ HJ文庫

Amazon Kindle BOOK☆WALKER

聖剣士ですが最強にかわいい魔剣の主になりました。

国家を守護する誉れ高き聖剣士に任命された青年ケイル。
そんな彼は自らの聖剣を選ぶ儀式で聖剣ではなく、人の姿になれる聖剣を超えた伝説の存在――魔剣を目覚めさせてしまった!
強大すぎる魔剣の力が周囲から危険視される中、自分を主と呼ぶ可憐な魔剣美少女リーシュを前に、ケイルはただただ、思った。

「かわいい」「えっと、主様」「?かわいい。すごくかわいい」

かくしてケイルは孤独な魔剣ちゃんを幸せにするべく全力を尽くした結果、王都を離れて辺境で冒険者を始めることに!?

魔剣ちゃんはかわいい、とにかくかわいい。それである意味話は完結している。可愛い女の子を幸せにしてあげたい、という欲求は世界の真理の一つだ。とても純真で素直で健気で主さまとなったケイルを慕ってくる魔剣ちゃんリーシュ、彼女がただの女の子なら幸せにするなんて簡単だっただろう。何しろ聖剣士ケイルは性格も能力もパーフェクトイケメンなのだから。
問題はただひとつ、彼女が人ではなく魔剣であったということ。戦争など遠い昔のことになった平和な時代、魔獣災害という危機はあるもののそれも冒険者を中心とした対処するシステムが安定的に構築され、人々は平穏に健やかに暮らしている。
そんな中に突如強大な、それこそ一撃で都市を吹き飛ばすような、森を一薙ぎで切り払うような戦略兵器モドキが現れたらどうなるか。当然のように危険視され、封印されかかった魔剣ちゃんを救うため、彼女の行動と使用に全責任を負って監視のもとに国を追われることになったケイルであった。
これで、魔剣ちゃんがその優しい性格通りに自分の力についても抑制的であったのなら、或いは強い自制を持っていたならさほどの問題はなかったのだろうけれど。
彼女は自分を女の子ではなく、魔剣として自認していて、剣である事に強い自負を抱いていた。プライドであり生き方として、剣であったのだ。
そして何より、価値観として荒ぶる魔剣そのものであり、血に飢えた妖刀のそれであったのである。
つまり、切り裂くのが大好きで血を見るのが大好きでぶっ殺すのが大好きな女の子であったのだ、やばい。
可愛い子猫や子犬を愛でるように、とても純真な目でキラキラ輝く笑顔で斬りましょう殺しましょう、と訴えてくる魔剣ちゃん。……それもまたかわいい。
歴代の魔剣の持ち主が、魔に魅入られて人類の敵に成り果ててしまった理由も、こうしてみるとわからなくはない。なにしろ、かわいいのだから。
かつて賢人は語ったものである。「かわいいは正義!」
しかし、そこで可愛いのみに屈しなかったのが聖剣士ケイルであった、よっ主人公! 彼女を幸せにするということは彼女の望むままに魔剣として振るって上げる、というのも一つの道だろう。しかし、人々を守り世界を平和に保つことを至上の命題としてきた聖剣士として、その道はどうしたって選べない。かと言って、魔剣ちゃんに剣としての自分を捨てろ、ただの女の子として生きろ、というのもまた彼女の生きる理由そのものを踏みにじる事。お前はいらない存在だ、と突きつけることになる。世界の平和と魔剣ちゃんの幸せ、その矛盾する双方を両立するために男ケイルは奮闘するのである。これぞ、パーフェクトイケメンにのみ許される崖っぷちの綱渡り。若干転げ落ちても猛スピードで崖を這い上がってこれるスペックと根性の持ち主だからこそ頑張れるインポッシブルミッション。
というわけで、つい気を抜くと斬殺を強請ってくる(それ以外はとても善良で穏やかで健気な少女なのだ)魔剣ちゃんを言い包めてその力の開放を防ぎつつ、途中「性癖・犬」と化したハイエルフや監視役として姿を隠したまま矢文でしかコミュニケーションを取ってこない矢文ちゃん(通称)を仲間?に加えつつ、冒険者稼業(魔剣ちゃんが仕えなくて他の剣や武器を使うと魔剣ちゃんが拗ねるので素手で)で無双しながら、魔剣ちゃんをその呪縛から解き放つために駆けずり回る聖剣士のハイテンションコメディ。
この畳み掛けるようなギャグとコメディにノれて、ひたすら可愛い魔剣ちゃん(&矢文ちゃん)を愛でられたら結構楽しい作品でした。
いや、ケイルくんいい具合に乱心してて、結構繊細な行動を求められる立場のはずなんだけれど、かなり豪腕で物事を解決するのがまたイカしているというか頭おかしくなってるなあ、と。魔剣ちゃんの可愛さに完全にヤラレながら正気でもあるというある意味複雑なキャラがかなり面白おかしく成り立ってるのが地味に凄い。魔剣ちゃんの事となると脊髄反射でとんでもねー行動に打って出てそれをスペックで押し切りやがるし。
また完全汚れ役の変態ハイエルフがいい味出していて、色々便利な上にオチ的にもだいたいコイツが悪い、で収まってくれるので、ある意味美味しいところを一人で請け負っているキャラである。
あと、矢文ちゃんもこれわりと魔剣ちゃんに匹敵するひたすら可愛い枠なんですよね。屋内でどうやって矢文してたのかについては追求しない。あと、どれだけ矢を持ち歩いているのか無限錬成か、というところも追求してはいけないし、途中で我慢できなくなって監視役にも関わらずさらっと合流してきたのも追求してはいけない。だってかわいいし。
おおむね、可愛いから、で解決できるし許してくれる平和で優しい世界である。まあそれで押し切るケイルくんの豪腕唸ってこそだけれど。


失格から始める成り上がり魔導師道! 〜呪文開発ときどき戦記〜 3 ★★★☆  



【失格から始める成り上がり魔導師道! 〜呪文開発ときどき戦記〜 3】 樋辻臥命/ふしみさいか GCノベルズ

Amazon Kindle BOOK☆WALKER

アークスが発明した「魔力計」はライノール王国の各所で大きな成果を上げ始めていた。
しかし魔力計の増産に必要な物資「魔法銀」――その原料となる「銀」が不足してるという。
事態を解決するため、アークスはノア、カズィと共に王国の西に位置するラスティネル領を目指し旅立つのだが――

待ち受けるのは新たなる出会い、
張り巡らされた策謀で……?
魔力計の生産、国家機密の塊でその存在も伏せられ、製造についても秘されている以上、その秘匿にはよほど気を使わないといけないとはいえ、原材料不足を作成者のアークス自ら調達しないといけない、というのは大変というか負担大きすぎやしないですかね? と、思ってしまう。まあ国家事業とは言え、余計な横槍なしにアークスが魔力計関連については一切を取り仕切っているからこそ、なんだろうけど。
これまでも、諸外国の諜報の手は伸びていたものの、魔力計の存在についてもその詳細についてもなんとか防諜は出来ていたものの、ここに来て国境地帯が不穏になってきたか。
アークスが自ら調達に動かなくならなくなった国内における銀の流通の不安定化に加えて、小麦や塩といった必需物資までが各地領主の介入を越えて値上がりし、とここまで市場が不自然に動いていたらよっぽどぼんくらでなかったら王国中枢も絶対気づいているでしょう。一般生活に支障が出るくらい急激に市場を動かしてしまったら、拡声器使ってなにかやってます、て言ってるようなものですし。
一応、その動きの根本については隠していたようだけれど、それまでに某伯爵家が銀をかき集めていた、という事実がある以上はまず疑いはそこに向けられるのは自然なわけで。
実際、セイラン王太子による査察が入ろうとしていたわけですしね。ただ、伯爵側が戦争も辞さず、という覚悟で物資を掻き集めていただけに、王太子が領内に入るのは飛んで火に入る夏の虫だったとも言えるので、ちょっと危うい状況でもあったのか。
でも、伯爵が表で買い集められなく為った銀を、謀略使ってさらに集積しようとした際に雇ったメンツの質の悪さを考えると、伯爵もぼんくらではないんだろうけれど指し手としては脇が甘すぎて、所詮使う側じゃなくて使われる側だよなあ、これは。
ただ、ラスティネル側も本来この伯爵を監視する立場にある以上、彼の裏切りを見逃していたのみならず、領内での活動を許してしまっていた、というのは失態ではあるんですよね、確かに。
流通や相場の動きの不自然さには気づいてもその目的や根本まで辿れずにいた、というのはさすがに辺境領主に求めすぎだろうか。ルイーズさんは、見た目からしてまずぶん殴るタイプだしなあ。文治に疎いわけではなく、領内の経済をちゃんと把握し領主として統治もしっかりしているようなので、脳筋一辺倒というわけではないのでしょうけれど、それでも情報戦や諜報戦が得意なタイプとは間違っても言えないでしょうし。
しかし、ルイーズ・ラスティネル。ほんと見た目が凄い。ここまで歴然と女山賊然とした格好してる女領主はここまで来ると逆に珍しいぞ。しかもお母ちゃん。旦那さん、どんな人なんだろうと逆に気になってしまうくらい。
いや、こうしてみると全然貴族っぽくないんですよね。彼女だけではなく、領内の領主格の殆どが最前線を担う武門の豪壮さを垣間見せている。まあ、王都の貴族もあんまり貴族貴族していなくて、軍人や官僚という側面を強く見せていただけに、ライノール王国の貴族というのは貴種というよりも代々続く武家の一門、などという専門職の気風が強いんでしょうね。アークスの家も軍家として名高いわけですし。
さても、辺境の騒乱、ひいては国境地帯でせめぎ合う帝国との不穏な情勢の最前線に飛び込むことになったアークス。まさにここでタイトルの「ときどき戦記」のパートに入ったわけですな。
巻き込まれただけ、と言いたい所だけれど、この自体が起こる遠因となったのはアークスの魔力計の開発が深く関わっている上に、今起こってる激しいアンダーグラウンドでの鬩ぎ合いの中心はまさに魔力計の情報に関することだけに、アークスが無関係に巻き込まれたとは言えないんですよねえ。
まあ魔力計の開発者がアークスだという事は未だほぼ秘匿されているだけに、巻き込まれたのは偶然は偶然なのでしょうけれど。
しかしここで国王陛下と師である伯父と深い因縁を持つ歴戦の魔導師と出会うことで、アークスは今までで最大の敵と対決する事になるのである。
ノアとカズィと三人がかりですら圧倒できず、という格上と戦ったのはこれが初めてだったんじゃないだろうか。威力と革新性を、技量と経験値で払われたという感じで、本物の歴戦の魔導師相手の魔術戦はここまで深い読み合いと捌きあいになるのか。今までここまである意味噛み合った魔術戦が成立することがなかっただけに、彼との一戦は非常に見応えのあるものでした。
でも、お互いまだ命がけでの殺意コメての戦い、というわけではなく様子見の段階でもあっただけに、さてお互い退けない状態での戦いとなればどこまでのものになったのやら。

