インタビュー中の「〜はどうでしたか」などの質問に対して、主語を飛ばして「は、〜でした」と答えるフィギュアスケートの織田信成選手。
「何々は何々だったので何々でした」と答えるのが通常の応対なのだろうが、この織田選手はいきなり主語の何々はを飛ばして「はー、何々だったので、何々でしたー」ときた。
その口癖って。
おおっ、まるで織田信長の口癖「で、あるか」みたいじゃないか!

妙なところで、さすがは信長の子孫、とか思ってしまった。


とまあ、予断はおいておいて。
フィギュアスケートは男子も面白いなあと思うのですよ。どうしてフィギュア選手の男ってのは、ああも色っぽいのやら。
格好いいし。
高橋選手のステップは、今期に入ってさらに切れが増してるようで。
見惚れちゃうんだよなあ、どうしても。男なのに。
素敵だ。