【ONE PIECE】
イナヅマ、そんな所に居たのかぁ!! 毒の治療のために休ませるとは言ってたけど、そういえば船はインペルダウンから直通で海軍本部に来てるわけだから、降ろす所がなかったんですよね。どこで休んでいるのかと思ったら、おいおいおい(笑
それでもこの人、ここぞと言うときに役に立ちまくる人だなあ。あんまり喋ってるシーンが無いにも関わらず、印象強く残ってるし。
覇王色の覇気の片鱗を見せたことで、白ひげは部下たちにルフィーの援護に回るように支持。自分は敵をひきつけ、次代に託したか。白ひげが半死半生にも関わらず、反論も抗いもせず一心にルフィの援護に回ってくれる白ひげ海賊団の頼もしいこと頼もしいこと。おまけにミスターワンやクロコダイルまで。クロコはこの戦い限りなんだろうけど、これはでっかい借りができたよなあ。
そして、衰弱した身体を押して出てきてくれたイナヅマの能力で、ついにエースへの道が出来上がる。そして立ちふさがる最後の壁は、爺ちゃんガープ。
これはもう、どうなるのか、どうするのか、クライマックスだ!


【バクマン。】
中井のおっさん、立つ鳥跡を濁しまくり。最後は女の尻を追いかけるばかりで、漫画への情熱など失われてるような感じだったしなあ。だとしても、連載終わるまではちゃんと仕事しなさいよ。三十代後半にもなって、これじゃあなあ。挙句に自分から蹴っ飛ばした蒼樹先生に臆面も無くもう一度アプローチを仕掛けるとは。よくまあ、みんな見送りに行こうという気になったもんだ。


【ぬらりひょんの孫】
ツララ、無茶しすぎ(苦笑
なんか目算があって踏み込んでえらそうに宣言したのかと思ったら、立ち聞きしてただけかよ。しかも、正体まだバレてなかったのか。
陰陽道の大家のわりに、妖怪が紛れ込んでても気づかないんだ。
とはいえ、その堂々とした宣言は仮にもヒロインの一人に数えられるだけのことはある面目躍如。なかなか勇ましく美人さんでしたよ。
リクオの方は、淡島が異空間に取り込まれて単独戦闘。敵地でひょいひょい怪しいものに手をだすなよw 妖怪が化かされてどうするんだ


【PSYREN-サイレン-】
ああ、さすがに電波を介した感染ではなく、接触感染の毒だったか。研究員の先生は結局助からずか。彼の死の瞬間、弥勒が何か気づいた素振りを見せていたのを見ると、思ってた以上の繋がりがあったのか、この二人には。
一方、マツリ先生は完全にダウン。歴史の強制力なんて話も出てくるのか。アゲハはさすがに修羅場を何度もくぐっているせいか、ジャンプ主人公とは思えないくらいの容赦の無さw あれ、完全に殺しに掛かってたなw


【HUNTER×HUNTER】
王様が完全にでっかい器の本物の王様っぽくなっちゃったなあ。戦闘にあれほどの読みと戦略を駆使するようになったのは、やはり彼女との将棋指が影響しているんだろうなあ。組み立て方がまるでそれそのままだし。


【めだかボックス】
暗器だから、で全部説明した気になるなよ、おい(笑
暗器という名称さえつけたら、何でも隠せると思うなよ、おい(笑
殺人鬼だから殺すのはうまくても武器に関しては素人、というのはちょっと意外。西尾維新の殺人鬼って、武器がどうの武術がどうのじゃなくて、コロスから死ぬ、みたいな所が概ねあったんだけど、さすがにこのケースではその手の問答無用さは場違いか。