しまった、日経賞土曜日だったのか。高松宮記念は回避して、こっちを買うつもりだったのにー。
とはいえ、大外れ決定だったので、買わずに正解だったのですが。

さて、電撃の6ハロン戦、春の短距離王決定戦【高松宮記念】の到来でござんす。
出走は以下の通り。

1 コスモベル 55 佐藤
2 ソルジャーズソング 57 北村
3 アポロドルチェ 57 勝浦
4 スリープレスナイト 55 上村
5 トウショウカレッジ 57 内田
6 ウエスタンダンサー 55 川田
7 アーバンストリート 57 福永
8 ファリダット 57 四位
9 キンシャサノキセキ 57 岩田
10 ファイングレイン 57 幸
11 アイルラヴァゲイン 57 津村
12 ヘイローフジ 55 飯田
13 ローレルゲレイロ 57 藤田
14 ドラゴンファング 57 藤岡
15 アーバニティ 57 横山
16 ビービーガルダン 57 武
17 スプリングソング 57 池添
18 ジョイフルハート 57 太宰


最大の問題はやはり、一番人気になるであろうスリープレスナイトの扱いでしょう。現在怒涛の五連勝中。前年度のスプリンターズSの覇者。とくればド本命もド本命、のはずなんですが……。
問題は、前走からほぼ半年ぶりのぶっつけ本番、ってところなんですよね。これだけ間が空くとなあ。彼女自身、以前三か月の休養明けで一番人気のところを五着に沈んでいる過去もあるわけですし。
悩んだ末に、今回は思い切って外してみます。

というわけで、レースは阪急杯組を中心に。まー、このレース。阪急杯組の圧倒的な強さが目立ちます。今までまず間違いなく一頭は連に絡んできてますし。
阪急杯一着のビービーガルダン。二着のローレルゲレイロ。三着のドラゴンファングをきっちり抑え、ここに阪急杯7着ながら、高松宮で実績を残している阪神Cで二着を獲得しているファリダット。
実績の少ないオーシャンS組ながら、1200を連勝して乗り込んできた去年のファイングレン、2005年のプレシャスカフェなど、4頭の勝利馬を出してるパターンに該当するアーバニティ。
この五頭の三連複ボックス買いで、いきます。

8−13−14−15−16 

前年度勝利馬のファイングレンは、前走阪急杯での大崩を見るように、調子はまだ戻り切ってないと判断。
ウエスタンダンサーは、前走シルクロードSの酷い走り様から見限り。
そのシルクロードS勝利馬のアーバンストリートは、斤量が三キロ増えてるからアウト。
キンシャサノキセキは、調教があまりにも悪すぎ。まだ馬に走る気が戻っていない。


結果


あー、一番人気を蹴っ飛ばした買い方をして、これでスリープレスナイトに入ってこられたんじゃ、どうしようもないな。

1着13番 ローレルゲレイロ
2着 4番 スリープレスナイト
3着 2番 ソルジャーズソング
4着 5番 トウショウカレッジ
5着 1番 コスモベル

というか、ソルジャーズソングなんて来られた日には、当たりはしないサ。まいったね。15番人気ですか。
うーん、でもシルクロード2着、オーシャン4着の流れとしては悪くないんですよね。好走続いての三着滑り込み。とっかかりがどこにもない馬じゃなかったんですよね。考えようによっては買える馬。実のところ美味しい狙い目で、いい穴馬だったんじゃないでしょうか。

まー、それにしても横山典弘は、完全に確変終了ですな。しばらくはこの人から買うのは危険だw
ファリダットは、やっぱりひ弱だ。良く走る馬なのかもしれないけど、強さが見当たらない。このままじゃ勝てないよ。