うん、素晴らしかった。
この作品がアニメ化されると聞いて、一番気になっていたのは一巻の名シーン。文乃の告白シーンだったんですよね。
あの半ば錯乱しながら、本音と嘘が入り雑じり、搾り出すように、振り乱すように告げる告白シーン。
「……違う。大嫌い。巧のこと、大嫌い! 大好き!」
あれを、文乃役の人がどう演じてくれるか、それが楽しみで仕方なかったんですが、ええもう、期待した以上にやってくれました。これが熱演名演ってやつですよ、うん。ここだけでもうアニメ化した価値ありました、自分的には。

台風の夜、二人きりでいる巧と希を心配して夜中に訪ねてきた文乃。その行動と、巧と文乃の通じ合った仲の良さを目の当たりにした希は、自分がこの家に居ることで二人の邪魔をしてしまう、迷惑をかけてしまうと思い、明け方ストレイキャッツを出て行ってしまう。
巧は、結局希が出て行った本当の理由を最後までわかってなかったな、これは。その点、文乃の方はちゃんと分かってて、だからこそあれだけ取り乱していたわけだ。
巧の説得は希の心を揺らしに揺らし、解きほぐしたのは間違いないけれど、文乃がいなかったら果たして帰ってきたかどうか。帰ったとしても、自分の家という認識でいられたかどうか。

希がいなくなったと知らされた途端、朝っぱらから躊躇なく街に繰り出し探しまわってくれる友人たちがまたかけがえない。家康なんて普段あれだけアレな行動とってるくせに、友情には厚いんだよなあ。

うん、良い最終回でした……と、なんか終わっちゃった気になっちゃったよ!(笑
一応、この三話で原作一巻分がちょうど終わったのか。早いといえば早いんだけれど、演出の面白さもあってそれほど駆け足には感じなかったかな。

あと、予告の佐藤&鈴木のメイドコンビの漫才が毎回楽しすぎるw

はっぴぃ にゅう にゃあ TVアニメ「迷い猫 オーバーラン!」OP&EDテーマ
はっぴぃ にゅう にゃあ TVアニメ「迷い猫 オーバーラン!」OP&EDテーマ芹沢文乃(伊藤かな恵)&梅ノ森千世(井口裕香)&霧谷希(竹達彩奈)

ジェネオン・ユニバーサル 2010-05-12
売り上げランキング : 133


Amazonで詳しく見る
by G-Tools