RIGHT×LIGHT7 (ガガガ文庫 つ 2-7)
RIGHT×LIGHT7 (ガガガ文庫 つ 2-7)近衛 乙嗣

小学館 2009-09-18
売り上げランキング : 740


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

絶対女王にゃー様 (ガガガ文庫 し 1-4)
絶対女王にゃー様 (ガガガ文庫 し 1-4)しろ

小学館 2009-09-18
売り上げランキング : 20394


Amazonで詳しく見る
by G-Tools



レスポンス

しばらくほったらかしにしていた迷惑メールフォルダが溜まりにたまってしまっていたので、消去しがてら一応中身を確認したら……何故かメールフォームから発信していただいてたメールが混ざっていました。なんでー!? 他のは全部受信トレイに入ってるのに。
というわけで、幸給さんすみません。ほぼ一カ月放置してしまいました。ごめんなさい。

>はらぺこ戦車隊がいつの間にか読めるようになってる!
コレかなりスキだったので、かなりうれしい……。
相変わらずというより、以前のより書かれてる描写以外の
世界状況も少しずつ読み取れて、やっぱり好きな作風だなと感じましたw
この四人登場させるには74式しか無理だよなあ、90式は3人だしTK-Xなんて新型はまだ構想段階なんだろうか……。
この世界だと74式のアップグレードはより進められてそうですけどw

ちょびっと修正してすぐに出すだけのつもりだったのに、やたらと時間がかかってしまいました、すみませんorz
性格からか、短編であろうと設定もろもろは好き放題つぎ込んでしまうタチなので、色々と仕込んではあるんですけどね。でも、ミリタリーのシステム系の知識見識が足りず、続編その他もろもろは断念してます。自分じゃ無理でした。一応、同世界観上での航空決戦編とか描こうと思ったんだけど、近代航空戦は難しすぎですw
74式を持ち出したのは、完全に趣味です。だって、90式よりこっちの方がフォルムがかっこいいんだもんw というか、怪獣映画でボコボコにされてしまうのが常だった74式に逆襲の機会を、というようなコンセプトもあったような記憶が。コンペでは作品のモデルはEGコンバットとかガンパレとかうろ覚えで答えてましたけど、本当はガメラだったので。ちなみに、74式があくまで先で、登場人物は後出しでした。