年明けて最初の大型グレードレース、だったんですよね、昔はー。天皇賞・春に挑む古馬たちのステップレースだったのも今は昔。近年はむしろ金杯の方にイイ馬をとられて、コチラに出てくるのは一流半、といった所が多い気がします。
今年もその傾向は引き続いているようで、いささか寂しいメンバー。
一番人気はかつての青葉賞三着馬。現在、OP特別を勝って勢いづいてるトップカミング。このオリオンSの好走馬は比較的この新春杯でも走る傾向があり、近四走連対を外していない調子の良さ。新春杯と同じ2400で二回勝っていることから人気が集まったと見られる。
が、敢えて自分はこれを放棄。
主役は大外メイショウベルーガに据えさせてしまう。一番人気を得たにも関わらず三着になってしまった前走愛知杯。その屈辱をここで晴らして貰いたいところ。この馬には牝馬古馬の主役級二なってもらわないと困る馬ですしねえ。鞍上は今一番ノリに乗ってる池添くん。今のうちに重賞荒稼ぎしておかないとね。

あとは三連単で、堅実微妙のサンライズマックス、久々のベストメンバーを対抗軸に据えて、他は適当にパラパラと摘み買い。正直、この三頭の固め買いにしても良かったのかもしれないが、そこは欲を掻いてみるのも一興。


結果


大失敗!!

穴でレッドアゲートを二着三着で抑えていただけに、これはもうへこむ。めちゃくちゃへこんだ。

結果はメイショウベルーガの圧勝。池添、ノッてるだけあって余裕勝ち。ベルーガもこれは強かった。少なくともこのクラスは敵じゃないな。しっかりとG1戦線で戦える馬だわ。
二着に来てしまったのが、外したトップカミング。三着には人気薄のレッドアゲートが入ったために、三連単8万以上ついてるじゃないっすか! 
カミング外すんじゃなかったー。やってもたー。これとってたら一月でもう今年の予算分回収できたのに。
しーぼーむー。