学園闘争

ボース市から再びルーアン市に戻る途中、ジャニス王立学園に立ち寄るべくヴェスタ林道に入ったところ、突然悲鳴が。
学園でも有数のサボリ魔のあのミック君が、結社の装甲獣に追われてるじゃないか。
ミック、旧校舎でも魔獣に襲われてたし、そういう役回りなのか?
間一髪割って入り、装甲獣を撃退して話を聞くと、なんと学園に結社の強化猟兵が襲来したというのだ。
ギルドに連絡して、王国軍にも通報したものの軍は早急には動けない模様。基本装備の導力銃ですら使用不能の状態では、たとえ軍が救援に来てもろくに役に立たないだろう。
ここは白兵戦に長けたブレイザーの出番、なのだが。
待機していた仲間も呼び寄せて様子をうかがうものの、林道は大型機械人形が封鎖し、学園内には猟兵と装甲獣が周回している。
こりゃあ、完全占領状態だ。
中の様子を探ろうにも、近づくことすらできない。
ここで、ヨシュアが単独での潜入を提案する。隠密活動に長けたヨシュアなら、敵状把握、学園内や人質の様子を探ってこられるだろうが……危険なのは間違いない。
だが、エステルは敢えてヨシュアの単独行動を許可する。いいなあ、ここ。危険と分かってても泰然と愛しい人を送り出せるのは、相手を信頼している証拠。
いつでもどこまでも一緒に行動するだけが愛情ではないわけだ。ヨシュアとの別離を経験する前のエステルだったらどうだろう。たとえ、最終的にはヨシュアを送り出したとしても、心のうちにモヤモヤとしたものを残すことになったのじゃないだろうか。
待てる女になったんだなあ。シェラ姉じゃないけど、イイ女になったぜ、まったく。
二人の関係は、さらに深く固く結びついていっていることが伺える一幕だった。

しかし、導力が完全に停止している中で、機械人形や銃を使用している結社は、いったいどんなからくりを使ってるんだ?
中央工房の技師の話では、ラッセル博士の零力場発生器は機構が複雑すぎて量産化は不可能じゃないかと言ってたんだが、結社は、同じ理論に基づいたシステムを構築していて、すでに機構の簡素化に成功しているのか、それとも、まったく別の停止現象を無効化する理論を実現させているのか。

軽々と壁をとび越え、潜入に成功するヨシュア。こいつ、本気で凄いな。ヨシュア一人だと、普段の移動も段差とか関係なく動けそうで一度やってみたいんだが(笑
屋内の様子などを探っていると、学園長室で学園長と対峙する……ぎ、ギルバート発見。こいつ、まだ結社にいたのか。というか、結社もいい加減首にしろよ、こいつ。無駄飯ぐらいなんだし。意外と無能に優しい組織なのか? って、首謀者はギルバートなのか? おいおい、こんなやつになに重要な役目担わせてるんだ、結社。遊びなのか? 遊んでるのか?
学園占領の目的は、王国に更なる混乱をもたらすことと、クローディア姫か。どうやらギルバートはクローゼが姫であるのは知らないみたいだな。
と、そういや学園でも一部の人間しか知らないんだった。孤児院の先生も知らないみたいだし、かなり厳重に情報管理されてたんだなあ。
しかし、ギルバート君。クローゼ、今学園にはいないんですけど……。やることなすこと間抜けだな、こいつは。

本館の教室で人質になっている生徒の中で、ジルとハンスを発見。無事にコンタクトに成功する。しかし、見張りもちゃんと立ててないとは、ザルだな。
二人にギルドが救出態勢に入っていることを知らせ、人質になっている教職員と生徒の名前を教えてもらう。
うわっ、かなり多いな。27人? おおっ、フラッセお嬢もいるじゃないか。お見合い終わって学園に戻ってたのか。

潜入から戻ったヨシュアと作戦を協議するエステルたちだったが、相手はアーツ使いたい放題、これはかなり厳しい状況。数もそこそこ多いし、作戦は正面からの誘導と別動隊による学園内の侵入……って、これエルベ離宮の人質解放作戦とほぼパターン一緒だな。
でも、エステルたちだけではこの作戦を実行するには人数が足りない。
足りなければ増やせばいい。ヒーローはここぞというときやってくる。相変わらず絶妙なタイミングでしか登場しないこの人たち。アネラスさんたち四人組み登場(笑
作戦は正面6人、裏手4人に。組みわけは、裏手から潜入する組に短い間だけど学園に通って内部の地理を把握しているエステルとヨシュア。ここでアネラスさんが手をあげ、前衛三人のサポートに方術使いのクルツさんが参加。
クルツさんと一緒に戦うのは初めてだ。いいところのないクルツさん、面目躍如して欲しいところですけどw

