ちょっと驚いた。この手のエロゲ原作の学園異能モノのアニメとしては、話の進め方がびっくりするくらい丁寧だな。
1話では他人と話す事が苦手そうで口ごもってばかりだった主人公の駆が、2話ではわりとスラスラと積極的に初対面の人などと喋っていたのはあんまり気にしない方向で。
上級生に対して礼儀正しい態度を崩さない姿には随分関心させられたけど。心を閉ざして人間関係まともに構築できずに居た、というわりには非常に良く教育されている感じ。

彼に限らず、この第二話でだいたいメインの登場人物は出そろったとみていいんだろうけど、主に駆と関わる事になるだろう美鈴にしても、他の連中にしても人格的に破綻した所がなく、至極まともなんですよね。
突然、異様な世界<赤い夜>と名付けた世界に巻き込まれた件について話し合うシーンでも、話が突飛な方向に飛ばず、堅実に現状認識を共有し合う筋立てで、普通に話をしているだけなのに、なんかちゃんとしてるなーと何故だか感心してしまった(苦笑
そのせいか、まだこの何が起こっているのかわけがわからない展開にも関わらず、混乱させられたり、「はあ?」と置いてけぼりにされる事が全然ないんですよね。分からないなりに、随分とどっしりと落ち着いて見ていられるこの安心感は、なかなか大したものなんじゃないかと。

一話でも感じた事だけど、幼馴染のゆかとの関係はイチャイチャしているという風情ではまったくないんだけど、寄り添いあう姿は仲睦まじい感じで長年お互いを大切に守り合いながら連れ添った同士という雰囲気で、余人に入り込む余地が全くと言っていいほど見えないんだよなあ。
どんどんわけのわからない展開に巻き込まれて重苦しい雰囲気になりかねないところを、間の良いところで賑やかなクラスメイト香央理と匠を投入して、程よく緊張感を解きほぐしてくれるし。

当初はあんまり期待していなかったのが正直な所だけど、この丹念で丁寧なつくり方を見ていると、これはなかなか良作になりそうなんじゃないのか? とウキウキしだしているところ。
11eyes-罪と罰と贖いの少女-
11eyes-罪と罰と贖いの少女-
Lass 2008-04-25
売り上げランキング :

おすすめ平均 star
starバトル物としては…
star良作!!
starちょっと消化不良感

Amazonで詳しく見る
by G-Tools