ナイトウィザード THE ANIMATION VOL.4 【初回限定版】


【EPISODE06 悪夢 〜エリス目覚めず〜】

いきなり、アバンの「ドリ〜〜〜ム」で盛大に吹いた!
これ、初見のとき、原作リプレイの既読者はめちゃめちゃ吹いたんだろうなあ。
というわけで、今回は「あの!」伝説のウィザード、ナイトメアが初登場の回である。
かつて「紅の巫女」事件で世界を救ったウィザードパーティの中核であり、夢使いというクラスにある超実力派のベテランウィザード。
その二つ名は【死の茄子色カブトムシ】!!
本名は鈴木太郎! へそ出しの奇天烈衣装を着てる癖に妻子持ち!

見た目言動だけでも相当濃いのに、裏設定までどっぷり濃厚なキャラである。

今回は最初からアンゼロットが飛ばしてます。リプレイやラジオの時からそうですけど、柊からかいモードと策士モードの時の小暮さんのアンゼロットの演技は、イキイキし過ぎを通り越して、もう素なんじゃないかと思うくらい、似合っているというかお似合いというか素晴らしいというか(爆笑
すっトボケてるとき、アンゼとナイトメアのアホ毛がクエスチョンマークに変形してるの、DVDで初めて気づいた(笑

それにしても、何度聞いてもナイトメアの「ドリ〜〜ム」は麻薬のように脳内に響くなあ。気持ちよくなってくるぞ、だんだんw

エリスの夢世界到着シーンで、柊だけじゃなくくれはも着地に失敗してるのが可愛い(笑

到着直後の図書館の本が全部あしながおじさんの本ばかりで、他の本がないこと。続くお菓子の世界、庭の世界。どこにもエリス以外に人間がいないことは、あとに続く伏線だったのですよね。これも、初見と二度目だとかなり印象が違ってくる話なんですよね。
キリヒトの登場シーンも。ここなんて、あまりにさり気なさすぎて、ここでは絶対気づかんぞ。だからこそ、終盤のあのシーンではアッといわされることになるんですけど。

後に出てくる柊とくれはの子供時代の回想シーンでもそうだけど、このアニメ、子供になったメインキャラがやたら可愛いんだよなあ。スタッフ、力入ってる(笑

ナイトメアの決め台詞きた!(笑
いや、気障ったらしいセリフかと思ってたけど、実際に檜山さんに言わせるとやたらカッコイイな、おいw

下がるお茶きた!(爆笑
とうとう年齢まで下がる【下がる男】柊蓮司。
ここでひきこもったエリスが柊に言うセリフ、これもあとあとの展開見ると物凄い伏線になってるんだよなあ。このときは、孤児で孤独だったエリスが子供になって心の奥底に秘めた不安を正直に口にしている、という印象しかなかったんだけど。
同時に、柊がここでエリスと交わした約束があとあと重要になってくるわけだ。

今回の戦闘シーンは、アイン・ソフ・オウルの攻撃エフェクトがやたらかっこよかったですね。毎回、宝玉を得るごとに形体が変わるアイン・ソフ・オウルですけど。
全体的に動きもスピーディーで迫力あってよかったよかった。子供化した柊が、重たい剣に振り回されながら、なんとか逆にそれを利用して攻撃するシーンなんか、いつもより動きにメリハリあって良かったかも。

現実世界に戻り……あかりんが「萌え」言うた、「萌え」(爆笑
確かに、オーディオコメンタリーでも言ってましたけど、この辺からあかりの言動が変になってくんですよね(笑
いや、前の月に向かう宇宙船型箒の中で保健体育の教科書読みながら、焼肉の部位の名前を淡々と暗唱してたところからか?

そして、今回も大団円か、と思ったところで、あのシーン。
ここでのフェウス=モール、インパクトありすぎです。
柊に切られた時にすら閉じたままだった、ああも見開かれるんだもんなあ。この辺の恐怖の絶叫といい、錯乱しきったフェウスの演技、中の人の松来未祐さん、素晴らしかった。
おかげで、やられ敵キャラの中でも未だに一番印象強いんですよね。キャラデザインがかなり好みだったというのもありますけど。
そしてキリヒトーーー(笑
あれは怖い、めちゃめちゃ怖いw 定番だけど、あれは怖いいいw
フェウスがもうここまで来ると可哀そうで可哀そうで。
フェウス、逃げてーーー!