ここに来て、アークスも初めて同世代の男の子の友人、みたいなものと出会ったわけですけれど……男ですよね? 見た目じゃわかんないんだよなあ。性格的にも快活でわんぱく真っ盛りといった元気な男の子なのですけれど、その母親があの女山賊だけにわっかんないんだよなあw


2020年10月読了ライトノベルのおすすめ  

読んだ本の数:25冊 うち漫画:1冊


ちょっと読破冊数は息切れ気味。だけれど今月は大量に傑作良作に巡り合うことができて、質的には大満足でした。
完結とともに大傑作となった【エリスの聖杯】に、青春日常ミステリーとして彩られる【探偵くんと鋭い山田さん】の二大巨頭に、瑠奈お嬢様の日本再生計画【現代社会で乙女ゲームの悪役令嬢をするのはちょっと大変】の待望の書籍化。
また10月刊行ではなく積んでしまっていたのですが、【あなたのことならなんでも知ってる私が彼女になるべきだよね】と【ホラー女優が天才子役に転生しました】というべらぼうに面白くてテンション上がりまくってしまった新作二作と、実に大満足な月でした。
他にも★4級の良作もわんさかと読めましたし、充実はしていたなあ。もっとガンガン読めればよかったのだけれど。


★★★★★(五ツ星) 2冊

エリスの聖杯 3】 常磐くじら/ 夕薙 GAノベル(2020/10/14)
探偵くんと鋭い山田さん 2 俺を挟んで両隣の双子姉妹が勝手に推理してくる】 玩具堂/悠理なゆた  MF文庫J(2020/10/24)


【エリスの聖杯 3】 常磐くじら/ 夕薙 GAノベル

Amazon Kindle BOOK☆WALKER
感想はこちら

ファンタジー・クライム・サスペンス・ミステリーの金字塔。十年という時間を経て次々に明らかになるとある貴族令嬢の処刑に纏わる驚愕の真実と、再び繰り返されようとする宮廷の闇に纏わる陰謀。それに立ち向かう、かつて処刑された令嬢の幽霊と彼女に取り憑かれた地味令嬢のコンビによる究明劇。文句なしに大傑作でした。


【探偵くんと鋭い山田さん 2 俺を挟んで両隣の双子姉妹が勝手に推理してくる】 玩具堂/悠理なゆた  MF文庫J

Amazon Kindle BOOK☆WALKER
感想はこちら

双子の山田姉妹と繰り広げる日常の中の探偵劇。証拠にもならない僅かな手がかりから真相を手繰り寄せる謎解きを、姉妹と顔を突き合わせて喧々諤々わいわいと騒ぎながら解いていく様子は、その流麗な情景描写力と相まって涼やかな青春劇として見事に彩られている。
彼女達の心の動きが映し出される仕草や表情の変化にドキドキしてしまう。まさに細部に神は宿るを体現している一作である。



★★★★☆彡(四ツ星Dash) 3冊

あなたのことならなんでも知ってる私が彼女になるべきだよね】 藍月 要/Aちき ファミ通文庫(2020/8/28)
ホラー女優が天才子役に転生しました 〜今度こそハリウッドを目指します!〜】 鉄箱/きのこ姫 ガガガ文庫(2020/8/20)
現代社会で乙女ゲームの悪役令嬢をするのはちょっと大変 1】 二日市とふろう/ 景 オーバーラップノベルス(2020/10/25)

【あなたのことならなんでも知ってる私が彼女になるべきだよね】 藍月 要/Aちき ファミ通文庫

Amazon Kindle BOOK☆WALKER
感想はこちら

自分の生命を塗り込めたような凄まじい絵を描く天才画家の少年は、それが故に儚く病弱でふとした瞬間消え去ってしまいそうな脆さを持つ。愛を求めながら愛を与えられなかった彼に、浮世から片足を踏み出してしまった彼に生半可な愛情は届かない。だからこそ、常人なら耐えられないヒロインたちの凄絶なほど重い妄執の愛が彼には必要だったのだ。これは昏き執着の愛情が、確かに救いとなるラブストーリー。


【ホラー女優が天才子役に転生しました 〜今度こそハリウッドを目指します!〜】 鉄箱/きのこ姫 ガガガ文庫

Amazon Kindle BOOK☆WALKER
感想はこちら

事故で早世した天才ホラー女優が20年後に幼子として転生し、20年後の芸能界に子役として殴り込む天才女優の再臨譚。並み居る名優たちが、その天才少女の再誕に刺激され奮い立つ姿に痺れてしまう。未だ発展途上の彼女がたどり着く領域とは。見どころタップリの新シリーズであります。


【現代社会で乙女ゲームの悪役令嬢をするのはちょっと大変 1】 二日市とふろう/ 景 オーバーラップノベルス

Amazon Kindle BOOK☆WALKER
感想はこちら

「北海道開拓銀行を買収するわ」。その一言によって、彼女の進撃は開始された。
億万長者なんて木っ端に等しい規模の、ITバブルを踏み台にして稼ぎ続ける兆を超える資金を駆使して、バブル崩壊後に壊滅していく日本経済を救済し、かつて惨めに踏みにじられた自分たちを救うべく悪役令嬢桂華院瑠奈さまは立ち上がる。【征途】世界に近似する日本を舞台に、平成以降の近代政治経済史の上を踊るライトノベルの皮を被った超本格政経架空戦記の幕開けである。



★★★★(四ツ星) 9冊

ナイツ&マジック 10】 天酒之瓢/黒銀 ヒーロー文庫(2020/9/30)
Dジェネシス ダンジョンが出来て3年 02】 之 貫紀/ttl KADOKAWA(2020/8/5)
転生したらスライムだった件 17】 伏瀬/みっつばー GCノベルズ(2020/9/30)
インフィニット・デンドログラム- 14.<物理最強>】 海道左近/タイキ HJ文庫(2020/10/1)
ゴブリンスレイヤー 13】 蝸牛くも/神奈月昇 GA文庫(2020/10/14 )
フシノカミ 2〜辺境から始める文明再生記〜】 雨川水海/大熊まい オーバーラップノベルス(2020/3/25)
フシノカミ 3〜辺境から始める文明再生記〜】 雨川水海/大熊まい オーバーラップノベルス(2020/6/25)
魔女と猟犬】 カミツキレイニー/LAM   ガガガ文庫(2020/10/21)
やたらと察しのいい俺は、毒舌クーデレ美少女の小さなデレも見逃さずにぐいぐいいく】 ふか田さめたろう/ ふーみ   GA文庫(2020/7/14)


【ナイツ&マジック 10】 天酒之瓢/黒銀 ヒーロー文庫

Amazon Kindle BOOK☆WALKER
感想はこちら



【Dジェネシス ダンジョンが出来て3年 02】 之 貫紀/ttl KADOKAWA

Amazon Kindle BOOK☆WALKER
感想はこちら



【転生したらスライムだった件 17】 伏瀬/みっつばー GCノベルズ

Amazon Kindle BOOK☆WALKER
感想はこちら



【インフィニット・デンドログラム- 14.<物理最強>】 海道左近/タイキ HJ文庫

Amazon Kindle BOOK☆WALKER
感想はこちら



【ゴブリンスレイヤー 13】 蝸牛くも/神奈月昇 GA文庫

Amazon Kindle BOOK☆WALKER
感想はこちら



【フシノカミ 2〜辺境から始める文明再生記〜】 雨川水海/大熊まい オーバーラップノベルス

Amazon Kindle BOOK☆WALKER
感想はこちら



【フシノカミ 3〜辺境から始める文明再生記〜】 雨川水海/大熊まい オーバーラップノベルス

Amazon Kindle BOOK☆WALKER
感想はこちら



【魔女と猟犬】 カミツキレイニー/LAM   ガガガ文庫

Amazon Kindle BOOK☆WALKER
感想はこちら



【やたらと察しのいい俺は、毒舌クーデレ美少女の小さなデレも見逃さずにぐいぐいいく】 ふか田さめたろう/ ふーみ   GA文庫

Amazon Kindle BOOK☆WALKER
感想はこちら



以下に、読書メーター読録と一言感想

続きを読む

わたし以外とのラブコメは許さないんだからね ★★★  



【わたし以外とのラブコメは許さないんだからね】 羽場 楽人/イコモチ 電撃文庫

Amazon Kindle BOOK☆WALKER

戦いは恋人になってからが本番。 告白で幕開けるラブコメ戦線!

冷たい態度に負けずアプローチを続けて一年、晴れて想い人に振り向いてもらえた俺。クラスの誰をも寄せ付けようとしなかった孤高の美人、有坂ヨルカと彼氏彼女の関係になったのだ! しかもあれだけツンケンしていたくせに、本当は俺のことが大好きだったらしい!
「わたしの方が好きに決まっているのに、それが伝わってない気がする」
え、このカワイイ存在ヤバくない? 強気なくせに恋愛防御力0な彼女にイチャコラ欲求はもう限界! だけど人前でベタベタするのは禁止? さらに秘密の両想いなのに恋敵まで現れて……?
恋人から始まるラブコメ爆誕!

主人公がコミュニケーション強者すぎる。そもそも、孤立しているヨルカと親しくなってくれと神崎先生に頼まれた時点で、それだけ希墨なら仲良くなれるとそのコミュニケーション能力を先生にも見込まれていた、という事ですからね。
一方でヨルカの方は深刻なコミュ障。でも、ハリネズミの棘で自分を守っているタイプでキツい言動で周りを遠ざけ、そもそもコミュニケーションを極力取らないという手段で他人との壁を築いてきた娘なので、直接的な防御力は決して高くはなかったと思われる。その棘を無視され、壁を越えられてきたら直接向き合わなければならない。
家族のスペックが異様に高いため、物心ついてからこの方常にそれと比較して自分を卑下してきたために、異様に自己評価が低く自己肯定力がないヨルカさんである。希墨みたいな巧みな陽キャラに全力で来られたら、そりゃあイチコロだわ。
さすがと思うのが希墨くん、釣った魚には餌を上げまくるタイプだった事でしょう。いや、彼自身ヨルカに夢中なので彼の口から出る言葉は全部本心なのですから餌やっているなんて自覚もないのでしょうけれど。
ほんと、恥ずかしくなるくらい甘い言葉を引っ切り無しに囁くんですよね。愛している、好きだ、と告げる事を全く惜しまない。勿体ぶらない。思ったとおりに口に出し、伝える。多少気障でも関係ない。相手を喜ばせるためじゃなくて、シンプルに自分の気持ちを素直に伝えているだけだから余計に強力なのである。相手が、素直になれないヨルカだからこそ尚更に、率直で真っ直ぐな気持ちをぶつけられるとどうしようもない。
ここまでベタベタと優しい言葉甘い言葉を口ずさんでいるとチャラ男かよ、とも思うのだけれど、むしろ少女漫画とかで主人公の女の子を口説いてくるイケメン男子系統なのかもしれない。本人口説いているつもりなくても、思わず女の子がドキドキしてしまうような言動を素で垂れ流してくるような。女の子の理想像の一つだ。

