観る前まではまるで思ってなかったのだけれど、OPでテンションあがるあがる。どうやら私、自分でも気がつかないところで思いっきりこのアニメ化、楽しみにしていたみたいだ。

この作品、原作は右往左往している感じだけど、その設定やキャラの配置はとかく面白いんですよね。見栄えもすると思うし、非常にアニメ向きだと思ってたんですけどね。ただ、その分、ややこしい設定は見せ方考えなきゃいかんのでしょうけど。

結論から言うなら、もう大好きです(w
いや、操が可愛いのなんの。なに、あの幽霊。どうするよ。なんでYシャツ一枚で寝てるのよ。
智春が操のこと触れないことについて悶々としてる描写が原作にはあったけど、これは確かに生殺しですよねえ。しかし、いつもあれだけ高い位置に浮いてたら、スカートの中はよく見えるんだろうなあ。
あれか。智春が乳派じゃなく、希少な尻派になり果てたのは、操のせいだったのじゃないかと、このアニメ見て気づいた。発見である。

その智春だけど、あの原作での妙に惚けたちょっと変な性格が忠実に再現されてて、面白かった。智春って、意外とマイペースなんですよね。周りの無茶苦茶な人たちの無茶苦茶な大騒ぎに振り回されているようで、意外とひょいひょいと大波の間、すり抜けてるような、上手いこと流されてるようなところもあるし。まあ、無傷で抜けられるほど出来てるわけでも達観しているわけでもないあたりが、愛嬌があってよろしいわけで。
操との接し方も、なんか見てて好ましかったなあ。周囲の人間からは視認できない操と会話してたら変人扱いされてしまうわけですけど、本人あんまり気にしてなくて、操を蔑ろにしている素振りがまったく見えないあたりが、なんともいい感じ。かといって、変人上等と開き直ってるわけでもなく、気をつけなきゃなー、と思ってるあたりは常識的ではあるんだけど、暢気でもあるんだよなあ。まあ、思ってたりよりこの主人公、面白いや。

と、おおむね私個人としては高評価なんですけど……冷静に振り返ってみると、これ原作読んでない人はかなりわけわからん展開なのかもね。見てる時は気付かなかったけど。
佐伯兄とその一団の素性とか、背景とか何も語られてなかった気がするし。第一生徒会とか神聖防衛隊とか言ってなかったですよね。そもそも、玲士郎と名前は呼ばれたけど、佐伯の兄とすら言ってなかったような……。
あと、いきなりヤクザが攻めてきて、そのヤクザが悪魔呼ばわりされてたり、若頭が炎ぶちかましてきたりとか。わけわかんないっすよね、初見では(笑
朱浬さんの身体のこともまだ明かされてないわけですけど……あれ、左手の銃、リロードするとき、さり気なく左手、生身じゃありえないえらい動き見せましたよね、あれ(笑

かなりエキセントリックな設定がどっさり詰め込まれた作品なので、今のところかなり楽しみにしている状況です。今後の展開や、世界観に仕組まれたでっかいギミックも、果たしてアニメで描かれるのか。
そもそも「アスラクライン」のタイトルの意味が明かされるところまでやるんですかねえ。


アスラクライン (電撃文庫)
アスラクライン (電撃文庫)和狸 ナオ

メディアワークス 2005-07
売り上げランキング : 51022

おすすめ平均 star
star秘めた面白さはあれど、離陸に失敗。
starドツボ……
starえ…。 ぜんぜん毛色の違う作品なんですか?

Amazonで詳しく見る
by G-Tools