週末はどうしても忙しい&ぐったり、なのでゲームまで手が回らず、数日ぶりにSC起動。

ツァイスの各地に地震の測定器を設置する途中、カルデア隧道でアガットとアネラスさんのチームと偶然遭遇。どうやら二人は空賊団と特務隊残党の足取りを追っているらしい。ここで、ティータの反応がかわいいなあもう! 久々にアガットに会えてうれしくて仕方ないのに、隣にいたアネラスさんを恋人と勘違いして落ち込むティータ。すぐに勘違いだと教えられて元気を取り戻すんだけど、やっぱりかわいいなあ。ヨシュアとの一件で前はてんで鈍かった恋愛関係にもようやく年頃の女の子らしい感性を得たらしいエステルは、ティータの気持ちに気づいた様子。いや、前作の段階で気づいておけよ、と思わないでもないが、前は鈍かったからなあ、本当にこの娘は。

三か所目のレイストン要塞では、作戦本部長となって帰還していたエステルパパに再会。いやー、おちゃらけた人だけど、この人がTOPにいると軍に対しての信頼感が段違い。何かあったらすぐに軍に頼れそうである。
やはりシード中佐はカシウスに目をかけられているらしく、自分の後を任せる相手と認識している模様。

ツァイス市に戻り、ラッセル博士に測定器の設置を報告にいったところ、ちょうどレイストン要塞で地震が発生。幸い、カシウス准将が事前に地震への対策をとっていたため被害は殆ど出ずに済む。解析の結果、地震発生のメカニズムが判明。どうやらこれは【地震兵器】による人工的な地震であるという。そして、地震兵器の設置場所はエルモ温泉という事実も明らかに。
もちろん、エステルたちはエルモ温泉郷に直行!
とはいかずに、紅蓮の塔に寄り道して、アイテムを収集。

改めて、エルモ温泉郷へ!!