そりゃ、ヨルカじゃなくても、女の子にモテるだろう。

彼氏彼女になる。男女のお付き合いをはじめる、というのは言わば独占契約、お互いがお互いだけと恋愛関係を結びますという契約みたいなものだ。勿論、それを当人同士の間だけで結ぶのもお互いの気持ちの上でとても大切なことだろうけれど、その関係を公然とするというのは他人に対しても、二人の関係を周知してそこに首突っ込んでくることは不義である、と知らしめる意味を持つ。
虫除け、とまで言ってしまうのはちょっとあれだけれど、周知徹底することで事前に余計なトラブルを回避する効果は大いにあると言っていい。
その意味では、ヨルカが希墨との関係を秘密にしてしまったのは、自分への自信の無さが原因なんだろうけれど、悪手だった事には違いない。幾ら、希墨が断ってくれるにしても希墨にアプローチする自由を野放図に開放してしまったのだから。公には瀬名希墨はフリーであり、どれだけアタックしても誰からも文句は言われないわけですからね。
まあ、彼に告白することになる他の娘たちは、ヨルカの存在を認知していなかったわけではないので、交際を秘密云々はあんまり関係なかったかもしれませんが。でも、自分の守り方と同様に、希墨との恋の守り方もヨルカのそれは不器用極まっていた、と言えるのかも知れません。
隠したり遠ざけたりするだけじゃあ、強引に突っ込まれてきたとき案外にも脆いものなのですから。
その意味では、ヨルカがひなかから叱咤されて本音をさらけ出してぶつかったことも、希墨がみんなに全部ぶちまけたのも、ヨルカと希墨のお互いの好きすぎる関係にこそ必要で相応しいものだったのではないでしょうか。隠しておくには二人共目立ちすぎるし存在感がありすぎるものあるわけですから。
朝姫がわり食ってると思うのだけれど、大人な対応だったなあ。大人な対応を取ってしまった時点で割って入るのは難しかったとも言えるのかも知れませんが。まあそれが普通の反応だわね。


http://yamata14.web.fc2.com/turezure/ha/haba_rakuto.html

2020年11月上半期 ライトノベル注目作品ピックアップ  




前回、10月下半期の注目作品のピックアップ記事です。


【終末なにしてますか? もう一度だけ、会えますか? #09】 枯野 瑛(角川スニーカー文庫)

Amazon Kindle B☆W
あれから五年、って前回から五年も経ったの!? 5年も経ったらリィエルやアルミタらちびっ子も一人前になっちゃってるじゃない。そして、シリーズ最初期には、アニメでぴょんぴょん跳ねてたちびっ子たちも、見ての通り大人である。ティアットすんげえ美人になっちゃってまあ。そしてティアット、泣いてないドコロか少し微笑んでるんですよね。泣いてる姿がデフォルトなこのシリーズでは極めて珍しい事に。
最終決戦を前にした、五年経ったあとの浮遊都市の人々、そして妖精の娘らの姿を追う最新巻であります。


【声優ラジオのウラオモテ #03 夕陽とやすみは突き抜けたい?】 二月 公(電撃文庫)

Amazon Kindle B☆W
場外乱闘みたいな盤外でのゴタゴタがメインになっていた面もあったわけで、そりゃ声優なんだから本来の仕事はアニメに声あてる仕事だよね。というわけで、既に人気声優として活躍する相方と違ってまだまだ声優の仕事自体なかなか貰えず、経験も実績も僅かばかりのやすみが直面する、プロのお仕事のハードル。気構えがいくらプロフェッショナルでも、仕事がなけりゃ出来なきゃ半人前。主人公試練のときである。


【天才王子の赤字国家再生術 8 ~そうだ、売国しよう~】 鳥羽徹(GA文庫)


Amazon Kindle B☆W
前回は東の帝国で、今回は西の選聖会議と、大忙しのウェイン王子。すでに東の帝国と西側諸国との間を飛び回っている時点で大概コウモリな気もするけれど、さらに東の中、西の中でも特定の勢力につかずにコウモリになって良い顔しまくろう、と奮起する。いやだから、それだいたい一番大変な目を押し付けられるフラグですよね。自分からババ引いてる感も若干ありますけど。
コウモリにしては目立ちまくり過ぎてるんですよね、王子。必然と彼がキーパーソンとなり主役となっているのですから。さても怪人奇人揃いの選聖会議再び、の中でどうウェインが引っ掻き回し、引っ掻き回され引っ張り回されるのか。ある意味安定の大混乱必定である。


【やたらと察しのいい俺は、毒舌クーデレ美少女の小さなデレも見逃さずにぐいぐいいく 2】 ふか田さめたろう(GA文庫)

Amazon Kindle B☆W
クーデレというより王道の素直になれないツンデレ系美少女と、その素直になれない言動を言ってない事まで読んで汲んで見通してしまう察しヨすぎる系男子とのラブコメ第二弾。まだ付き合っていないけれど、既に家族公認で結婚前提の事実婚約状態、本人たちもラブラブでお互い好きすぎてテンションおかしくなっているカップル。付き合うってなんだっけ? と思ってしまうほど甘々な二人をこれ以上どうしようというのか。いやもうあとはひたすらイチャイチャするのを見せつけられ続けるだけなんじゃないだろうか。まあそれでよし。

2020年秋アニメ 感想 その2  



戦翼のシグルドリーヴァ

ちゃんと飛行機乗ってるストライクウィッチーズ。と言ってしまっては語弊があるか。ワルキューレたちも、史実のエースたちをモデルにした、というわけではないですしね。
英霊機というアイデアは面白いと思うのだけれど、あの白い翼だけはいただけない。見た目がダサすぎるし、違和感がありすぎてなんともなんとも。
でも、それ以外は話が進むにつれて個人的には評価うなぎのぼりであります。戦争、戦争をしているのだ。
3話の宮古は衝撃的ですらありました。あそこまで覚悟を持って全力で笑っている娘だったとは。彼女に限らず、館山基地の皆はみなが太平楽に笑っているようで、覚悟決めて戦っているのだというのが伝わってきて、話しそのものが引き締まったように思います。今後、どんな平和でのんびりしたエピソードが入っても、彼らが気を抜いていたり油断している、とは思わないだろうなあ。
アズズ、かわいいです、アズズ、ちょっと好き過ぎるかもしれない。

……あれ、絶対オーディンじゃないですよね?

EDは未だに見る度に泣きそうになります。

あと、野上武志さんの漫画で男連中主役のスピンオフ掲載中。
ストライクウィッチーズの「アフリカの魔女」的なものと。







ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか

ここからは原作積んじゃっててどんな展開かを知らないだけに、新鮮な気持ちで見ています。
ヘスティア・ファミリアのメンバーがほぼ固まったのってこのあたりからなのか。ヴェルフの兄貴が貫目を担って、リリが常に冷静で客観的、或いは憎まれ役な意見を言う役割を担ってるんですね。
リリが完全に参謀役なんだなあ。憎まれ役とはいえ、今まで相手の顔色を伺うような立ち回りばかりしてきた彼女が、こうして自分の意見を強く主張し、一度方針が固まれば縁の下の力持ちとして皆を下支えするのを自ら課して頑張っているというのは感慨深いです。
なにはともあれ、先の展開を知らないだけに面白い。





ひぐらしのなく頃に業

ひぐらしってもういつ以来ですだよ。
リブートかと思えば、まさかの完全新作。鬼騙し編である。舞台が昭和だけあって、最初にゲームが出た段階から既に古い時代のお話だっただけに、平成過ぎて令和になっても昔という意味では変わらないので、作中の世界観に古さは感じないのが何とも面白い。
しかし、色々と既に知っているだけに、裏の動きを色々と想像できてしまうのはこれもまた面白いな。ルートの分岐となる部分や誰それの生存ルート、なんかも見えるわけですし。とはいえ、全部知っているはずの梨花ちゃんが今の所あんまり動いていないように見えるのは、実際動いていないのかその様子が描かれていないのか。
綿流しのお祭りでの梨花ちゃんの演舞は、こうしてみるとたしかにもろに殺人の再現だよなあ。




100万の命の上に俺は立っている

マガジン系の漫画はアプリの方で見れるのが多いんですよね。本作も月刊連載中のを数ヶ月遅れになるのかな、それを読んでます。
面白いです。
うん、これがなかなか主人公の思考回路がイカレてるわけじゃないんだけれど、価値観にしても倫理観にしても普通な部分とズレている部分が重なっていて、行動原理が非常に面白い。
相まって、クエストのクリア方法もあとに行くほど難解というか一筋縄では行かなくなって、力押しだとかレベルを上げて物理で殴るではどうにもならないケースになっていくわけで。
まだ3話あたりまではおとなしいのですけれど、カハベルさんが出てくるあたりから本作の妙味が見えてくるのではないでしょうか。
ただまあ、アニメは演出がなんか野暮ったいんですよね。アニメになって面白さがブーストする、というタイプの作品にはならないかも。





魔王城でおやすみ

週刊少年サンデー連載中の、魔王に連れ去られた姫が魔王城を自宅のように闊歩しつつ、あらゆる手段をこうじてあらゆる安眠快眠を手にするために暴れまわる、というお話。
いやほんとに早々に姫様、魔王城内のアンタッチャブルになってしまうのが笑うのです。誰も彼もが姫様に手を出せない、歩く災害、忍び寄るトラブルメーカー。
だいたい人質が檻出て城の中うろついていても、みんな強く言えないあたり魔族たちが可愛すぎるんですが。まあ魔王タソガレが一番ナイーブで繊細で内気、というあたりでどうにもならないのですが。
にしてもこの姫様、全部自作で作ろうとするあたりDIY能力が高すぎるw
今季、一番ガチで腹抱えて笑え転げてしまった。漫画読んでたんですが、それでも姫様のなさりよう、面白すぎたw





魔女の旅々

GAノベルから刊行のライトノベル原作。原作は2巻までだけ読んでます。
キノの旅を類似作品にあげられることが多いですけれど、旅先で一話ごとに様々な国を訪れ、様々な人と出会い、というあたりは確かに同じ系統なんですよねえ。
というか、映像美が本当に凄い。景色の奥行きや細部まで丁寧に描かれた背景美術とともに、鮮明かつころころとよく動くキャラの表情、仕草。こう、見てるだけで圧倒され、魅入られる視覚に叩き込まれるパワーは凄いです。
ただまあ、その映像力に見合うだけの力ある、或いは衝撃的なエピソードがあるかというと今の所あんまりピンと来た話はないかなあ、と。
いやまあ、そう言えば原作の方もあんまり自分、ピンと来てなかったので当然なのかも知れませんが。イレイナさんは確かに可愛いです、見た目超美人です、はい。




無能なナナ

これ、最初の一話か二話かくらいまで昔試読で読んでたんですよね。なので、どんな展開かは知っていてしまったので、何も知らない人が感じただろうインパクトは残念ながら感じられなかったんですよね。残念。ってか、どれくらいインパクトあったんだろう。PVなんかでは完全に迷彩していましたが。
ともあれ、それ以降の展開はまったく未見なので何も知らないままで楽しめていますけれど。
いやでも、結構ナナさんのやり方ガバガバな気もするのですけれど、傍目から見たら怪しいことこの上ないぞ。とはいえ、生徒たちの視点から見たらそこまでは怪しくないのか。
最初の方はともかく、全員をターゲットにしているのなら途中から流石に警戒度も上がっていくだろうし、人数減れば減るほど難易度あがりそうだし、どういう目算でナナがやっているのかは気になるところ。というか、アニメではどこまでやるんだろう。漫画はまだ連載中なので絶対途中で終わることになると思うのだけれど。




ラブライブ!虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会

ラブライブ、ファーストシーズンは観たのだけれど、以降は全然見てなかったんですよね。
本作もなんとなく時間もないし、見てなかったのだけれど、たまたま最新の四話を見たらちょうどメンバー全員揃ったのかな? そして、天真爛漫なギャルっ娘・宮下 愛が魅力的すぎた。いや、この娘はいいわー、うんハツラツとしていて眩しい、眩しい。
今回はグループじゃなくてソロ活動という今までにないアプローチもあるようで、ちょっとおもしろそうなのでこのまま視聴継続してみたい。愛さんは強力でありました。




魔界帰りの劣等能力者 4.偽善と酔狂の劣等能力者 ★★★☆   



【魔界帰りの劣等能力者 4.偽善と酔狂の劣等能力者】 たすろう/かる HJ文庫

Amazon Kindle BOOK☆WALKER

最強のランクDがスルトの剣をぶっ潰す!!

