阪神の監督、てっきり木戸さんで既定路線だと思ってたので、ここにきて真弓監督に決定か、という話題にちょっとびっくり中。
いや、真弓さん好きなんですけどねー。好きだからこそ、今回の監督受諾は火中の栗拾いだぞ、と心配になるところ。
JFKは事実上往年の力を失い、先発陣は相変わらず。中継ぎ、抑えのラインの再構築と先発投手陣の立て直しをやらなきゃならないわけで。
さらに、金本・矢野・下柳という四十代トリオ。まだまだ元気だけど、それがいつまで続くかそろそろ危険ラインに入ってきて、若手の育成も急務なわけだ。ほかのレギュラー陣、赤星や関本。事実上、鳥谷以外は高齢化の域に入りつつあることを認識するなら、場合によってはレギュラー陣が雪崩をうって役立たずになる、という可能性がある、というケースも想定しておく必要がある。
なんにせよ、新たなレギュラー候補の育成もまた急務なわけだ。
それを、果たしてシーズンで勝ちながら出来るか否か。

どんでんは、決してそういう思惑があったということはないんだろうけど、いいタイミングでやめる決断をしたんじゃないでしょうか。
なんにせよ、次の監督、世代交代を推し進めながら常勝球団を維持できたら名将と呼んでいいんでないかな。応援しますよ、真弓さん。

しかし、てっきり阪神の監督は 木戸→(平田)→和田→(???)→矢野、あたりでライン固定されてると思ってたんだけどw