三歳馬の頂点を決するGI<東京優駿>。またの名を日本ダービー。
今年もまた、競馬関係者が望んでやまない栄冠が、一頭の馬の上に輝くときがやってまいりました。


三強激突と謳われた【皐月賞】。無敗馬<ロジユニバース>。逃げの<リーチザクラウン>と三強のうち二角が大敗を喫した中で、フサイチコンコルドの弟<アンライバルド>が、ハイペースの苦しいレースを制してクラシックの一冠を獲得。そのまま、このダービーに挑んできたのだ。
はたして、兄弟によるダービー制覇がなるのか。
元々日本ダービーは一番人気が圧倒的な強さを見せるレース。さらに追い込みが強いのも特徴。末脚勝負のアンライバルドからすれば、むしろ皐月賞よりも此方の方が本命のレースだったと言えるだろう。
軸は外し難いところである。

巻き返しを図りたいロジユニバースだが。予期せぬ皐月賞の大敗。ハイペースに戸惑ったとも云われるが、その明確な理由は未だ出せていない。調教でもいささか不満の残る結果だったことが、調教師のコメントからもうかがえる。その素質は疑うところのないロジだが、今の彼から走る気配というものが漂ってこないのも確か。
リーチザクラウンも大負けしすぎ、というところが気になる。高速レースが続く今年の競馬界。おそらくはこのダービーもハイペースで進行すると目される中、リーチザクラウンが前走の大敗を取り戻すだけの要素があるかというと、いささか首をかしげざるを得ないところだ。

この世代の中で特に逸材として名をはせていた馬がいる。その評価とは裏腹に、勝ちえた重賞は一つだけ。此度、かの三強とははからずも初対決となるブレイクランアウト。一番人気を得たNHKマイルCも結局9着に沈み、ようやく辿りついた同世代強豪との決戦の場にも関わらず、人気は見る影もなく落ちてしまった。
が、はたしてこのまま評判倒れの良血馬で終わってしまう馬なのか、ブレイクランアウト。

そのNHKマイルCを制したジョーカプチーノだが、これが意外と人気をしていない。これはおそらく、これまでずっと彼がマイル以下の短距離戦線を歩んできたから、ということになるのだろう。過去十年をさかのぼっても、1800以上のレースに出走経験のない馬は好走例が皆無である。
同馬は、NHKマイルCを勝ったことで急遽、ダービーへの参戦を決めたという経緯もあるので、G1馬ではあるが幾分差し引いて考えるのがいいかもしれない。

G1馬といえば、このレースに参戦した馬でもう一頭G1馬が存在する。朝日杯を勝ち二歳牡馬の頂点に立った馬セイウンワンダー。
弥生賞でこそ後れをとり、三強から一段実力を低く見られているという屈辱を受けたものの、皐月賞では見事に三着に食い込み、二歳での戦績がフロックでないことを示したワンダー。それでもまだ、一度はられたレッテルは剥がれないのか、人気の面で一歩後れを取っているが、この堅実に走る馬を無視するのは如何なものか。

そして皐月賞でアンライバルドの二着に飛び込んだのが トライアンフマーチ。未だ勝ち星は未勝利戦の一勝のみ。若葉Sで二着に入り、重賞経験もないまま出走した皐月賞であの快走。まさしく最強の一勝馬の名声を得たマーチであるが、さて今回はどうだろう。父・スペシャルウィークは長中距離を自在にこなす強豪馬だったが、母キョウエイマーチといえばマイル戦線で活躍した馬。2000の皐月では快走したが、400メートル伸びるダービーでは、その血統がはたしてどう働くか。

皐月賞・NHKマイルCというG1路線とは別に、デビューや勝ち抜けが遅れた馬たちが、ダービーに出走するため駆け抜けてくる登竜門<青葉賞>。そこを勝ち抜け、一躍主役の一角として飛び込んできたのがアプレザンレーブだ。その素質はすでに折り紙つき。主役は遅れてやってくるとばかりに現れた大物である。とはいえ、青葉賞といえばダービートライアルにも関わらず、決してダービー本戦にて良好な成績を残しているとは言い難いレースである。そこがはたしてどういう結果をもたらすか。


さて、肝心の私の予想であるが。まあ、アンライバルド殿下に逆らうというのも無粋なところ。とはいえ、絶対の一位かと言われると少々自信がないため、今回は三連単ではなく三連複の方で勝負したい。アンライバルドを軸にして、セイウンワンダー。ブレイクランアウト。
皐月賞4着のシェーンヴァルト。ナカヤマフェスタとトップカミング。
この五頭を連して絡めたい。
ロジとリーチザクラウンは、捨て。ちょっとイメージがわかない。ジョーカプチーノも不安要素ありすぎ。
トライアンフマーチも、今までが出来過ぎという感もある。本格化はまだ先じゃないのか。
上り馬として注目すべきアプレザンレーブだが、その実力素質は認めるが、駆けあがってきた分、どうもここで一息つきそうな気がする。毎日杯でしくじった分、着実な成長をステップとして踏んだ結果が前走の青葉賞の勝ちに繋がっているように見えるが、そのステップの分、駆け抜けてしまう勢いには少々かけてしまった気がするんだよね。気がする気がするばっかりだけど。

ここでアプレザンが実力を全開させたり、ロジ、クラウンが復権したりしたらお手上げ。素直に負けを認めよう。
アンライバルドがこけたら怒るけどね。
しかしこれ、冷静に考えるととんでもない買い方してるなあ(苦笑


結果


苦笑いしかでてこねー。
雨による馬場不良の影響もあったんだろうけど、後方からの差し、追いこみ馬がことごとく全滅。特に外を回った馬は折からの外側の伸びなさがより悪化した感もあり、大外枠のアンライバルドはもろにこれを被った。

1着 1番ロジユニバース
2着12番リーチザクラウン
3着10番アントニオバローズ
4着 7番ナカヤマフェスタ
5着 2番アプレザンレーブ

笑ってしまう。皮肉なことに、あの皐月賞のとんでもないペースにことごとく潰れていった面々が、このダービーでは見事に上位を占めてしまった。逆に皐月賞で切れまくったアンライバルドを含めた上位陣はセイウンワンダー、トライアンフマーチとことごとく沈没。
個々の馬ではなく、上位下位がこれほど丸ごとひっくり返るような顛末になるとはねえ。
見事に馬体を回復させ、ロジをもち直させた陣営も大したもんだけど、この不良馬場の影響は大きかったはず。先週のオークスの各馬のスッ飛ぶような脚色と比べると、このダービーの皆の走り方といったら泥沼でバタバタと溺れているかのような走りっぷり。正直、最後の方はどの馬もバテバテで、完走できるのかと思わず心配してしまったほど。この馬場で後ろからこれるような馬はいないよ。
実際、上がり時計は勝ったロジで39.2 最速のナカヤマフェスタ。6着シェーンヴァルトで39.0という惨憺たるもの。タイムに至っては2分33.2というとてつもない遅さ。
ちなみに先週の同競馬場同距離のオークスのタイムは、2分26.1である。

こりゃ、菊花賞は悩むことになりそうだなあ。強さの格付けは、これではまったく参考にならないだろうし。

ところで、この展開で最後方からまくって6着に食い込んでいるシェーンヴァルトが、何気に凄いかもしれない。この馬、皐月賞でもこっそり4着に入ってるんですよね。この極端に異なる展開をたどった両レースで上位に入っている、というのは注目すべきかもしれん。

勝ったロジの横山騎手は、ダービー初制覇かー。祝! G1自体、けっこう久々じゃないのかしら。最近、勝ててなかったし。