『スルトの剣』の首領ロキアルムによる最悪なショーは開始された。召喚された万を超える妖魔の軍勢が、ミレマーの七つの主要都市に襲いかかる。
家族が夢見た祖国、その未来が壊されるのを前に、自らの無力に涙するニイナ。
その姿は祐人が本気を出すには十分すぎるほどの理由だった!!

「お前の計画はこの劣等能力者の……このたかがランクDの偽善と酔狂で! 跡形もなくぶっ潰してやる! 」

最弱劣等の魔神殺しが無双する、大人気異能アクション第4弾!!


伊達と酔狂で戦争をやっていたのは【銀河英雄伝説】のダスティ・アッテンボローでしたか。対して、この堂杜祐人は偽善と酔狂で戦うのだという。でも、彼のそれを偽善と自嘲するのは流石に卑下が過ぎるだろう。彼のそれを酔狂というにはあまりに真摯で直向きすぎる。
義を見てせざるは勇なきなり。
ミレマーという国を救うために、多くを費やし自らの人生を焚べた二人の男の戦いは、彼らの戦いに共感し臥薪嘗胆耐え続けた同志たちの忍耐は、胸打たれる尊さでした。これを義と言わずして何という。でも、これがこの国の中だけの事で完結していたのなら、余計な手助けは必要なかったでしょう。彼らの戦いは彼らのものでもあったのですから。
でも、スルトの剣というよそ者が、この国の人達の思いも事情も何も汲まず、徹底的に無視した上ですべてを踏み躙ろうとしたことは、まさに彼らの戦いを穢すものでした。理不尽で、悪意にまみれた醜い欲望の発露でしかありませんでした。
彼らの悪意に、志半ばに無念に倒れる人が居て、本来流すはずではなかった悲しい涙を流す娘がいました。いつか、別れ離れた行道が交わり、少女には実の父と育ての父という尊敬できる二人の父親が出来て、二人に共に可愛がられ慈しまれるときが来るはずだったのです。
辛い思いを乗り越えて、悔しい気持ちを克服し、約束を遂げて、報われるべきときが、彼らには来るはずだったのです。
それを、あまりにも一方的で自分本意な正義で虫けらのように踏み躙った。それを怒るのに、理由が必要でしょうか。当たり前に抱くであろう当たり前の義憤であり、怒り。これこそ、正しき怒りというやつなのでしょう。
尤も、祐人が自分の行為を偽善と酔狂と称したのは、そんなツマラナイ理由で虫けらのように踏みにじられる無念さを、黒幕に味わわせてやりたい、という想いからのようにも見えたので、決して本気で言っているわけではなかったのかもしれませんが。
でも、あれだけ怒り心頭で激高しきっている姿を見て、偽善や酔狂と思う輩はそうはいないんじゃないだろうか。
怒りという感情は、それだけ火のように激しいものだけにその生々しい激烈さを文章に乗せるのは、案外と難しかったりする。言葉の上では怒っているのはわかっても、その声色を、声の震えを、怒りのあまりの抑揚の欠如を、言葉の中から感じさせるような「生の感情を乗せる」というのは、絶妙なニュアンスを台詞をはじめとする文章に込めることが必要なんですよね。
どうしてそんな感情を抱くに至ったのか、というバックグラウンドをそれまでに積み重ねて起爆剤として溜め込む、というのも勿論必要なんだけれど、それだけではやっぱり爆発の火力が足りなくなってしまうのである。
だからこそ、怒りの表現は、特にこいつは絶対に許さない、という頭が真っ白になるような凄まじい感情を溢れさせた描き方は、描き切られた時にその熱量は読み手にまで火を付けるのである。
そしてその怒りが正しく振るわれ、相手がこれ以上無く徹底的に無様にやられるカタルシス、痛快さ。黒幕のロキアルムがまた、見事なくらいのやられ役というのもあったわけですけれど、今回の祐人の戦いには実に良い「怒り」がノッていました。
神獣連中はせっかくの出陣だったのですけれど、相手が数多いとはいえ雑魚妖魔というのもあってか、こっちはちょっと思ったよりも目立たなくてちょっと勿体なかったかも。驚き役が異能を知らない普通の将兵だと、彼らがどれだけ隔絶しているかというのがわかんないですしねえ。戦闘シーンもあんまりなかったですし。

しかし、またぞろ祐人があの自分の存在が忘れられてしまう、人との縁を消費する力を使ってしまったわけですけれど、縁深い人はもう忘れる事無く覚えていてくれるので、むしろ祐人の正体が他に知られないようになる助けになってるみたいなんですよね。機関にも忘れられているし、今回の大事件を解決した人物が誰なのか、捜査の手もこの場合かなり強引に絶たれてしまう事になるでしょうし。祐人自身は特に工作しているわけではないのに、彼の存在が秘されていくという。
一方で、誰もがその存在を忘れ去り覚えていないにも関わらず、ミレマーで共に彼と戦った人たちの心のなかには、確かに掛け替えのない戦友として顔の見えない誰かの姿が心に焼き付いている。忘れていても、決して忘れられない英雄の雄姿。図らずもそれが裕人のヒーロー性を色濃くしている一因にも見えるんですよねえ。

にしても、なんか、この祐人忘れられ事件の一番の被害者が、本人の祐人じゃなくて彼の日常パートをサポートしてくれている親友の一悟というのがかわいそうと言うかなんというか。純粋に友情から、彼の無断欠席をフォローしてくれていただけなのに、この扱いはちょっとかわいそうだぞw
彼、マリオンと瑞穂が襲来してきたときも、幼馴染の茉莉との間に仲裁に入らされて場合によっては祐人よりもひどい目に合いそうなんですよねえw なんか、そういう星の下に生まれてそう。
ってか、祐人はマリオンと瑞穂が自力で思い出してくれたの嬉しかったのはわかるけれど、唯一祐人の事を忘れずにいる茉莉が起点に思い出してくれた一悟や静香とはまた別に、茉莉関係なく起点なく思い出してくれたから特別!みたいな言い方をしてしまったら、そりゃ彼女らいい気分なっちゃうじゃないですか。この微妙に口がうまいというか無意識にノセてしまうところは禍の元ですよ、うん。
しかし、瑞穂とマリオンはともかく、ニィナまで引き続きヒロインとして参戦というのは予想外でした。そこまで深い付き合いでもなかったですし、現地のゲストヒロインという立場かと思ったのに。ここまで片っ端から出てくるヒロイン拾って落とさないようにしてたら、ちょっとヒロインの数がえらいことになりそうなんですけど。同居の神獣たちだってたくさんいるのにねえ。
次回以降、瑞穂たちに学校と住所を教えてしまった以上、襲来してくるのは間違いないでしょうし、そうなると今まできっぱりと分けられていた異能者パート、学校パート、自宅パートがついに合流することになるのでしょうか。どう顔を合わせても修羅場になりそうw


 
12月4日
【呪禁師は陰陽師が嫌い 平安の都・妖異呪詛事件考】
黒崎 リク
(宝島社文庫)

Amazon Kindle B☆W

【異世界転生して生産スキルのカンスト目指します! 4】
渡 琉兎
(ドラゴンノベルス)

Amazon Kindle B☆W

【神猫ミーちゃんと猫用品召喚師の異世界奮闘記 4】
にゃんたろう
(ドラゴンノベルス)

Amazon Kindle B☆W

【転生したら小魚だったけど龍になれるらしいので頑張ります】
真打
(ドラゴンノベルス)

Amazon Kindle B☆W

【幼馴染のS級パーティーから追放された聖獣使い。万能支援魔法と仲間を増やして最強へ!】
かなりつ
(ドラゴンノベルス)

Amazon Kindle B☆W

【厄災の申し子と聖女の迷宮 1】
ひるのあかり
(ドラゴンノベルス)

Amazon Kindle B☆W

【主人公じゃない! 1】
ウスパー
(エンターブレイン)

Amazon Kindle B☆W

【おっさんはうぜぇぇぇんだよ!ってギルドから追放したくせに、後から復帰要請を出されても遅い。最高の仲間と出会った俺はこっちで最強を目指す!】
おうすけ
(BKブックス)

Amazon Kindle

【俺だけ作れる魔道具でポンコツパーティーを最強に! 〜ハズレスキル【鑑定眼】、実は最強でした〜】
塩分不足
(BKブックス)

Amazon Kindle

12月2日
【アレクサンダー英雄戦記 ~最強の土魔術士~】
なんじゃもんじゃ
(一迅社ノベルス)

Amazon Kindle B☆W

【天才最弱魔物使いは帰還したい 〜最強の従者と引き離されて、見知らぬ地に飛ばされました〜】
槻影
(一迅社ノベルス)

Amazon Kindle B☆W

12月1日
【戦翼のシグルドリーヴァ Sakura (下)】
長月達平
(角川スニーカー文庫)

Amazon Kindle B☆W

【真の仲間 Episode.0 今だけ最強の走竜騎士は、いずれ無双の妹勇者を守り抜く】
ざっぽん
(角川スニーカー文庫)

Amazon Kindle B☆W

【お見合いしたくなかったので、無理難題な条件をつけたら同級生が来た件について】
桜木桜
(角川スニーカー文庫)

Amazon Kindle B☆W

【元スパイ、家政夫に転職する】
秋原タク
(角川スニーカー文庫)

