調教でピカイチの動きを見せたのはエイシンアポロンですが、今回は薔薇の一族の王子様。あの名牝ローズバドの息子さんでもあるローズキングダム軸で行ってみたいと思います。
小牧騎手も、ちょっと聞いた事ないくらいこの馬に入れ込んでるみたいだし、ここは先行投資しておいてもいいかなあ。
一番人気になってるみたいですが、思ったよりアポロンと差がついてる。てっきりアポロンの方が人気になると思い込んでたんですが。
この朝日杯では、単勝三倍台までは今まで複勝を外したことがないですからね。キングダム主軸はゆるがないでしょう。

この中山1600は、かなり外枠不利のレースとしても知られていて、まー過去も殆ど大外枠は連に絡んできていません。今回外枠に行ってしまった有力馬はというと、トーセンファントムかー。

よし、対抗は前走500万以下ながらレコード勝ちしてきたキングレオポルド。あとはエイシンアポロンとダッシャーゴーゴーから。
今回は頭数を絞って勝負。
あ、一応ダイワバーバリアンも押さえておこう。500万上がりながら、前々走のデイリー杯四着は、タイム的にも上の三頭見てもなかなかのもんだし。

結果


これは思ってた以上にローズキングダムが強かった。最後の直線でエイシンアポロンが抜け出したのを、後方からキングダムがしっかり捕まえ、なで斬りに抜き去っていった。完勝と言っていいだろう。
これほど強い勝ち方をされたら、来年もよっぽどの馬が出てこない限りは、皐月賞まで大本命扱いされるんじゃないだろうか。元々マイルよりも長くなってさらに強さを発揮する馬だけに、隙が見当たらない。
二着のエイシンアポロンは、力を出しきっての二着なだけに、この負けはツラそうだ。来年、よほどの力の上積みを重ねないと太刀打ちできないかもしれない。
三着には、押さえておいたダイワバーバリアンがしっかりと入線。もっと人気低いのかと思ったら、五番人気だったのね。
三番人気、三強の一角を形成していたトーセンファントムは折り合いを欠いてレースにならず、15着。元々大外枠という大不利な枠順ということもあり、大敗自体は度外視してもいいんだろうけど、でもやっぱり負けすぎだよなあ。次走で良い勝ち方をしないとクラシックでは人気を得られないかも。

結局、三連単、8−12ー2の6720円、頂きました。これで年間トータルの収支、有馬記念を買ってもプラス一万円くらいにはなりそうです。