「2009年下半期ライトノベルサイト杯」に投票します。

今回もよろしくお願いいたします。今年は投票期間が短いそうなので、急いで。
前回から既存新規まとめて十作というルールが制定されているので、今回も自重せず好き勝手に選んでみました。



<新規部門>


<紫色のクオリア>
 うえお久光/綱島志朗 電撃文庫

【09下期ラノベ投票/新規/9784048679046】

感想はこちら





<龍盤七朝 ケルベロス 壱>
 古橋秀之/藤城陽 メディアワークス文庫

【09下期ラノベ投票/新規/9784048682190】

感想はこちら




天川天音の否定公式 (MF文庫J は 6-4) 天川天音の否定公式 II (MF文庫J)
<天川天音の否定公式>
 葉村哲/ほんたにかなえ MF文庫J

【09下期ラノベ投票/新規/9784840130516】

感想はこちら 1巻 2巻




陰陽ノ京 月風譚 黒方の鬼 (メディアワークス文庫)
<陰陽ノ京 月風譚 黒方の鬼>
 渡瀬草一郎/洒乃渉 メディアワークス文庫

【09下期ラノベ投票/新規/9784048682244】

感想はこちら




<既存部門>

翼の帰る処〈2〉鏡の中の空〈上〉 (幻狼ファンタジアノベルス) 
<翼の帰る処 2.鏡の中の空>
 妹尾ゆふ子/ことき 幻狼ファンタジアノベルス

【09下期ラノベ投票/既存/9784344817401】

感想はこちら 上巻 下巻





<テスタメントシュピーゲル 1>
 冲方丁/島田フミカネ 角川スニーカー文庫

【09下期ラノベ投票/既存/9784044729097】

感想はこちら





<時載りリンネ! 5.明日のスケッチ>
 清野静/古夏からす 角川スニーカー文庫

【09下期ラノベ投票/既存/9784044732059】

感想はこちら





<葉桜の来た夏 5.オラトリオ>
 夏海公司/森井しづき 電撃文庫

【09下期ラノベ投票/既存/9784048680790】

感想はこちら



レンタルマギカ  滅びし竜と魔法使い (角川スニーカー文庫)
<レンタルマギカ 滅びし竜と魔法使い>
 三田誠/piko スニーカー文庫

【09下期ラノベ投票/既存/9784044249229】

感想はこちら




さよならの次にくる<新学期編> (創元推理文庫)
<さよならの次にくる<新学期編>>
 似鳥鶏/toi8 創元推理文庫

【09下期ラノベ投票/既存/9784488473037】


感想はこちら




前回は全部既存作品という有様になってしまいまいたが、今回は幸いにも新規4作、既存6作とうまいこと別れてくれました。【陰陽ノ京】については新作かというと微妙なところなのですが、主人公も変わってますからいいのか。
新作シリーズの注目作は、何はともあれ黒古橋全開の【龍盤七朝 ケルベロス】。ブラックロッドから入った人なら落涙ものの、衝撃の一作です。
世間の評判なんのその。イチオシはしませんが、私個人のこころの中では殿堂入り、バイブル認定してるのがこの【天川天音の否定公式】。私の嗜好のツボというツボを押しまくってくれやがったんですよね。美しくも儚い、夢幻のごとき平穏な日常。今にも壊れ砕け散りそうなそれに、思いっきり魅せられてます。
そして今期最大の衝撃作と言ってよかったのが、なんと言っても【紫色のクオリア】ではないでしょうか。本気でぶっ飛んだもんなあ。これは一冊で綺麗に終わっているので、先ず以て手に取ってみるのがよろしいかと。

既存部門では、前回は四作あったシリーズ完結品が、今回は一作のみ。
それがこの【葉桜の来た夏】。これは前回も投票してるんですよね。前回にも増して最終巻にふさわしい盛り上がりとラブでありました。
ついに最終章開幕の【テスタメントフリューゲル】。開幕にも関わらず既にクライマックスという凄まじいテンション。恐ろしいのは、このクライマックスなテンションが真実まだ始まったばかりというところか。
同様に最初の面白さが文字通り序奏でしかなかったのが【翼の帰る処】。一章の時点であれだけ面白かったのをあざ笑うかのような本気の出しっぷり。
あと、なんでこれが評判にならないのか深刻に首を捻りたくナル【時載りリンネ! 5.明日のスケッチ】。こんなに面白いのに! こんなに素晴らしいのに! 名作と言う意味では、他の追随を許さないクオリティなのに! なんとか、これは売れて欲しいんだけどなあ。続きを読めるように、という意味においても。
長期シリーズにも関わらず【レンタルマギカ】はほんと、最新刊が最高傑作というのをこのところ更新し続けてます。これもハンパじゃ無く面白くなってるし、アニメ化までされてるのに妙にパッとしない印象なのはなんでなんだろう。もっと売れろー。
そんでもって、これもシリーズ最新刊にして最高傑作だった【さよならの次にくる<新学期編>】。これは、これまでが慣らし運転だったとしか思えない出来栄えでした。

前回はわりと悩まずにすっとキマッたのですが、今回は【[映]アムリタ】に【聖剣の刀鍛冶】、【アップルジャック】、【神様のメモ帳】など甲乙付けがたい作品が多々あって、非常に悩みましたが、最終的にこの選別になりました。