Amazon Kindle B☆W

【クロの戦記 5 世界転移した僕が最強なのはベッドの上だけのようです】
サイトウアユム
(HJ文庫)

Amazon Kindle B☆W

【魔界帰りの劣等能力者 5.謀略の呪術師】
たすろう
(HJ文庫)

Amazon Kindle B☆W

【夢見る男子は現実主義者 3】
おけまる
(HJ文庫)

Amazon Kindle B☆W

【精霊幻想記 18. 大地の獣】
北山結莉
(HJ文庫)

Amazon Kindle B☆W

【アルバート家の令嬢は没落をご所望です 8】
さき
(角川ビーンズ文庫)

Amazon Kindle B☆W

【王太子妃パドマの転生医療 「戦場の天使」は救国の夢を見る】
さくら 青嵐
(角川ビーンズ文庫)

Amazon Kindle B☆W

【英雄の娘として生まれ変わった英雄は再び英雄を目指す 4】
言寺あまね/鏑木 ハルカ
(MFC)

Amazon Kindle B☆W

【アルバート家の令嬢は没落をご所望です 3】
彩月 つかさ/さき
(B's-LOG COMICS)

Amazon Kindle B☆W

【メニューをどうぞ ~異世界レストランに転職しました~ 2】
黒野 ユウ/汐邑 雛
(B's-LOG COMICS)

Amazon Kindle B☆W

【1/10の花嫁 4】
ゆきの
(サンデーうぇぶりSSC)

Amazon Kindle B☆W

11月30日
【賢者の弟子を名乗る賢者 14】
りゅうせんひろつぐ
(GCノベルズ)

Amazon Kindle B☆W

【聖者無双 〜サラリーマン、異世界で生き残るために歩む道〜 8】
ブロッコリーライオン
(GCノベルズ)

Amazon Kindle B☆W

【異世界転移したら愛犬が最強になりました 〜シルバーフェンリルと俺が異世界暮らしを始めたら〜 1】
龍央
(GCノベルズ)

Amazon Kindle B☆W

【むすぶと本。『嵐が丘』を継ぐ者】
野村美月
(ファミ通文庫)

Amazon Kindle B☆W

【俺だけレベルが上がる世界で悪徳領主になっていた】
わるいおとこ
(ファミ通文庫)

Amazon Kindle B☆W

【未実装のラスボス達が仲間になりました。】
ながワサビ64
(エンターブレイン)

Amazon Kindle B☆W

【魔法使いで引きこもり? 8 ~モフモフと駆ける雪山の決戦~】
小鳥屋エム
(エンターブレイン)

Amazon Kindle B☆W

【おお魔王、死んでしまうとは何事か 〜小役人、魔王復活の旅に出る〜】
榊 一郎
(講談社ラノベ文庫)

Amazon Kindle B☆W

【剣帝学院の魔眼賢者】
ツカサ
(講談社ラノベ文庫)

Amazon Kindle B☆W

【転生したら第七王子だったので、気ままに魔術を極めます 2】
謙虚なサークル
(講談社ラノベ文庫)

Amazon Kindle B☆W

【雪の名前はカレンシリーズ】
鏡 征爾
(講談社ラノベ文庫)

Amazon Kindle B☆W

【精霊の友として】
北杜
(Kラノベブックス)

Amazon Kindle B☆W

【俺だけ入れる隠しダンジョン 6 〜こっそり鍛えて世界最強〜】
瀬戸 メグル
(Kラノベブックス)

Amazon Kindle B☆W

【Free Life Fantasy Online 〜人外姫様、始めました〜5】
子日 あきすず
(Kラノベブックス)

Amazon Kindle B☆W

【コミックライド2020年12月号】

Kindle B☆W

11月28日
【まんがタイムきららキャラット 2020年12月号】

Amazon Kindle B☆W

11月27日
【ガヴリールドロップアウト 10】
うかみ
(電撃コミックスNEXT)

Amazon Kindle B☆W

【ガンフェスタ 2】
芝村裕吏/ku−ba
(電撃コミックスNEXT)

Amazon Kindle B☆W

【まったく最近の探偵ときたら 8】
五十嵐正邦
(電撃コミックスNEXT)

Amazon Kindle B☆W

【航宙軍士官、冒険者になる 3】
たくま朋正/伊藤暖彦
(電撃コミックスNEXT)

Amazon Kindle B☆W

【魔法使いの印刷所 5】
もちんち/深山靖宙
(電撃コミックスNEXT)

Amazon Kindle B☆W

【JKからやり直すシルバープラン 3】
李惠成/林達永
(ヴァルキリーコミックス)

Amazon Kindle B☆W

【ポンコツ女神の異世界創世録 4】
金光鉉/林達永
(ヴァルキリーコミックス)

Amazon Kindle B☆W

【転生したらスライムだった件 16】
川上泰樹/伏瀬
(シリウスKC)

Amazon Kindle B☆W

【Sランクモンスターの《ベヒーモス》だけど、猫と間違われてエルフ娘の騎士(ペット)として暮らしてます 5】
東雲太郎/銀翼のぞみ
(ヤングアニマルコミックス)

Amazon Kindle B☆W

【常敗将軍、また敗れる 3】
渡辺つよし/北条新九郎
(HJコミックス)

Amazon Kindle B☆W

【電撃マオウ 2021年1月号】

Amazon Kindle B☆W

【月刊コミックアライブ 2021年1月号】

Amazon Kindle B☆W

【月刊コミック 電撃大王 2021年1月号】

Amazon Kindle B☆W

【コミック電撃だいおうじ VOL.87】

Amazon Kindle B☆W

【Comic REX 2021年1月号】

Amazon Kindle B☆W

【神眼の勇者 11】
ファースト
(モンスター文庫)

Amazon Kindle B☆W

【村人転生 最強のスローライフ 13】
タカハシあん
(Mノベルス)

Amazon Kindle B☆W

【のんべんだらりな転生者 〜貧乏農家を満喫す〜】
咲く桜
(Mノベルス)

Amazon Kindle B☆W

【異世界で 上前はねて 生きていく 3〜再生魔法使いのゆるふわ人材派遣生活〜】
岸若まみず
(Mノベルス)

Amazon Kindle B☆W

【勇者パーティーを追放された白魔導師、Sランク冒険者に拾われる 〜この白魔導師が規格外すぎる~】
水月 穹
(Mノベルス)

Amazon Kindle B☆W

【冒険者ギルドの万能アドバイザー 〜勇者パーティを追放されたけど、愛弟子達が代わりに魔王討伐してくれるそうです〜】
虎戸 リア
(Mノベルス)

Amazon Kindle B☆W

11月26日
【少年エース 2021年1月号】

Amazon Kindle B☆W

【コンプエース 2021年1月号】

Amazon Kindle B☆W

【月刊少年シリウス 2021年1月号】

Amazon Kindle B☆W

11月25日
【涼宮ハルヒの直観】
谷川流(角川スニーカー文庫)

Amazon Kindle B☆W

【殺したガールと他殺志願者】
森林梢
(MF文庫J)

Amazon Kindle B☆W

【同い年の先輩が好きな俺は、同じクラスの後輩に懐かれています】
凪乃彼方
(MF文庫J)

Amazon Kindle B☆W

【ハイスクール・フリート あらいばるっ】
姫ノ木あく
(MF文庫J)

Amazon Kindle B☆W

【探偵はもう、死んでいる。4】
二語十
(MF文庫J)

Amazon Kindle B☆W

【ライアー・ライアー 6.嘘つき転校生は正義の味方に疑われています。】
久追遥希
(MF文庫J)

Amazon Kindle B☆W

【ぼくたちのリメイク 8.橋場恭也】
木緒なち
(MF文庫J)

Amazon Kindle B☆W

【絶対に働きたくないダンジョンマスターが惰眠をむさぼるまで 14】
鬼影スパナ
(オーバーラップ文庫)

Amazon Kindle B☆W

【ハズレ枠の【状態異常スキル】で最強になった俺がすべてを蹂躙するまで 6】
篠崎 芳
(オーバーラップ文庫)

Amazon Kindle B☆W

【本能寺から始める信長との天下統一 4】
常陸之介寛浩
(オーバーラップ文庫)

Amazon Kindle B☆W

【底辺領主の勘違い英雄譚 2 〜平民に優しくしてたら、いつの間にか国と戦争になっていた件〜】
馬路まんじ
(オーバーラップ文庫)

Amazon Kindle B☆W

【Sランク冒険者である俺の娘たちは重度のファザコンでした 2】
友橋かめつ
(オーバーラップ文庫)

Amazon Kindle B☆W

【ブレイドスキル・オンライン 1 〜ゴミ職業で最弱武器でクソステータスの俺、いつのまにか『ラスボス』に成り上がります!〜】
馬路まんじ
(オーバーラップ文庫)

Amazon Kindle B☆W

【黒鳶の聖者 1 〜追放された回復術士は、有り余る魔力で闇魔法を極める〜】
まさみティー
(オーバーラップ文庫)

Amazon Kindle B☆W

【望まぬ不死の冒険者 8】
丘野 優
(オーバーラップノベルス)

Amazon Kindle B☆W

【異世界で土地を買って農場を作ろう 8】
岡沢六十四
(オーバーラップノベルス)

Amazon Kindle B☆W

【俺の前世の知識で底辺職テイマーが上級職になってしまいそうな件 2】
可換 環
(オーバーラップノベルス)

Amazon Kindle B☆W

【太宰治、異世界転生して勇者になる 〜チートの多い生涯を送って来ました〜】
高橋 弘
(オーバーラップノベルス)

Amazon Kindle B☆W

【社畜ですが、種族進化して最強へと至ります】
力水
(ダッシュエックス文庫)

Amazon Kindle B☆W

【影使いの最強暗殺者 ~勇者パーティを追放されたあと、人里離れた森で魔物狩りしてたら、なぜか村人達の守り神になっていた~】
茨木野
(ダッシュエックス文庫)

Amazon Kindle B☆W

【進路希望調査に『主夫希望』と書いたら、担任のバツイチ子持ち教師に拾われた件】
yui/サウスのサウス
(ダッシュエックス文庫)

Amazon Kindle B☆W

【元勇者は静かに暮らしたい 3】
こうじ
(ダッシュエックス文庫)

Amazon Kindle B☆W

【八男って、それはないでしょう! 21】
Y.A
(MFブックス)

Amazon Kindle B☆W

【二度追放された魔術師は魔術創造〈ユニークメイカー〉で最強に 2】
ailes
(MFブックス)

Amazon Kindle B☆W

【ほのぼの異世界転生デイズ 〜レベルカンスト、アイテム持ち越し! 私は最強幼女です〜 1】
しっぽタヌキ
(MFブックス)

Amazon Kindle B☆W

【異世界帰りのパラディンは、最強の除霊師となる 1】
Y.A
(MFブックス)

Amazon Kindle B☆W

【Missing 3 首くくりの物語(上)】
甲田学人
(メディアワークス文庫)

Amazon Kindle B☆W

【Missing 4 首くくりの物語(下)】
甲田学人
(メディアワークス文庫)

