2007年上半期ライトノベルサイト杯 投票結果

遅ればせながら。

自分でも投票しておいてなんだけど、新人部門で【声で魅せてよベイビー】が三番目に入ったのには吃驚。いや、票を投じた身としては嬉しい限りだし、上位に来ておかしくない作品だったのですけど、知名度は低いと思っていただけに、吃驚吃驚。
これを機会に手をとってくださる人が増えればいいんですけどねえ。ほんと、とっても気持ちの良い青春恋愛譚ですから。

新人部門、上位は概ね読了してますね。上の二つは、概ね予想通りの並びですか。
中村九郎さんって、こんなに受け入れられてたのかー。自分はダメ。全然受け付けませんでした。
意外だったのが、冲方さんの【スプライト・シュピーゲル】の位置が随分と低かったところ。陥穽にはまったのかなあ。

シリーズ部門の上位も概ね読了。ただ【レジンキャストミルク】と【戦う司書】シリーズは趣味に合わず、途中で放り出した口か。
【バカとテストと召喚獣】、これは面白かったのは間違いないけど、トップくるとはなあ、意外意外。でも 2chライトノベル板大賞でも上位に来てるので、ウケ良かったんだなあ。

新規開拓、という意味では前回の文学少女みたいに目につくモノは見当たらず。まあ、自分がそれだけたくさん広く読んでるっちうことなんでしょうけど。ほんとに、だいたい読んでるもんなあ(汗

ならば少女レーベル系で、なにか新規開拓できそーなのは、と探してみたんだけど、流血女神伝はもはや信者でずっと読んでるし、ダナーク村も読んでる。身代わりも手を出してるし、樹川さとみや高殿円も鉄板。
と、わりと上の方に顔を出してる作品は、やっぱりけっこう読んでて色々な意味で愕然。
とはいえ、読んでないのもあるわけで、その中でちょっと興味そそられたのが【エパタイ・ユカラ~愚者の闇】と【ビジュアル7】の二作かな。これ、ちょっと買ってみる。