ぶはっ、ツンデレ作戦とかなんだよそれ!!(爆笑
なんかもう途中から異様にクサイ話になってきて、微苦笑しながらオイオイと見てたんですが、まさかそういうことだったとは!!
お師匠様の案ということは、もうバトラ側のアドバイザーになる前から仕組まれてたってことになるんだろうか。だとしたら、凝った話である。まー、ここまで徹底してやられてしまうと、笑うしかないわな。
ベアトもあれで、妙に楽しそうだったし。しかし、魔女の存在を認めさせるって、あんなのでもいいのか。
とはいえ、ベアトの反応を見ているとまるっきり大嘘、というわけでもないのかな。既に、バトラとの対戦自体が楽しくて仕方ない、って感じになってきているみたいだし。ラムダもその辺、怒ってたようにも見える。
結局有耶無耶のうちに、エバおばさんが犯人だった、ということになってしまったけど、事件がいったいどのようにして起こったのかがわからないと、納得はできんわなあ。一応、そのままエバさんが当主に就いたみたいだけど、普通あんな大虐殺起こって一人だけ生き残ったら、警察に犯人として捕まらんか? 

ラストにいきなり登場したバトラの妹、エンジュ。てっきり、近い年齢の妹なのだと思っていたら、12年後の未来軸から現れたベルンカステルの刺客と来た。ということは、事件の起こった時期はまだマリアよりも小さいくらいだったということか。母親はバトラと一緒なのか、違うのか。そのへんは原作ではわかるんだろうか。それとも、今後見てればわかるのかな? ベアトリーチェの名前を継いでいるのもよくわからんし。相変わらず分からん事だらけ。謎が解明されるごとにさらに謎が増える、というのが定番だけれど、このうみねこって謎が増える一方で何一つ明らかになってないのがすごい。それでいて、ここまできてしまうともう分からなくても面白いと言うか、わからないのも面白いみたいな感覚になってきてしまって、まいった。
TVアニメーション 「うみねこのなく頃に」 コレクターズエディション 初回限定版 Note.02 (仮) [Blu-ray]
TVアニメーション 「うみねこのなく頃に」 コレクターズエディション 初回限定版 Note.02 (仮) [Blu-ray]
ジェネオン・ユニバーサル 2009-11-26
売り上げランキング : 1557


Amazonで詳しく見る
by G-Tools