Amazon Kindle B☆W

【おにぎり処のごちそう三角 家族を結ぶ思い出の食卓】
つるみ犬丸
(メディアワークス文庫)

Amazon Kindle B☆W

【それでも、医者は甦る -研修医志葉一樹の手術カルテ-】
午鳥志季
(メディアワークス文庫)

Amazon Kindle B☆W

【レッドスワンの死闘 赤羽高校サッカー部】
綾崎隼
(メディアワークス文庫)

Amazon Kindle B☆W

【後宮双妃の救国伝 ふたりの妃は喧嘩しながら国を救う】
柳なつき
(メディアワークス文庫)

Amazon Kindle B☆W

【レベル1の最強賢者 4 呪いで最下級魔法しか使えないけど、神の勘違いで無限の魔力を手に入れ最強に】
木塚麻弥
(ブレイブ文庫)

Amazon Kindle B☆W

【すべての人類を破壊する。それらは再生できない。6】
横田卓馬/伊瀬勝良
(角川コミックス・エース)

Amazon Kindle B☆W

【武装少女マキャヴェリズム 11】
黒神遊夜/神崎かるな
(角川コミックス・エース)

Amazon Kindle B☆W

【真の仲間じゃないと勇者のパーティーを追い出されたので、辺境でスローライフすることにしました 5】
池野雅博/ざっぽん
(角川コミックス・エース)

Amazon Kindle B☆W

【コードギアス 反逆のルルーシュ外伝 白の騎士 紅の夜叉 4】
曽我篤士/高橋びすい
(角川コミックス・エース)

Amazon Kindle B☆W

【コードギアス 復活のルルーシュ 1】
曽我篤士/高橋びすい
(角川コミックス・エース)

Amazon Kindle B☆W

【ひげを剃る。そして女子高生を拾う。 4】
しめさば/ぶーた
(角川コミックス・エース)

Amazon Kindle B☆W

【家庭教師のルルーシュさん 4】
漆魂
(角川コミックス・エース)

Amazon Kindle B☆W

【もし、恋が見えたなら 1】
七路ゆうき/みかみてれん
(角川コミックス・エース)

Amazon Kindle B☆W

【機動戦士ガンダム ジオンの再興 レムナント・ワン 1】
近藤和久
(角川コミックス・エース)

Amazon Kindle B☆W

【屍刀 シカバネガタナ 1】
瀬川はじめ
(角川コミックス・エース)

Amazon Kindle B☆W

【田舎のホームセンター男の自由な異世界生活 5】
うさぴょん/古来歩
(角川コミックス・エース)

Amazon Kindle B☆W

【氷菓 13】
タスクオーナ/米澤穂信
(角川コミックス・エース)

Amazon Kindle B☆W

【薬屋のひとりごと 7】
日向夏/ねこクラゲ
(ビッグガンガンコミックス)

Amazon Kindle B☆W

【ナイツ&マジック 13】
天酒之瓢/加藤拓弐
(ヤングガンガンコミックス)

Amazon Kindle B☆W

【現実主義勇者の王国再建記 6】
上田悟司/どぜう丸
(ガルドコミックス)

Amazon Kindle B☆W

【最果てのパラディン 6】
奥橋睦/柳野かなた
(ガルドコミックス)

Amazon Kindle B☆W

【望まぬ不死の冒険者 6】
中曽根ハイジ/丘野優
(ガルドコミックス)

Amazon Kindle B☆W

【月刊ビッグガンガン 2020 Vol.12】

Amazon Kindle B☆W

【月刊アクション2021年1月号】

Amazon Kindle B☆W

【アフタヌーン 2021年1月号】

Amazon Kindle B☆W

11月24日
【このライトノベルがすごい! 2021】
『このライトノベルがすごい!』編集部
(宝島社)

Amazon Kindle B☆W

11月21日
【じいさんばあさん若返る 2】
新挑限
(MFC)

Amazon Kindle B☆W

【はいふり 7】
阿部かなり/AAS
(MFコミックス アライブシリーズ)

Amazon Kindle B☆W

【戦翼のシグルドリーヴァ ノンスクランブル 1】
阿部かなり
(MFコミックス アライブシリーズ)

Amazon Kindle B☆W

【豚公爵に転生したから、今度は君に好きと言いたい 5】
fujy/合田拍子
(MFコミックス アライブシリーズ)

Amazon Kindle B☆W

【ガールズ&パンツァー リボンの武者 15】
野上武志/鈴木貴昭
(MFコミックス フラッパーシリーズ)

Amazon Kindle B☆W

【盾の勇者の成り上がり 17】
藍屋球/アネコユサギ
(MFコミックス フラッパーシリーズ)

Amazon Kindle B☆W

【死神様に最期のお願いをRE 4】
山口ミコト/古代甲
(ガンガンコミックスJOKER)

Amazon Kindle B☆W

【六畳一間の魔女ライフ 2】
秋タカ
(ガンガンコミックスJOKER)

Amazon Kindle B☆W

【ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 外伝 ソード・オラトリア 17】
大森藤ノ/矢樹貴
(ガンガンコミックスJOKER)

Amazon Kindle B☆W

【月刊ガンガンJOKER 2020年12月号】

Amazon Kindle B☆W

【まんが4コマぱれっと 2021年1月号】

Amazon Kindle B☆W

【リビティウム皇国のブタクサ姫 12】
佐崎 一路
(モーニングスターブックス)

Amazon Kindle B☆W

【ウォルテニア戦記 XVII】
保利亮太
(HJ NOVELS)

Amazon Kindle B☆W

【TOKYO異世界不動産 3軒め】
すずきあきら
(HJ NOVELS)

Amazon Kindle B☆W

【魔眼と弾丸を使って異世界をぶち抜く! 9】
かたなかじ
(HJ NOVELS)

Amazon Kindle B☆W

【食い詰め傭兵の幻想奇譚 15】
まいん
(HJ NOVELS)

Amazon Kindle B☆W

【ロード・エルメロイII世の事件簿 9 「case.冠位決議 (中)」】
三田 誠
(角川文庫)

Amazon

【友達以上探偵未満】
麻耶 雄嵩
(角川文庫)

Amazon Kindle B☆W

【遺跡発掘師は笑わない あの時代に続く空】
桑原 水菜
(角川文庫)

Amazon Kindle B☆W

【准教授・高槻彰良の推察 5.生者は語り死者は踊る】
澤村御影
(角川文庫)

Amazon Kindle B☆W

11月20日
【限界超えの天賦は、転生者にしか扱えない ―オーバーリミット・スキルホルダ― 1】
三上康明
(富士見ファンタジア文庫)

Amazon Kindle B☆W

【デート・ア・バレット 7 デート・ア・ライブ フラグメント】
東出祐一郎
(富士見ファンタジア文庫)

Amazon Kindle B☆W

【公女殿下の家庭教師 7.先導の聖女と北方決戦】
七野りく
(富士見ファンタジア文庫)

Amazon Kindle B☆W

【幼馴染の妹の家庭教師をはじめたら 2.怖かった幼馴染が可愛い】
すかいふぁーむ
(富士見ファンタジア文庫)

Amazon Kindle B☆W

【世界一かわいい俺の幼馴染が、今日も可愛い】
青季ふゆ
(富士見ファンタジア文庫)

Amazon Kindle B☆W

【君は彼方】
瀬名快伸
(富士見ファンタジア文庫)

Amazon Kindle B☆W

【豚公爵に転生したから、今度は君に好きと言いたい 10】
合田拍子
(富士見ファンタジア文庫)

Amazon Kindle B☆W

【幼馴染をフッたら180度キャラがズレた】
はむばね
(富士見ファンタジア文庫)

Amazon Kindle B☆W

【好きすぎるから彼女以上の、妹として愛してください。5】
滝沢慧
(富士見ファンタジア文庫)

Amazon Kindle B☆W

【史上最強の大魔王、村人Aに転生する 7.外なる神のピエロ】
下等妙人
(富士見ファンタジア文庫)

Amazon Kindle B☆W

【Only Sense Online 19 ―オンリーセンス・オンライン―】
アロハ座長
(富士見ファンタジア文庫)

Amazon Kindle B☆W

【淡海乃海 水面が揺れる時 〜三英傑に嫌われた不運な男、朽木基綱の逆襲〜 九】
イスラーフィール
(TOブックス)

Amazon Kindle B☆W

【没落予定の貴族だけど、暇だったから魔法を極めてみた 4】
三木なずな
(TOブックス)

Amazon Kindle B☆W

【異世界創造のすゝめ 2 〜スマホアプリで惑星を創ってしまった俺は神となり世界を巡る〜】
たまごかけキャンディー
(TOブックス)

Amazon Kindle B☆W

【悪役令嬢ですが攻略対象の様子が異常すぎる 2】
稲井田そう
(TOブックス)

Amazon Kindle B☆W

【ざまぁの後の王子様とわたし】
家具付
(TOブックス)

Amazon Kindle B☆W

【それをAIと呼ぶのは無理がある】
支倉 凍砂
(中央公論新社)

Amazon Kindle

【ぐらんぶる 16】
井上堅二/吉岡公威
(アフタヌーンKC)

Amazon Kindle B☆W

【てんぷる 4】
吉岡公威
(アフタヌーンKC)

Amazon Kindle B☆W

【グラゼニ〜パ・リーグ編〜 10】
足立金太郎/森高夕次
(モーニングKC)

Amazon Kindle B☆W

【この会社に好きな人がいます 5】
榎本あかまる
(モーニングKC)

Amazon Kindle B☆W

【ハコヅメ〜交番女子の逆襲〜 15】
泰三子
(モーニングKC)

Amazon Kindle B☆W

【マリアージュ〜神の雫 最終章〜 25】
オキモト・シュウ/亜樹直
(モーニングKC)

Amazon Kindle B☆W

【刷ったもんだ! 2】
染谷みのる
(モーニングKC)

Amazon Kindle B☆W

【半沢直樹 4】
池井戸潤/フジモトシゲキ
(モーニングKC)

Amazon Kindle B☆W

【神呪のネクタール 10】
吉野弘幸/佐藤健悦
(チャンピオンREDコミックス)

Amazon Kindle B☆W

【少年マガジンR 2020年12号】

Kindle B☆W

11月19日
【ゲート SEASON2 5. 回天編 自衛隊 彼の海にて、斯く戦えり】
柳内たくみ
(アルファポリス)

Amazon Kindle B☆W

【無限のスキルゲッター! 〜毎月レアスキルと大量経験値を貰っている僕は、異次元の強さで無双する〜】
まるずし
(アルファポリス)

Amazon Kindle B☆W

【とあるおっさんのVRMMO活動記 22】
椎名ほわほわ
(アルファポリス)

Amazon Kindle B☆W

【いずれ最強の錬金術師? 8】
小狐丸
(アルファポリス)

Amazon Kindle B☆W

【異世界召喚されたら無能と言われ追い出されました。 4 〜この世界は俺にとってイージーモードでした〜】
WING
(アルファポリス)