ところでカルナさん。得物が導力銃な貴女大丈夫なんですか?
と、もっともな疑問がアガットから出されたカルナさんが、ナチュラルに取り出したのは……ご、ごっついな(汗 やたらとでかい鉄の塊。
ラインフォルト社製の火薬式アサルトライフル……って、姐さん、それって前より武装強化されてませんか!?
かすっただけで頭蓋が吹き飛びそうな銃なんですけど、それ。

ギルドによる学園解放作戦開始。
って、いきなり林道を封鎖している人形兵器めがけて、正面からアサルトライフルとガトリングガンをフルバースト、恐ろしい勢いで銃弾を乱射するカルナさんとティータ。
派手にもほどがある。あわよくば正面から本気で突破するつもりだな。というか、単に撃ちまくるの楽しんでないか二人とも(笑

文字通りの銃弾の弾幕に薙ぎ払われる人形兵器。この猛攻に結社の猟兵たちが慌てる間に、エステルたちは旧校舎側からの潜入にまんまと成功。
クラブハウスで先生方を救出。本館に突入して廊下を警備している猟兵を制圧し、学園長と受付のファウナさんの救出に成功。
やはりギルバートはクローゼのことを探しているらしい。誰が姫君なのかは分かっていないので、他の女生徒にとばっちりがいくかもしれないので気をつけてほしいと学園長に頼まれる。
とばっちり、ねえ………うわぁ、なんかひとり思いっきりお姫様っぽい喋り方の女生徒がいるのに気づいたんですけど。
だ、大丈夫かフラッセお嬢。
引き続いて本館に捉われていた生徒たちを解放。ジルとハンスも無事。あれ? フラッセお嬢のお付きのレイナさん、こっちにいたのか。となると、フラッセ一人?

しかし、アネラスさんは相変わらず言動が明るく跳ね返ってて楽しいなあ。レギュラーなりましょうよ、レギュラー。うちのメンバー、脳内ハレルヤなタイプ、オリビエだけなんですよー。
……一人いれば十分、という説もありますが。

女子寮で無事フラッセ含め、三人の女生徒を解放。なんだ、別にフラッセ、大変なことにはなってなかったなww
しかし、まだレイナさんと喧嘩したままだったのか。
全部の施設を解放し、あらかた人質を救出した直後、旧校舎の方から悲鳴が。あれ? 勘違いされたのフラッセじゃなかったのか。そういえば、フラッセって帝国人なんだけど、外見的に一目でリベール人と違うとわかるくらい容姿に違いがあるんだろうか。

旧校舎に入ると、そこにはリチェル、クローゼの後輩の女の子を人質にするギルバートが。
ほんとにこいつは……存在自体が笑えるな(爆笑
どうやら姫がフェンシング部所属で細剣の使い手という情報は入手していたらしい。そこまで情報集めながら、なぜクローゼだと気付かないんだろう。
アネラスさんの的確かつ痛いところを突いて突いて突きまくるツッコミに、逆ギレしだすギルバート。しまいには、状況もわきまえず人質を傷つけようとする。

こういう大ピンチの時に毎度のごとくさっそうと現れる人がいましたねえ。
人じゃなくて鳥か。
あなた、毎度毎度美味しいところかっさらいすぎ!
どこからともなく真白い閃光が天よりひらめき、隼ジークここに参上(笑
ジークに吹っ飛ばされるギルバート。隼に吹っ飛ばされるなよw
リチェルを無事確保し、お仕置きターーイム。

すごい、凄すぎるよギルバート! 未だ、未だかつて見たことがないほど凄まじい攻撃に、私七転八倒しながら爆笑。
なんだこれ、ありえない、面白すぎる(笑
ものすごい弱い者いじめしている気分に浸りながら、ギルバート君粉砕。
だから土下座して謝るなw
ところが、彼を拘束しようとしたところに、カンパネルラ登場。
エステルたちが突入したあたりからずっと見物していたらしい。こいつも、見物ばっかで暇なのか?
やはり、学園の占領や王女の誘拐はギルバートの独断だったらしい。勝手にバカをやらかして、しかも失敗したギルバートに幻の炎、攻性幻術でお仕置きするカンパネルラ。それでも、ちゃんとギルバート連れて帰るのね。学園にはもう手を出さないと約束してギルバートとともに消えるカンパネルラ。
とりあえずではあるが、これで学園占領事件も解決っと。
アネラスさんたちは、これからボース方面に抜けて各地を巡回してまわるらしい。
アネラスさんには、久々に一緒に戦った感想で、心の芯が強くなった気がすると褒められる。もう一度、アネラスさんとはチーム組んで戦いたいものだけど、機会はあるのかしら。