【EPISODE06 悪夢 〜エリス目覚めず〜】

初めての戦闘無しの回? 宝玉集めも今回は休憩で、主に日常パート。と、いいつつさりげなく灯プッシュの回でもありましたね。
いきなり冒頭からあかりん全裸(笑
謎の液体が満たされたシリンダーに固定されて、なにやら検査されてるあかりん。
もともと戦闘用に調整された強化人間、というクラスなので、こうして定期的に調整されないとダメなのね。
調整終了後に灯が立ち寄ったのは、とある病室。昏睡状態でベッドに横たわる少年のネームプレートは、真行寺命。かつてのエミュレーター側の勇者であり、あかりんの恋人とも言うべき人物である。
結局、登場はこのシーンだけだったんだけど、のちのちの展開でも灯の行動に大きな影響を与える存在なんですよね。友達よりも男を選ぶんだから、あかりんも女よのお(笑

本編入って、あかりんのペットであるフェレットの「どんぺり」が初登場か? これ。ちなみにリプレイの初登場は、ユーノ君より前のはずだぞ(笑
リプレイでは、かなりあかりん(小暮)によってヒドイ目にあってたので、こうして改めて初登場の回を見ると……こいつ、生きてたのか、と思ってしまいますw

面白い作品だとよくあることなんですけど……このアニメも食い物ウマそうだなあ。
エリスお手製のタルトなんかも当然そうなんだけど、何気ない普通のサラダなんかもウマそうなんだ、これが。

そういえば、ここで気づいたんですけど、くれはと柊が夫婦喧嘩というか、夫婦漫才というか、それっぽい掛けあいをしてるときはエリスって絶対割って入らず、横からジーッとみてるんですよね。この回に限らず。

で。お約束のお風呂でバッタリ。これ、さりげなくエリスだけじゃなく柊も悲鳴あげてないか?(笑

Bパートではスケート教室。学校の体育の授業でスケートって、いいなあ。スケート初めてのエリスは、柊に手取り足取り教えてもらってw
でも、この二人ってどう見てもお兄ちゃんと妹で、恋愛臭は全然漂ってこないんですよね。

一方、学年の違うくれはは実家の神社で掃き掃除。そうかー、もう三年生は自由登校の時期なのかー。
てか、進路はどうなってんだ? くれはと柊は。
ここで、くれはのお母様初登場。すげえ、熟女だ(笑
柊が学年下がってることを聞いて、「また下がったの?」とあきれてるお母様。「下がる男」知れ渡りまくってますw

昼休み、とうとうあの伝説のあかりん弁当襲来w
あかりんが「お弁当、作ってきた」と告げるシーン。なんでそんなに照明暗いんだ!?(爆笑
本放送時も言ったかもしれないけど、エリスの「あかりちゃん、お弁当得意なの?」という質問に対して灯が「かなり」と答えるシーン。抑揚なく感情に乏しい声調のはずなのに、何度聞いても自信満々にしか聞こえないんですよね。これ、小暮さん地味に凄い。
SEといい、配色といい、どう見ても強酸系の劇物にしかみえないあかりん弁当。これ、ラジオだとさらに新種の合成生物かエイリアンかと思うような鳴き声までつくから恐ろしい。もはや食べ物というより、新種誕生ですからね、あかりん弁当は。弁当箱、純銀製じゃないと溶けるしw
これ食って死なない柊は、さすがはベテランウィザードといったところか。HPは限界まで減ってそうだけどw
口直しのエリスお手製のラズベリータルトをいきなり出現したアンゼに横取りされて、がっかりしょんぼり落ち込みまくってる柊が可愛すぎるw


スケート教室の帰りに、スケート靴の携帯ストラップを全員分お土産に買って帰るエリス。これも、ラストに効いてくるんですよねえ。
帰り道でこっそり柊のポケットにストラップをしのばすエリスが、また可愛いんだw

何事もなかった一日に、しみじみといい日だったと述懐する柊。
柊よ、一日何事もなく授業出れたのがそんなに嬉しかったのか……大変な人生歩んでるんだねえ、自分も。

みんなで鍋しながらフェイドアウトするシーンで、みんなの音声も小さくなってく中でこっそり「それ私の」を連呼しまくってるあかりん。
聞こえてるぞ!


そして、平穏な日常の終了。世界各地で、これまでの雑魚魔王とは格の違うベール=ゼファーに匹敵する大魔王クラスのエミュレーターたちが一斉に動き出す。
狙いは、宝玉の主四方エリス。
最終決戦の始まりである。



限定版特典のブックレット。
掲載されてるエネミーデータに、なんか「進化型あかりんのお弁当」とかいうのがあるんですが。しかもレベル8で、やたら強ぇぇ!(爆笑

リプレイの「ベルゲーム」は怒涛の第四話。
復活の劣化型ラーラ=ムゥとゴーレムに大苦戦。本編では柊たちはほとんど一蹴だっただけに、弱くなってるはずのラーラにこれだけ苦戦させられるとは。逆に、柊たちがどんだけ強いのか、中のプレイヤーたちも思い知らされてる感じ。やっぱり柊たちってウィザードの中でもエース格なんですよね。
ゴーレムの弱点はアニメ本編ですでに発覚しててプレイヤーも周知なのに、このセッションでは不明ということになってるので、凄まじい大苦戦もあってプレイヤーたちもどかしさに大爆笑の阿鼻叫喚(笑
あははは、間抜けだ。すっげー間抜けだ。
真・清純派を標榜していた小暮さんプレイヤーの雛も、ついにところどころ素の黒さが垣間見えはじめ、妙に性格の裏表が激しそうなキャラになってきた気が……(笑
藤咲さんの和泉も、イイ感じのおバカキャラが定着してきたし。というか、プレイ内容見てると、あれか? キャラじゃなくて藤咲さんがおバカなのか?(失礼