二週目?
 いきなりベアトリーチェが生身で登場、はいいんだけど、なんでミニスカなんだよ! 吹いたよ。年齢考えろよ!
ま、魔女先生、ちょっとそれは苦し恥ずかしです。恰好からして、ジェシカに乗り移ったのかとも思ったんだけど、最後に大人たちを集めて高笑いしてるシーンとジェシカがほかの子供らと一緒にいるシーンが時系列的に被ってるように見えたので、憑依しているとかいう話ではないのかな。
単に趣味か? 悪趣味だな。
マリアのつぶれたお菓子を直してみせたのは、魔法と言うよりすり替えの手品にしか見えなかったけど。直前にマリアから同じお菓子貰ってるわけだし。
マリアもいい感じに煮立ってるんだけど、あれはあれで母親のヒステリーに対してああいう風に折り合いをつけているという事なのかしら。
紗音は、ベアトに対してもピシャリと言い放ち、譲治兄ちゃんからのプロポにも即座に応える意思の強さを見せる。恋は女を強くする、てか?
ただ、強くなっても速攻でまた死にそうw
なんにせよ、ああいうメタシーンを合間に持ってこられると、何が起こってもアリな感じにはなるよなあ。
何気にバトラが駄々こねてるようにしか見えないのがなんだけど。