リーダさん可愛いよ可愛いよ、とか身悶えしながらリーダさんSSを書いてると、心底駄目になった気がする今日この頃。
でも、リーダさん可愛いんだよもん。

しかし、あれですなあ。物書きって、書いてるときに自分が天才じゃないのかと思う瞬間がないと絶対続けてられないもんじゃないのかなあ、と折に触れて思ってしまう。
オレ、天才? もしかして天才?

で、あとで自分の文章を見て心底自己嫌悪に陥ると。
この繰り返し。浮沈の繰り返し。
人間、思いあがらなきゃ他人に自分の書いたものなんか見せられるわけがないし、だからといって自惚れてるだけじゃあ恥ずかしい思いをするだけだ。
最初から醒めた目で自分の書くものを見つめてたら、伸びるものも伸びないし。この振幅は大事なんじゃないのかなあ。