Amazon Kindle B☆W

【神に愛された子 5】
鈴木カタル
(アルファポリス)

Amazon Kindle B☆W

【間違い召喚! 2 追い出されたけど上位互換スキルでらくらく生活】
カムイイムカ
(アルファポリス)

Amazon Kindle B☆W

【超越者となったおっさんはマイペースに異世界を散策する 7】
神尾優
(アルファポリス)

Amazon Kindle B☆W

【変わり者と呼ばれた貴族は、辺境で自由に生きていきます 3】
塩分不足
(アルファポリス)

Amazon Kindle B☆W

【のんびりVRMMO記 10】
まぐろ猫@恢猫
(アルファポリス)

Amazon Kindle B☆W

【ゲート SEASON2 1.抜錨編 (上)自衛隊 彼の海にて、斯く戦えり】
柳内たくみ
(アルファライト文庫)

Amazon

【ゲート SEASON2 1.抜錨編 (下)自衛隊 彼の海にて、斯く戦えり】
柳内たくみ
(アルファライト文庫)

Amazon

【かぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦〜20】
赤坂アカ
(ヤングジャンプコミックス)

Amazon Kindle B☆W

【リアル 15】
井上雄彦
(ヤングジャンプコミックス)

Amazon Kindle B☆W

【亜人ちゃんは語りたい 9】
ペトス
(ヤンマガKCスペシャル)

Amazon Kindle B☆W

【オカルトちゃんは語れない 4】
ペトス/橋本カヱ
(ヤンマガKCスペシャル)

Amazon Kindle B☆W

【グレイプニル 9】
武田すん
(ヤンマガKCスペシャル)

Amazon Kindle B☆W

【サバゲっぱなし 7】
坂崎ふれでぃ
(サンデーGXコミックス)

Amazon Kindle B☆W

【ディオサの首 2】
伊藤明弘
(サンデーGXコミックス)

Amazon Kindle B☆W

【任侠転生-異世界のヤクザ姫- 3】
宮下裕樹/夏原武
(サンデーGXコミックス)

Amazon Kindle B☆W

【煩悩☆西遊記 1】
クリスタルな洋介
(サンデーGXコミックス)

Amazon Kindle B☆W

【まんがタイムきららMAX 2020年12月号】

Amazon Kindle B☆W

【月刊サンデーGX 2020年12月号】

Amazon Kindle B☆W

11月18日
【友人キャラは大変ですか? 10】
伊達 康
(ガガガ文庫)

Amazon Kindle B☆W

【結婚が前提のラブコメ 3】
栗ノ原草介
(ガガガ文庫)

Amazon Kindle B☆W

【ハル遠カラジ 4】
遍 柳一
(ガガガ文庫)

Amazon Kindle B☆W

【史上最強オークさんの楽しい種付けハーレムづくり 4】
月夜 涙
(ガガガ文庫)

Amazon Kindle B☆W

【100人の英雄を育てた最強予言者は、冒険者になっても世界中の弟子から慕われてます 3】
あまうい白一
(ガガガブックス)

Amazon Kindle B☆W

【北海道の現役ハンターが異世界に放り込まれてみた 3】
ジュピタースタジオ
(ガガガブックス)

Amazon Kindle B☆W

【ロメリア戦記 〜魔王を倒した後も人類やばそうだから軍隊組織した〜 2】
有山リョウ
(ガガガブックス)

Amazon Kindle B☆W

【君は008 11】
松江名俊
(少年サンデーコミックス)

Amazon Kindle B☆W

【名探偵コナン 警察学校編(上)】
青山剛昌/新井隆広
(少年サンデーコミックス)

Amazon Kindle B☆W

【天野めぐみはスキだらけ! 22】
ねこぐち
(少年サンデーコミックス)

Amazon Kindle B☆W

【ウルトラジャンプ 2020年12月号】

Amazon Kindle B☆W

11月17日
【化物語 11】
西尾維新/大暮維人
(KCデラックス)

Amazon Kindle B☆W

【化物語 11 特装版】
西尾維新/大暮維人
(KCデラックス)

Amazon Kindle B☆W

【カッコウの許嫁 4】
吉河美希
(講談社コミックス)

Amazon Kindle B☆W

【カノジョも彼女 3】
ヒロユキ
(講談社コミックス)

Amazon Kindle B☆W

【ダイヤのA act2 24】
寺嶋裕二
(講談社コミックス)

Amazon Kindle B☆W

【炎炎ノ消防隊 26】
大久保篤
(講談社コミックス)

Amazon Kindle B☆W

【彼女、お借りします 18】
宮島礼吏
(講談社コミックス)

Amazon Kindle B☆W

【獣の六番 1】
永椎晃平
(講談社コミックス)

Amazon Kindle B☆W

【少年マガジンエッジ 2020年12月号】

Amazon Kindle B☆W

【リアリスト魔王による聖域なき異世界改革 IV】
羽田遼亮
(電撃の新文芸)

Amazon Kindle B☆W

【その色の帽子を取れ -Hackers' Ulster Cycle-】
梧桐 彰
(電撃の新文芸)

Amazon Kindle B☆W

【外面だけは完璧なコミュ障冒険者、Sランクパーティーでリーダーになる(上)】
とまとすぱげてぃ
(電撃の新文芸)

Amazon Kindle B☆W

11月16日
【ヘルモード 〜やり込み好きのゲーマーは廃設定の異世界で無双する〜 2】
ハム男
(アース・スターノベル)

Amazon Kindle B☆W

【追放されたお荷物テイマー、世界唯一のネクロマンサーに覚醒する 〜ありあまるその力で自由を謳歌していたらいつの間にか最強に〜 2】
すかいふぁーむ
(アース・スターノベル)

Amazon Kindle B☆W

【戦姫アリシア 婚約破棄してきた王太子に渾身の右ストレート叩き込んだ公爵令嬢のはなし】
mery
(アース・スターノベル)

Amazon Kindle B☆W

【冒険者ギルドのチート経営改革 魔神に育てられた事務青年、無自覚支援で大繁盛 1】
ハーーナ殿下
(アース・スターノベル)

Amazon Kindle B☆W

【マージナル・オペレーション改 10】
芝村 裕吏
(星海社FICTIONS)

Amazon

【2020年のゲーム・キッズ →その先の未来】
渡辺 浩弐
(星海社FICTIONS)

Amazon Kindle

【ぼんくら陰陽師の鬼嫁 1】
秋田みやび/遠野由来子
(ボニータ・コミックス)

Amazon Kindle B☆W

【異世界狙撃手は女戦士のモフモフ愛玩動物 2】
光永康則/いのまる
(YKコミックス)

Amazon Kindle B☆W

【月刊ヤングキングアワーズGH 2021年1月号】

Amazon Kindle B☆W

11月14日
【おいしいベランダ。 あの家に行くまでの9ヶ月】
竹岡 葉月
(富士見L文庫)

Amazon Kindle B☆W

【探偵はサウナで謎をととのえる】
吉岡 梅
(富士見L文庫)

Amazon Kindle B☆W

【菓匠風月 〜深夜霊時の夢菓房〜】
真鍋 卓
(富士見L文庫)

Amazon Kindle B☆W

【ジギタリスの女王に忠誠を 修道院の王位継承者】
仲村 つばき
(富士見L文庫)

Amazon Kindle B☆W

11月13日
【ダンジョンおじさん 1】
広路なゆる
(サーガフォレスト)

Amazon Kindle B☆W

【宮廷魔法師クビになったんで、田舎に帰って魔法科の先生になります 3】
世界るい
(サーガフォレスト)

Amazon Kindle B☆W

11月12日
【天才王子の赤字国家再生術 8 ~そうだ、売国しよう~】
鳥羽徹
(GA文庫)

Amazon Kindle B☆W

【やたらと察しのいい俺は、毒舌クーデレ美少女の小さなデレも見逃さずにぐいぐいいく 2】
ふか田さめたろう
(GA文庫)

Amazon Kindle B☆W

【邪神官に、ちょろい天使が堕とされる日々 2】
千羽十訊
(GA文庫)

Amazon Kindle B☆W

【週4で部屋に遊びにくる小悪魔ガールはくびったけ!】
九曜
(GA文庫)

Amazon Kindle B☆W

【パワー・アントワネット】
西山暁之亮
(GA文庫)

Amazon Kindle B☆W

【尽くしたがりなうちの嫁についてデレてもいいか?】
斧名田マニマニ
(GA文庫)

Amazon Kindle B☆W

【ゴブリンスレイヤー外伝 2 鍔鳴の太刀《ダイ・カタナ》 中】
蝸牛くも
(GAノベル)

Amazon Kindle B☆W

【転生賢者の異世界ライフ 7 〜第二の職業を得て、世界最強になりました〜】
進行諸島
(GAノベル)

Amazon Kindle B☆W

【結婚するって、本当ですか 2】
若木民喜
(ビッグコミックス)

Amazon Kindle B☆W

【舞妓さんちのまかないさん 15】
小山愛子
(少年サンデーコミックス〔スペシャル〕)

Amazon Kindle B☆W

【ピーター・グリルと賢者の時間 7】
檜山大輔
(アクションコミックス)

Amazon Kindle B☆W

【巴マミの平凡な日常 8】
あらたまい
(まんがタイムKRコミックス)

Amazon Kindle B☆W

【月刊少年ガンガン 2020年12月号】

Amazon Kindle B☆W

【まんがタイムきららフォワード 2020年12月号】

Amazon Kindle B☆W

【ゲッサン 2020年12月号】

Amazon

11月10日
【艦隊これくしょん -艦これ- 海色のアルトサックス 1】
柚木 ガオ
(角川コミックス・エース)

Amazon Kindle B☆W

【創約 とある魔術の禁書目録 3】
鎌池和馬
(電撃文庫)

Amazon B☆W

【キノの旅 XXIII the Beautiful World】
時雨沢恵一
(電撃文庫)

Amazon Kindle B☆W

【三角の距離は限りないゼロ 6】
岬 鷺宮
(電撃文庫)

Amazon Kindle B☆W

【日和ちゃんのお願いは絶対 2】
岬 鷺宮
(電撃文庫)

Amazon Kindle B☆W

【声優ラジオのウラオモテ #03 夕陽とやすみは突き抜けたい?】
二月 公
(電撃文庫)

Amazon Kindle B☆W

【ちっちゃくてかわいい先輩が大好きなので一日三回照れさせたい 2】
五十嵐雄策
(電撃文庫)

Amazon Kindle B☆W

【吸血鬼に天国はない 4】
周藤 蓮
(電撃文庫)

Amazon Kindle B☆W

【少女願うに、この世界は壊すべき 2】
小林湖底
(電撃文庫)

Amazon Kindle B☆W

【桃瀬さん家の百鬼目録】
日日日/ゆずはらとしゆき/SOW/森崎亮人
(電撃文庫)

Amazon Kindle B☆W

【となりの彼女と夜ふかしごはん 〜腹ペコJDとお疲れサラリーマンの半同棲生活〜】
猿渡かざみ
(電撃文庫)

