というわけで、新年に入ってアニメの新番も次々始まっているわけでございますが。

えーーっと、何見たっけ?

【みなみけおかわり】に【ARIA】に【ガンスリンガーガール】【シブコミ】【PERSONA -trinity soul-】
【ロザリオとバンパイア】と【AYAKASI】と【破天荒遊戯】は録画ミスって見てないし。

……ああっ、【シブコミ】じゃなくて【シゴフミ】だ。これ、タイトルどうしても間違えるんですよね。実は、番組見てて配達人の少女が説明してくれるまで【シブコミ】だと思い込んでました。
原作は未読。
とりあえず、今期見た中では一番惹きつけられたのが【シゴフミ】ですかね。最後のインパクトある展開も驚きましたけど、そこに至るまででも没頭させられる吸引力みたいのが、キャラデザインや何気ない動き、カメラワーク、セリフ回しからも感じられました。注目。
【みなみけ〜おかわり〜】は、もっと劇的に変わるのかと思ってたんですけど、あんまりそういう印象なかったなあ。ただ、絵柄云々じゃなくて間、というかあの得体のしれないテンポ、リズムがまだ感じられないんですよね。その分、前シリーズまでよりちょっと退屈に感じてしまった所がある。挽回を期待。
【ARIA】は相変わらずの【ARIA】で、安心のクオリティ。
【ペルソナ】は、まだよくわかんない。

で、注目の【狼と香辛料】。さっそく見ましたよ。
前評判がちょっと微妙な雰囲気で不安だったのですが、これ、いいですよ。
まだ序の序で、ホロの魅力であるロレンス弄りはまだほんのちょっぴりしか出てきてないのですけど……その僅かなほんのちょっぴりだけで…素晴らしい(w
いやいや、このスタッフ、狼と香辛料という作品の何が重要かよく分かってますよ(笑
原作から多少シナリオを変更しているみたいですけど、この作品の魅力であるところ、核や芯といった部分は違えてないようなので、大丈夫。
ホロとロレンスの丁丁発止、十分楽しめそうです。

声の方は、あんまり違和感なし。確かにロレンスはもっと草臥れてそうなイメージありましたけど、この人は手綱を握ろうとしながら結局弄られてしまう役、似合ってるしねえ。コードギアスでも、CCにコロコロ弄られてたし(笑

というわけで、一番期待と不安が交錯していた作品がどうやら好発進をしたようなので、ご機嫌な八岐でしたw