二歳牝馬の頂点を決める、阪神競馬場芝外回り1600メートルマイル戦。
来春の桜花賞とまったく同じコースであり、ウォッカやブエナビスタ、のちのオークス馬トールポピーと、ここ三年続けて優秀な牝馬を排出しているレースでもある。ここで勝った馬は将来的にも活躍する傾向が高い、という来年以降を占なうにあたっても注目すべきレースであるわけだ。

とはいえ、データ的に見ればかなり傾向がバラけており、焦点を合わせるデータの取捨選択が難しいレースでもある。

とりあえずここは、マイル戦以上の距離の経験。過去に4着以下の戦歴。牡馬との混合戦での成績といった点を考慮し、さらに持ち時計も範疇に入れて考慮選択した結果……。

シンメイフジ、アババネ、アニメイトバイオ、タガノパルムドール、ラナンキュラス、ジュエルオブナイルの6頭を選出。

シンメイ、アババネ、アニメイトの三頭を中心にして、あとは三連複の組み合わせで如何なものか。
新馬戦1600を勝って一戦でこの舞台に参戦してきたタガノパルムドールは、なかなか無視できない存在感である、注目したい。


結果

IPatが夜中入金禁止だったのを幸いに、結論を翌日まで先延ばしにして熟慮を重ねた結果、思い切ってシンメイフジを外して、五頭の三連複を購入。
どうもこのレース、一番人気は圧倒的な実力がなければ、逆に三着も外しそうな気配を感じたんですよね。
10通り千円買ったところで、どうしても気になっていたベストクルーズを馬単で購入。これがアパパネとアニメイトからという、後になって考えるとどうしてこの三頭で三連複で買わなかったのか、という明らかに失敗な買い方をしてしまったのでした。
今回の正解の買い方は、アパパネとアニメイトを軸にしての気になるところ流し、だったのでしょうね。

結果はアパパネが中団から鋭く抜け出して勝利。捲くったアニメイトは外に持ち出したぶん遅れて二着。三着にはベストクルーズが追いかけてきて、結果好位から差してきた馬が上位を独占した形に。
シンメイフジは出遅れの影響もあったのでしょうけど、反応遅れて結局五着。四着にはラナンキュラスが入った模様。
先頭で引っ張ったジュエルオブナイルは、やっぱり距離が辛かったのかなあ。
というわけで、明らかに買い方のせいで失敗しましたw
馬券ってある一定のところまでは慎重に吟味しながらも、最終的には思い切った選択をしないと、だいたいこんな形になっちゃうんだよなあ。

とりあえず、勝ったアパパネは勝ち方に文句のつけようがなし。あれは間違いなく強い勝ち方でした。このままなら、桜花賞も間違いなく人気になるでしょう。