Amazon Kindle B☆W

【百合に挟まれてる女って、罪ですか?】
みかみてれん
(電撃文庫)

Amazon Kindle B☆W

【妹の好きなVtuberが実は俺だなんて言えない】
芦屋六月
(電撃文庫)

Amazon Kindle B☆W

【エージェントが甘えたそうに君を見ている。】
殻半ひよこ
(電撃文庫)

Amazon Kindle B☆W

【白百合さんかく語りき。】
今田ひよこ
(電撃文庫)

Amazon Kindle B☆W

【オールラウンダーズ!! 転生したら幼女でした。家に居づらいのでおっさんと冒険に出ます】
サエトミユウ
(カドカワBOOKS)

Amazon Kindle B☆W

【悪役令嬢は今日も華麗に暗躍する 追放後も推しのために悪党として支援します!】
道草 家守
(カドカワBOOKS)

Amazon Kindle B☆W

【無敵の万能要塞で快適スローライフをおくります 3 ~フォートレス・ライフ~】
鈴木 竜一
(カドカワBOOKS)

Amazon Kindle B☆W

【実質大賢者 ゲーム知識とDIYスキルで辺境スローライフを送っていたら、いつの間にか伝説の大賢者と勘違いされていた件】
謙虚なサークル
(カドカワBOOKS)

Amazon Kindle B☆W

【君は死ねない灰かぶりの魔女 II】
ハイヌミ
(カドカワBOOKS)

Amazon Kindle B☆W

【勇者?賢者?いえ、はじまりの街の《見習い》です 3 なぜか仲間はチート級】
伏(龍)
(カドカワBOOKS)

Amazon Kindle B☆W

【最強の鑑定士って誰のこと? 11 〜満腹ごはんで異世界生活〜】
港瀬つかさ
(カドカワBOOKS)

Amazon Kindle B☆W

【デスマーチからはじまる異世界狂想曲 21】
愛七ひろ
(カドカワBOOKS)

Amazon Kindle B☆W

【本好きの下剋上ふぁんぶっく 5】
香月美夜
(TOブックス)

Kindle B☆W

【異世界に転移したら山の中だった。反動で強さよりも快適さを選びました。2】
じゃがバター
(ツギクルブックス)

Amazon Kindle B☆W

【王妃になる予定でしたが、偽聖女の汚名を着せられたので逃亡したら、皇太子に溺愛されました。そちらもどうぞお幸せに。】 糸加
(ツギクルブックス)

Amazon Kindle B☆W

【身体は児童、中身はおっさんの成り上がり冒険記3】
力水
(ツギクルブックス)

Amazon Kindle B☆W

11月9日
【ネガくんとポジちゃん 2】
森田俊平
(ドラゴンコミックスエイジ)

Amazon Kindle B☆W

【きょうも黒咲さんのターン! 2】
あゆか
(ドラゴンコミックスエイジ)

Amazon Kindle B☆W

【双穹の支配者 1 この世の半分を支配する! ハズレチートで異世界を救え!!】
赤衣丸歩郎
(KCデラックス)

Amazon Kindle B☆W

【転生したら第七王子だったので、気ままに魔術を極めます 1】
石澤庸介/謙虚なサークル
(KCデラックス)

Amazon Kindle B☆W

【目黒さんは初めてじゃない 5】
9℃
(KCデラックス)

Amazon Kindle B☆W

【オレと邪神と魔法使いの女の子 3】
小原ヨシツグ
(シリウスKC)

Amazon Kindle B☆W

【よくわからないけれど異世界に転生していたようです 3】
内々けやき/あし
(シリウスKC)

Amazon Kindle B☆W

【嫁いできた嫁が愛想笑いばかりしてる 1】
マツモトケンゴ
(シリウスKC)

Amazon Kindle B☆W

【今まで一度も女扱いされたことがない女騎士を女扱いする漫画 6】
マツモトケンゴ
(シリウスKC)

Amazon Kindle B☆W

【人外姫様、始めました 〜Free Life Fantasy Online〜 2】
園原アオ/割田コマ
(シリウスKC)

Amazon Kindle B☆W

【UQ HOLDER! 24】
赤松健
(講談社コミックス)

Amazon Kindle B☆W

【イジらないで、長瀞さん 9 特装版】
ナナシ
(講談社コミックス)

Amazon Kindle

【イジらないで、長瀞さん 9】
ナナシ
(講談社コミックス)

Amazon Kindle B☆W

【ヒロインは絶望しました。5】
千田大輔
(講談社コミックス)

Amazon Kindle B☆W

【別冊少年マガジン 2020年12月号】

Amazon Kindle B☆W

【まんがタイムきらら 2020年11月号】

Amazon Kindle B☆W

【月刊コミックフラッパー 2020年12月号】

Amazon Kindle B☆W

【ドラゴンエイジ 2020年12月号】

Amazon Kindle B☆W

11月7日
【うちの奴隷が明るすぎる 2】
ぶしやま
(ガンガンコミックスUP!)

Amazon Kindle B☆W

【そうだ、売国しよう〜天才王子の赤字国家再生術〜2】
鳥羽徹/えむだ
(ガンガンコミックスUP!)

Amazon Kindle B☆W

【友達の妹が俺にだけウザい 2】
三河ごーすと/トマリ
(ガンガンコミックスUP!)

Amazon Kindle B☆W

【good!アフタヌーン 2020年12号】

Amazon Kindle

11月6日
【デスティニーラバーズ 2】
智弘カイ/カズタカ
(KCデラックス)

Amazon Kindle B☆W

【サタノファニ 15】
山田恵庸
(ヤンマガKCスペシャル)

Amazon Kindle B☆W

【なんでここに先生が!? 11】
蘇募ロウ
(ヤンマガKCスペシャル)

Amazon Kindle B☆W

【パラレルパラダイス 12】
岡本倫
(ヤンマガKCスペシャル)

Amazon Kindle B☆W

【女神のスプリンター 5】
原田重光/かろちー
(ヤンマガKCスペシャル)

Amazon Kindle B☆W

【うららのパンツは店長を困らせる 1】
saku
(まんがタイムコミックス)

Amazon Kindle B☆W

【大家さんは思春期! 13】
水瀬るるう
(まんがタイムコミックス)

Amazon Kindle B☆W

【ヤングマガジン サード 2020年 Vol.12】

Amazon Kindle B☆W

【大正野球娘。3.帝都たこ焼き娘。】
神楽坂 淳
(小学館文庫)

Amazon Kindle B☆W

11月5日
【ダイブ・イントゥ・ゲームズ 2 電子の海で出会った仲間たち】
佐嘉 二一
(レジェンドノベルス)

Amazon Kindle B☆W

【斥候が主人公でいいんですか? 失敗しらずの迷宮攻略】
神門 忌月
(レジェンドノベルス)

Amazon Kindle B☆W

【もぐら少女のダンジョン攻略記】
黒喪 ぐら
(レジェンドノベルス)

Amazon Kindle B☆W

【不死鳥への転生 3 ドラゴン倒せるって普通の鳥じゃないよね?】
shiryu
(ドラゴンノベルス)

Amazon Kindle B☆W

【ダンジョンだらけの異世界に転生したけど僕の恩恵が最難関ダンジョンだった件】
まるせい
(ドラゴンノベルス)

Amazon Kindle B☆W

【黒檻の探索者 『吸収/成長』の魔剣と死の巫女の謎】
迷井豆腐
(ドラゴンノベルス)

Amazon Kindle B☆W

【絵筆の召喚術師 2 〜神絵師が描いたら何でも具現化できました〜】
真波 潜
(ドラゴンノベルス)

Amazon Kindle B☆W

【世界に復讐を誓った少年 〜ある暗黒魔術師の聖戦記〜】
やま
(BKブックス)

Amazon Kindle

【悪徳領主の息子に転生!? 〜楽しく魔法を学んでいたら、汚名を返上してました〜】
米津
(BKブックス)

Amazon Kindle

【トランスヒューマンガンマ線バースト童話集】
三方 行成
(ハヤカワ文庫JA)

Amazon Kindle B☆W

【万博聖戦】
牧野 修
(ハヤカワ文庫JA)

Amazon Kindle B☆W

【ヤングキングアワーズ 2020年12月号】

Amazon Kindle B☆W

11月4日
【瀧夜叉姫 陰陽師絵草子 一】
伊藤勢/夢枕獏
(ヒューコミックス)

Amazon Kindle B☆W

【であいもん 10】
浅野りん
(角川コミックス・エース)

Amazon Kindle B☆W

【ヒーロー探偵ニック 1】
座紀 光倫
(角川コミックス・エース)

Amazon Kindle B☆W

【君は死ねない灰かぶりの魔女 1】
楓月誠/ハイヌミ
(角川コミックス・エース)

Amazon Kindle B☆W

【地獄くらやみ花もなき 2】
路生よる/藤堂流風
(角川コミックス・エース)

Amazon Kindle B☆W

【反抗できない!いばらちゃん 1】
藤原 あおい
(角川コミックス・エース)

Amazon Kindle B☆W

【夫婦以上、恋人未満。5】
金丸祐基
(角川コミックス・エース)

Amazon Kindle B☆W

【理想のヒモ生活 10】
日月ネコ/渡辺恒彦
(角川コミックス・エース)

Amazon Kindle B☆W

【ひぐらしのなく頃に 業 1】
竜騎士07/07th Expansion/赤瀬とまと
(角川コミックス・エース)

Amazon Kindle B☆W

【Dr.STONE 18】
稲垣理一郎/Boichi
(ジャンプコミックス)

Amazon Kindle B☆W

【Z/X Code reunion 3】
浦畑達彦/藤真拓哉
(ジャンプコミックス)

Amazon Kindle B☆W

【チェンソーマン 9】
藤本タツキ
(ジャンプコミックス)

Amazon Kindle B☆W

【ド級編隊エグゼロス 11】
きただりょうま
(ジャンプコミックス)

Amazon Kindle B☆W

【ボーンコレクション 2】
雲母坂盾
(ジャンプコミックス)

Amazon Kindle B☆W

【ボクとキミの二重探偵 2】
辺天使/津田穂波
(ジャンプコミックス)

Amazon Kindle B☆W

【怪物事変 12】
藍本松
(ジャンプコミックス)

Amazon Kindle B☆W

【灼熱のニライカナイ 1】
田村隆平
(ジャンプコミックス)

Amazon Kindle B☆W

【双星の陰陽師 23】
助野嘉昭
(ジャンプコミックス)

Amazon Kindle B☆W

【憂国のモリアーティ 13】
竹内良輔/三好輝
(ジャンプコミックス)

Amazon Kindle B☆W

【ヤングエース 2020年12月号】

Amazon Kindle B☆W

【ジャンプSQ. 2020年12月号】

Amazon Kindle B☆W

【村づくりゲームのNPCが生身の人間としか思えない 03】
昼熊
(エンターブレイン)

Amazon Kindle B☆W


Categories
最新コメント

Archives
記事検索
タグ絞り込み検索