とりあえず、月末発売のファミ通文庫、スニーカー文庫、コバルト文庫、HJ文庫は来月送り。
未読本は以下。

『りっぱな部員になる方法。 2 マジカルミステリーツアーへようこそ!』
『かむなぎ 4 誰をまつらむ天の籬に』
『クダンの話をしましょうか 2』



☆☆☆☆☆(五つ星)


ヴィクトリアン・ローズ・テーラー・シリーズ

恋のドレスとつぼみの淑女―ヴィクトリアン・ローズ・テーラー (コバルト文庫)恋のドレスとつぼみの淑女―ヴィクトリアン・ローズ・テーラー (コバルト文庫)

集英社 2005-12-22
売り上げランキング : 94052

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



本年初っ端にして最大の掘り出し物。大貴族の息子と縫い子の許されざる恋の物語。クリスが作る恋のドレスを通じて、さまざまな恋物語が織りなされる中、それらに触発されるように最初は仄かに意識し合うだけだったクリスとシャーロックの恋情が、徐々に歯止めが利かなくなるように募っていく描写が、繊細で丁寧で情熱的で、凄まじく素晴らしいんですわ、これが。ラブコメとはまた一線を画した、一針一針、糸を紡いで一着のドレスを仕立てていくような、夢見るようで遣る瀬無い、触れるだけで壊れてしまいそうな恋物語。イイです、すごくいい。



戦闘城塞マスラヲ〈Vol.3〉奇跡の対価 (角川スニーカー文庫)戦闘城塞マスラヲ〈Vol.3〉奇跡の対価 (角川スニーカー文庫)

角川書店 2008-01-01
売り上げランキング : 93432

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

感想

三巻に至っても、物語は落ち着くどころかどんどんヒートアップ!!
今世紀最高の引き篭もりヒーロー・ヒデオの活躍に刮目せよ。そして、鈴蘭様のブラックさに傅けw



乙女はお姉さまに恋してる 櫻の園のエトワール (ファミ通文庫)乙女はお姉さまに恋してる 櫻の園のエトワール (ファミ通文庫)
のり太

エンターブレイン 2007-12-25
売り上げランキング : 43580

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

感想

これは、原作ゲームプレイ者限定ですけど、かのゲームをプレイして楽しんだ人なら間違いなく陶酔の果てに絶頂に至れる五つ星w
最高でした。ウェブ拍手でこの本のこと教えてくれた人、ありがとうございます。



ロミオの災難 (電撃文庫)ロミオの災難 (電撃文庫)

メディアワークス 2008-01-10
売り上げランキング : 6017

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

感想

笑いながら、拍手拍手の大喝采! 終わってみれば、すっきり気持のいい青春真っ只中のラブコメでございました。これ、オススメ。



☆☆☆☆(四つ星)


レンタルマギカ―魔法使いの記憶 (角川スニーカー文庫)レンタルマギカ―魔法使いの記憶 (角川スニーカー文庫)

角川書店 2008-01-01
売り上げランキング : 73307

Amazonで詳しく見る
by G-Tools




ゆうなぎ (HJ文庫 わ 1-2-1)ゆうなぎ (HJ文庫 わ 1-2-1)
山田 秀樹

ホビージャパン 2008-01-28
売り上げランキング : 118466

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

感想

モーフィアスの教室 (電撃文庫)モーフィアスの教室 (電撃文庫)

メディアワークス 2008-01-10
売り上げランキング : 189122

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

感想


火の国、風の国物語〈2〉風焔相撃 (富士見ファンタジア文庫)火の国、風の国物語〈2〉風焔相撃 (富士見ファンタジア文庫)

富士見書房 2008-01-19
売り上げランキング : 15510

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


今回は主に反乱軍側からの視点で話が推移。これでこちら側にも感情移入してしまうんですけど、アレスたち王国軍側との落しどころが見えないので、和解無しに最後まで戦う羽目になるのかなあ。なかなか辛い。
しかし、アレスの無双振りは凄すぎw 反則と言われても仕方ないよw


C3‐シーキューブ〈2〉 (電撃文庫)C3‐シーキューブ〈2〉 (電撃文庫)

メディアワークス 2008-01-10
売り上げランキング : 55491

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


この作者の本は、結界師のフーガで一旦離れてたんですが、このシリーズは以前感じていた不満が概ね解消されていて、ちょいエロとかの目玉を抜きにしてもキャラ描写、ストーリーテイリング、と高質に至ってて、素直に面白かったです。注目。





呟。

話題の【生徒会の一存】は、確かにバカで面白かったんですけど、もうワンパンチ欲しかったかなあ。主人公へのヒロインの心証は具体的に口にしないほうが良かったかな。それはここぞ、で使ってくれた方がズドンと来たんだけど。てらいが見えてしまって、ちょっとバカ話に浸れなかったです。言わずともにじみ出る気持ちに素敵を感じる今日この頃。
待望の一色銀河の野球小説【そらいろな】。導入編、ということで溜めに溜め、次回以降の爆発に期待。
【アストロノト2】は期待と不安がないまぜになってたんですけど……うーん。面白かったんだけど、普通。第一巻の琴線に触れる何かがなかった。土台の上積みを感じられず、勢いも一巻みたいにはいかず、正直このままだとしぼんで消えちゃうんじゃないかと心配。