今年のクラシックは本当に強者揃いだ。近年、これほど役者が揃ったクラシックも久しぶりなんじゃないだろうか。
目下、3歳馬の中で一番に君臨するのはやはり、去年の二歳王者戦、朝日杯3歳Sを完勝したローズキングダムだろう。その薔薇の王が、当初予定していたこのレースを回避したのは、まさにこの馬がこの弥生賞に出馬する事が決定したからである。

ヴィクトワールピサ。

王者が本番までに雌雄を決するのを回避した馬である。
新馬戦で対決した際は、四分の三差でキングダムが勝利。だが、その後、三連勝で朝日杯に並ぶ西の二歳馬出世レースであるラジオNIKKEI杯2歳Sを勝ち上がってきたこの馬は、見事にクラシックの登竜門、弥生賞を文句なしの強さで圧勝した。

正直、道悪のコンディションの中ではこの馬の鋭利な切れ味が鈍磨してしまうのではないかと危惧し、馬券は二着に固定していたのだが、まったくもってこの馬の資質を見くびっていた、見誤っていた、舐めていたと怒られても仕方がない。
朝日杯でキングダムの二着に追じたエイシンアポロンを、ゴール際でひらりとかわしての一着入線である。まるで、キングダムと同じことを自分が出来ないとでも思ったのか、と言わんばかりの勝ちっぷり。

ああ、ここは素直に行っておけばよかった。