【聖剣の刀鍛冶 #12 刀鍛冶 -Blacksmith-】
シーグフリード流に言うならば、どうしようもなくダメダメ。なんだこりゃ。
ラスボスであるところの、シーグフリードの目的がさっぱりわからないものだから、それと相対するジークやセシリーの戦う理由なども結局曖昧になり、そもそもこの作品、なんの話がしたかったのから分からないと言う顛末に。
リサとルークの関係の再構築を最後のテーマに持って来てたっぽいけど、どうもインパクトに欠ける結果に。おまけにそれだとセシリーがオマケの扱いにしかなってなくて、もう少し二人の関係の進展の鍵を握る働きができたら良かったんだけど、それも叶わなかったし。
一応、二期以降へとつなげられなくも無い終わり方だったけど、うーん。結局、良かったのは皇女編くらいで、それ以外は原作の要素を無駄に食いつぶしてしまった感じだなあ。作画や戦闘演出は色々と凝ってて面白かったんだけど。
残念な出来でした。


【DARKER THAN BLACK -流星の双子- #12 星の方舟】

……は? ?????
あれ? 十話くらい見逃したっけか?
なんか、いきなりワケ分からん話になって、そのまま終わってしまったのだけれど。
ぽかーん。
解釈はできる。だが、なんで解釈を要求されにゃならんの? 幾ら何でも、あらゆることが説明不足で誰が誰とどういう関係で何を考えどう動き、結果どうなったのか。その具体的なところが一切わからないまま終わってしまい、ひたすらぽかーーん。
あの、エアカーが空に飛んでいくシーンはギャグだったのか?

いやもうなんか、今のところ頭真っ白で、思考停止状態です、はい。なんだったんだ、いったい。後半行くまで、というかクライマックス直前まで非常にクオリティ高い傑作と呼んで過言ではない作品だったはずなんだけど……あの、本気で十話か十二話ほど間抜けてません?

とりあえず、主役が実はゴルゴだったのは、なんとなく理解できた!