ちょっ、体晶って滝壺理后が使ってたヤツじゃないですか!!
滝壺理后というのは、原作小説に登場しているキャラなのですが、そういえばいずれこちらの<とある科学の〜>の方にも登場する予定でしたか。
まさか、「暴走能力の法則解析用誘爆実験」が体晶を生み出すためのものだったとは。それ以外にも、様々な要因が直接的に<レベル6>へと至るためのこの学園都市の狂気を体現する形になっている。それは、過去の出来事でありながら、現在進行中の絶対能力進化(レベル6シフト)実験へとダイレクトに繋がっていくこととなる。
現在美琴は、多大な同情と共感を以て一連の事件に向き合っているはずだ。恐らくは、事件に渦中にいる当事者だと、自分のことを思っているのかも知れない。
彼女はまだ、自分が部外者であることを知らない。木山春生の絶望を、彼女は未だ本当の意味で理解できない。
だからこそ、<本当の>当事者となってしまうことになる絶対能力進化(レベル6シフト)実験の真実を目の当たりにした際に抱くことになる美琴の絶望感は、途方もないものになるのだろう。
まったく、煽ること煽ること。第二期への伏線と説得力をこれほど大胆かつダイナミックに、それでいて繊細にして深々と埋め込むとは、感服するばかりだ。

今回見ていてふと思ってしまったのは、あの美琴が木山先生を止める場面。あの場合、もし上条さんならどうしてしまうんだろうかなあ、と。
あの方の行動原理は単純明快な分、こうした割り切れない場面だとどうするのかいまいち見えないんだよなあ。
それはそれとして、美琴は辛いだろうに良く言ったと思う。木山先生の心情はイタイほどわかるが、現状を鑑みるならば彼女のそれは自己満足の我侭になってしまうんですよね。それを指摘するのは、言う方も言われる方も辛かっただろうに。
自分の手で助けたかった子供たちを結局助けきれず、自分の手元から離され、無力感に打ちひしがれてうなだれる彼女の悲痛さが、もう見ていて辛くて辛くて。あのレベルアッパー事件が失敗に終わって拘留された時ですら、彼女は膝を折らなかったのに。崩れなかったのに。
ああ、やっぱりこの人、このシリーズで一番好きだわー。

初春と黒子は拗れたまま。ここまで来ると、初春が意固地になってるよなあ。黒子に突っかかる様は言いがかりに等しく、さすがに大人気ないことになっていた。まあ、子供なんだけど、まだ。でも、実のところこうした側面は大人になろうと変わらない人は変わらないんだよなあ。
それはともかく、ちゃんと佐天さんがそんな初春に、怒りの一喝をくれてたのは素晴らしかった。この娘はほんと、友達甲斐がある娘だ。

それともう一つミスリードされたのが、春上衿衣と枝先絆理の交流だ。てっきり、春上衿衣が件の実験施設から離脱したのかと思い込んでいたが、逆に枝先絆理が通常のチャイルドエラー収容施設から選抜されて連れてこられたのか。そりゃあ、木山先生とは面識も何もないはずだわ。

テレスティーナ女史は、相変わらず隙を見せないまま。ただ心情的には木山先生の事を知らない癖に、あまり心象の良くない口ぶりで評されるとムッと来てしまう。最後に直接退治したときの様子は、基本事務的で言い分も至極真っ当正論。ヘブンキャンセラーの先生も口出ししなかったし。やっぱり怪しい所は伺えなかったんだけれど、でもなんか気になるっちゃ気になるんだよなあ。でも、彼女が何らかの黒幕にしても、動機や目的、他にも例えば木原への繋がりなど、何も今のところないんですよね。
今のところは、単にレスキューの隊長としてポルターガイスト事件に真摯に対応しているようにしか見えない。

とある科学の超電磁砲 第3巻 <初回限定版> [Blu-ray]
とある科学の超電磁砲 第3巻 <初回限定版> [Blu-ray]
ジェネオン・ユニバーサル 2010-03-26
売り上げランキング : 25


Amazonで詳しく見る
by G-Tools