1  カフェオリンポス   勝浦
2  カネヒキリ      ルメール
3  サンライズバッカス  三浦
4  トーセンブライト   田中
5  バンブーエール    松岡
6  ナンヨーヒルトップ  柴田
7  ヒシカツリーダー   木幡
8  キクノサリーレ    後藤
9  ヴァーミリアン    武豊
10 ビクトリーテツニー  横山
11 アドマイヤスバル   川田
12 エスポワールシチー  佐藤
13 オフィサー      福永
14 カジノドライヴ    安藤
15 サクセスブロッケン  内田
16 フェラーリピサ    岩田


さあ、本年度最初のG1レースがやってまいりました。砂の王を決める東京ダート1600。
見所はもちろん、四度目の決戦。カネヒキリVSヴァーミリアン。
あのディープインパクトをも越えようかという前馬未到のG毅絃〔椶鯡椹悗后撻ネヒキリ】。去年のJCダートからG技囲⊂ まさに砂の大帝の名をほしいままにする最強馬。
対抗するは、こちらもG毅蕎’蓮A闇度の当該レース優勝馬【ヴァーミリアン】。去年JCダートでカネヒキリに屈するまで、国内G毅僅⊂,箸いμ掬┐龍さを誇った、こちらも敢えて言おう、最強馬なのである。
最強馬VS最強馬。確かに直接対決ではカネヒキリに軍配があがっているものの、着差は確実に縮まっているのも確かな話。はたして、眼の前で伝説が作られるのを黙って見ているような馬なのか。

もちろん、この二頭以外にも主役を奪い去らんとする役者どもが揃ってる。
重賞含む海外二勝を引っ提げて日本に戻ってきた帰国子女。アレキサンドライトSをぶっちぎりで快勝し、実力がフロックでない事を証明し、ただいま空前の上り調子【カジノドライブ】
近走6戦4勝二着2回。6連対の実績を引っ提げ、本レースで好走を続ける根岸Sの勝馬【フェラーリピサ】。
三歳時には、ダート戦績六戦五勝。唯一の二着もヴァーミリアンのJCBクラシックという無類の強さを誇った【サクセスブロッケン】。JCダートで八着に崩れたものの、今年に入って東京大賞典、川崎記念とカネヒキリに食い下がって三着を譲らず。最強馬の壁に跳ね返されながらも、喰い下がり続けるのは強さの証。若さゆえに、まだまだ強くなる馬のはず。
四連勝で挑んだ初重賞平安ステークスも、古豪ワンダースピードの首差二着。五戦連続連対のまま、G1初挑戦。先頭で突っ走るその走法は、砂の厚さが増して前残りのパターンが多い本年度のダートレースでは強みとなろう【エスポワールシチー】。

芝が主流の現日本競馬界だけど、カネヒキリ、ヴァーミリアンの活躍でダートも注目に値する充実感を備えてきた感じ。G欺蘋錣箸六廚┐覆ぁ△覆なかの盛り上がりでテンション高いぜw

さて、予想ではありますけど。
思い切ってカネヒキリ切り!!
内枠引いたのが運のつき。ここまで狙い撃ちにされる大本命が、包まれずに抜け出すことが可能か否か。鞍上のルメールも、今年に入って精彩を欠いているし。先週のダイヤモンドSで一番人気フローテーションの暴走大崩には悲鳴を上げた人も多いのではないだろうか。
一方のヴァーミリアン鞍上の武豊は、ただいま確変入ってますの神がかりモード。去年の怪我の影響も癒され、今の武豊は一番いいときの武豊に戻っていると思ってよし。武豊に逆らうは愚か者、である。
ヴァーミリアンの過去二戦の敗退も、JCダートでは他馬との接触。東京大賞典では、あの頃まだ武豊は本調子ではなく怪我の影響で追い切れなかった、という明確な理由があり、挽回は間違いなく可能な範囲なのである。
両馬に差は無し。ならば展開と鞍上が勝負を決めると見た。
この二馬への対抗には、カジノドライブを。前走の勝ちから調教の様子からも、今のこの馬の絶好調気配はちょっと尋常じゃないくらい。本格的に覚醒しはじめてるんじゃないだろうか。もしかしたら、上の二頭を喰いかねないと見ている。
そしてもう一頭。そろそろ三着に甘んじていられないのがサクセスブロッケン。いつまでも二頭の後塵を拝してはいられないでしょう。次代の主役を担うためにも、ここはせめて二着には食い込みたいところ。

とりあえず、ヴァーミリアンを一着に据え置き、そこからカジノドライブ、サクセスブロッケン。フェラーリピサにエスポワールシチー、バンブーエールにヒシカツリーダーってところか。
カネヒキリを外すか否かは……正直迷ってるので、ギリギリまで考えます。

結果


最終的に選んだのは、三連複。ヴァーミリアンとカジノドライブの二軸からの総流し。

で、レースの結果はというと。

1着 15番サクセスブロッケン
2着 14番カジノドライブ
3着  2番カネヒキリ
4着 12番エスポワールシチー
5着 16番フェラーリピサ
6着  9番ヴァーミリアン


見事に大外れを引いてしまったわけですけど……正直、そんな負け気分を吹き飛ばしてくれるくらい、素晴らしいレースでした。
痺れた〜〜〜!!

一着のサクセスブロッケン。JCダートで私自身本命に推したように、いつまでも二強の後塵を拝しているような器じゃないと思っていたけど、これほど強い競馬を見せてくれるとは。外からグルリと廻っての強襲ですよ、これは強い勝ち方。しかも、レコード勝ち。負けたカジノドライブやカネヒキリが弱かったのかといえばとんでもない。彼奴らも、身震いするような走りっぷりでしたよ。それを差し切っての勝利なんだから、これは価値がある。いやはや、凄かった。
二着のカジノドライブだけど、事前に感じていた覚醒の気配は間違いではなかったね。去年から比べても、目覚ましい成長を見せている。強い強い。芯の太さを感じさせる強い走りっぷりだった。
三着のカネヒキリもあれ、実力を出し切ったと思いますよ。内側を走りながらも、前を塞がれることなく上手く馬群を抜けきってきて。それでもなお負けるなら、納得でしょう。馬群に殺されるのを嫌って、敢えて前めで勝負掛けた、という面もあるんでしょうが。
ぶっちゃけ、前半で上手いこと前の方に位置取りされたときには、包まれてアウトを予想していた手前、やれらたと思いましたけどね。こりゃあ勝ったな、と。そんなレースをしながら負けたんだから、前の二頭が強かったですよ。
四着のエスポワールも、いい先行だった。先頭を突っ切りながらズルズルと落ちていかずに、前三頭の凄まじい叩きあいから一馬身半と離されなかったわけですから。この馬もまだ四歳という若さを考えれば、更なる上ヅミも期待できるはず。今後のG1戦線でも無視できない顔になってきますね。

意外だったのがヴァーミリアンの6着。調教で一旦、なんかあったような記憶あるんだけど、あれの影響が思ったよりもあったんだろうか。

カジノドライブは、このまま海外転戦か。他の馬の今後の予定は知らないけれど、このままいくなら、ダート戦線はヴァーミリアン、カネヒキリに加えてサクセスブロッケン、カジノドライブの四強の戦いとなってきそう。ここにエスポワールが食い込むかいなか、ってところか。
さて、他に出てくる馬もあるだろうけど……ダート戦線、さらに面白くなってきそう、にひひ。