去年に引き続き、野球のプレーオフは素晴らしい試合を繰り広げている。
これがなかなか複雑な心境だ。
個人的にはロッテを応援したいのだが、阪神ファンとしては二年前の屈辱を晴らすためにもソフトバンクに勝ち抜いてほしい。そして1野球ファンとして、二年連続リーグ1位を取りながら二年連続でソフトバンクが日本シリーズに出場できないのはどうなんだろう、という気持ちがある。
一方で、これほど素晴らしい試合を繰り広げた結果なら納得して受け入れられるような気もしてきて、とにかく複雑な心境だ。
だがその納得できるかもという気持ちも、単にソフトバンクのファンじゃないからなのだろう。阪神が同じ事になったらとてもじゃないが憤懣が募るばかりのような気がする。
やはり、プレーオフはこのまま続けるにしろ相当のハンデはつけた方がいいんじゃないだろうか。首位と二位のチームにアドバンテージが生じるのが5ゲーム差以上からというのはちょっとどうかと思う。

今後、このプレーオフ制度はセ・リーグでも導入されるというが、紛糾は必至だ。多分、えらいことになるぞ。