サンデー

【アラタカンガタリ〜革神語〜】
そうかー、もう完璧に忘却してしまっていたがコトハってアラタ(様)の方が好きなんだった。これまでもわりとアラタといい雰囲気だったからその事実が前提にあるのを忘れてたなあ。アラタも自分の正体が彼女に伝わって以来、自分に向けられたものではない好意に苦しむこともなくなってたし。とはいえ、順調にアラタの事を意識しているのも間違いないようで……。コトハってアラタ様アラタ様言ってるときは妹っぽくて色気の欠片もなかったんだけど、アラタの正体知ってからは異様に女っぽく見えるようになってるんですよね、うんうん。


【金剛番長】
おおっ、いずれ出てくるとは思っていたけど、いい場面で復活したな、マシン番長!! てっきり誰かの手によって再生されるのかと思ってたら、墓地の下で普通に自己修復していたのか。
というか、農林水産番長って新しくできた役職じゃなくて、元から農林水産番長だったの!?(w


【神のみぞ知るセカイ】
そりゃあ、ハクアも何度も自分の裸を見られてるにも関わらず、あれだけ無反応だったら傷つくよなあ。神様は俗世の俗事には何の関心もないのですよ。だからリアルの女の子の裸にも、一切欲情どころか反応すらしない。あれだけ彼がポンポンと罪悪感なく女の子とキスを繰り返すことができているのは、単に相手の記憶がなくなるからだけじゃなく、キスなんてほんと、どうでもいい行為と思ってるからなのかもしれないなあ、と思ったり。


【結界師】
蒼士の境遇を聞いて、素直に「かわいそうに」と思えるところは、正守兄貴がなんだかんだとイイ人だと良く分かる部分だ。
思い出というほどのものを持っていない蒼士にとっては、墨村家で過ごした時間が大きなものになっているらしい。閃たちも先の戦いで彼への疑念を解いて、打ち解けてきたし、いずれまた岐路に立たされるであろうことは分かっていても、この賑やかさはイイ感じだなあ。
しかし、良守にとって蒼士ってどういう存在なのかね。友人というには甲斐甲斐しすぎるし、弟みたいなもんなんだろうか。実際に弟いるにも関わらずw


【絶対可憐チルドレン】
インパラヘン王国ってまた懐かしいなあー。セラと王子のイチャイチャっぷりが、もはや少年誌レベルを逸脱してるんだが(苦笑
しかしあれ、子作りタイムのときマサラ様はどうしてるんだろう。何気にこっそり混ざって楽しんでないか心配だ(何がw
今までありそうでなかった、パンドラ年少組の転入話。以前兵部と皆本が子供化したときも一時的にだが暗示でクラスメイトになってたけど、今回はどうやら実際に転校してきたみたいだし、なんのつもりだ? パンドラの子らって、確かめちゃくちゃ頭良かったようなw


【はじめてのあく】
今までありそうでなかった、というかここまで引っ張りに引っ張った挙句やっとこ登場、というべきなのか、正義の味方(見習い)登場編!! この世界、今まで登場した悪の組織って悪いこと全然してないので、正義の味方って具体的になにやってんだろう、とかねがね疑問ではあったのだが……だ、ダメだ、こいつらも(というかこの子限定かもしらんが)根っからの真っ直ぐさ加減が度を越しすぎて良識がねー(笑 まだ、人の話をよく聞いて世間になじんでるジローより柔軟性がない分、たちが悪い! 思い込みが進んだ結果、逆に悪いことしまくってるし。こ、これは後々もまた悪気なくトラブルメーカーになりそうなヤツ。


【ハヤテのごとく!】
いつもはぼんやりしてるくせに、実は一番負けず嫌いじゃないのか、伊澄さんw ところで咲夜はよっぽど頻繁に伊澄の仕事に付き合ってるのか? 伊澄さんの最大奥義っぽい技も、その威力から何からよく知ってるみたいだったし。
アテナの反応からして、どうやら王玉を求めることそのもの自体が、アテナの意思ではない感じになってきたぞ。彼女が城に篭っていた理由を想像するなら、ハヤテに出会ったことで城に帰る積極的な理由はもうアテナにはないはずだし。まあ、ハヤテに振られたらまた話は別なんだが……。となると、問題の解決には結局ハヤテがアテナの心の虚を満たす必要があるわけだ。具体的にはチューとか子作りとか(マテ
マキナの正体には驚いたけど。てっきり機械人形の方向だと思い込んでいたら……


マガジン

【ダイヤのA】
あれは振る! あれは釣られて振る振る! いやあ、栄純かっけえじゃないか、あのきわまった展開で度胸満点のピッチング。強気のリードも去ることながら、要求になんら動じることなくぐいぐいと投げ込むその度胸。痺れたーー!


【はじめの一歩】
ああっ、一歩さんがいつもの一歩に戻った(笑
これまでの受けてたつチャンピオン様モードの一歩様が異様に違和感があったので、いきなり予想外の相手の動きに、驚き慌てふためく一歩の姿に逆に安心してしまった。とはいえ、ここまでぱにくるのも珍しいっちゃ珍しいのだが。


【エデンの檻】
く、くあああっ、言った、言い切った!! 素晴らしい! この常に生死の瀬戸際の立たされているサバイバルの状況下で、恋心でウジウジしている余裕なんざないのよね。こういうシチュエーションでは、男女関係もガツガツいかんと。先日の、仙石が皆に向かって言い放った言葉。自分が守りたいものは自分で守るしかない、というのも見事に自分で実践してくれたのは、痛快でした。


【魔法先生ネギま!】
アリカ女王、かわええなあ。これまで一切崩すことのなかった能面が取れて、素の色んな表情が引っ張り出されて、それがかわいいのなんの。もうこれ以上ないくらい見事なラブストーリーじゃありませんか。ナギの旦那もぐちゃぐちゃためらわんと、スパッと掻っ攫っていくあたり、爽快である。まさに、映画みたいなお話で。
とはいえ、これでハッピーエンドではなく、まさしく此処から表に出せない暗闘がはじまり、ナギが行方不明になり、ガトーさんが亡くなるような顛末になっていくのか。
一連の過去話を見る限り、明日菜が根本の原因になってしまっている以上、彼女が背負う原罪もまた、アリカ以上にキツいんだよなあ。今、明日菜はそれを思い出さされているわけで……うーん、もしかしたらこりゃ、洗脳とかじゃなく彼女の意思でネギと袂を分かつような展開もありそうな。
なんにせよ、一連の過去回想はあくまでクルトの視点のもの。なんでジャーナリスト志望の朝倉をメンバーに加えたのか、なるほど理由が良く分かった。いや、まだ回想は終わりじゃないのか。


【我間乱 〜GAMARAN〜】
直善さまが、主君として、我間の友人としてイイ味出してるなあ。以前、屋敷を襲撃されたときもそうだけど、彼の存在が我間が戦う理由を彼の内だけにとどめず、外に広げる役割を果たしているように見える。ようやくというか、ここで我間以外の大亀流剣士たちの実力のお披露目ときたか。確かにどこかで実力示しとかないと。


【ベイビーステップ】
サーブって難しいんだよなあ。自分、最後までサーブは思うようにいかなかった。にしても、試合の最中に自分のサーブの改良をはじめるえーちゃんは、驚くほど自身の進化に対して貪欲で立ち止まることを知らないなあ。この試合の後で、とは考えないわけだ。常に勝つための可能性を追い求める、失敗を恐れず足を止めず、着実に進み続ける。常に、タイトルであるベイビーステップを体現してるんだよなあ。