前年まで中山1800Dだったのが、今年から阪神に移動しスタンド前発走となる1800Dに。
とはいえ、一応前年までのデータを参考に。

一番人気の馬はほぼ確実に三着前に入着している。今年の一番人気のヴァーミリアンは取り消しになった川崎記念とドバイWCの12着を除いて、G妓涵 というかこいつ、G気靴出てやがらないじゃないかw
とにかくやたら強いのは間違いなし。これを外して買う勇気はない。

一方で二番人気三番人気が不振という傾向があるのがこのJCDなのだけれど、今年の二番人気候補であるサクセスブロッケンは、そんな過去データを吹き飛ばしてしまうほど、これがまた強い。
JDBクラシックでヴァーミリアンの二着に敗れるまえ、この馬ダートでは無敗のままデビューから五勝を稼いでいる。負け鞍は、芝レースに出走した日本ダービーの十八着のみ。

今回は、むしろサクセスブロッケンを本命に推したい。推したい。
その他は、はっきりいって実力伯仲の混戦模様。オッズ的にもこれ以降はそれほど差は離れていないと言っていい。

そこで、敢えてここは残りは絞らず、上二頭を軸にして広く流していきたいと考えている。
前走、あまりよくない結果だったフェブラリーS馬カネヒキリと、前日三番人気の帰国子女カジノドライブは、思い切って消し。
何を思ったか、ダートレース初出走のアドマイヤフジも退散願う。

とはいえ、オッズ的にはあまりにも美味しくないので、ここは三連単。それも、一着サクセスブロッケン、三着ヴァーミリアンという変則固定流しというアクロバットを慣行。
ここはサクセスブロッケンの復仇と、ヴァーミリアン初めての三着を予想してみる。
んで、二着に色々と流し込んでみる次第。

一応、保険で三連複。6・7軸で
1.ワンダースピード
3.サンライズバッカス
15.ワイルドワンダー
を加えておく。我ながらせこい。