くぅーーーーっ、遂にというべきか、やっとというべきか。狼と香辛料第二期、きたーーー!
いやもう、始まる前から顔面の筋肉が弛緩しっぱなし。このシリーズを前にした時の自分のニヤけっぷりは少々異常であるとの自覚があるが、こればっかりはどうしようもない。

OP、曲は前期のほうが好きかなあ。あれはちょっと神掛っていたので比べるほうが間違いかもしれないけど。今回のだって旅情の雰囲気出てて、十分いいと思うんだけど。
今期登場の新キャラクターと思しき人間が何人も出てるわけですけど、ぶっちゃけわかんねえ(苦笑
年代記作家のお姉さんと、あのもう一匹の狼はさすがにわかったけれど。
酒かっくらってる姐さんって、もしかして名前もないわりにやたらキャラ立ってたあの人なんだろうか。
しかし、エーブまで出たという事は確実に五巻まではやるわけか。夜の闇に沈む街の山の手に、煌々と照らしだされる王城。それを見上げるようにして荒波に揉まれる船上にたたずむ狼の眼光を光らすフードを被った一人の女。エーブのシーンの雰囲気はこれ、只事じゃないな。それぞれの登場人物を魅せるシーンの演出も素晴らしいんですが、エーブのそれは明らかにこいつがラスボス! って感じだもんなあ。

本編のほうは、もうあれだ。
いちゃいちゃいちゃいちゃいちゃいちゃいちゃいちゃ。
はいはいごちそうさまごちそうさま。
一期のころよりも二人の仲が近づいたせいか、以前と比べてホロがやたらと体くっつけてスキンシップとってくるんですよね。もう、ベタベタにひっついてくる。ロレンスはロレンスで、ひょいっとホロの頭を抱き寄せたりしてしまえるあたりに、遠慮なくなってきてるなあ、という感慨が。
でも、のちのちの熟年カップルぶりに比べると、まだ甘いんですよねえ、これでさえ。ちょうどこっから、さらにイチャイチャ度が加速度的に濃くなっていくのを考えると、覚悟はきめといた方が良さそうだ。
とりあえず、ニヤニヤしすぎて、顔の筋肉が攣ったw

しかし、アマーティーの前での猫のかぶり方は本気で凄かったな。マジで別人じゃないの。ありゃあだまされる騙される(笑
でも、アマーティーがあんなショタ少年っぽい若者とは思ってなかっただけに驚いた。OPではなに、この女の子、と思ってたくらいだったのに。

狼と香辛料II【1】 [Blu-ray]
狼と香辛料II【1】 [Blu-ray]福山 潤, 小清水亜美, 千葉紗子, 小山力也, 高橋丈夫

ポニーキャニオン 2009-10-07
売り上げランキング : 38


Amazonで詳しく見る
by G-Tools