どこか物悲しく切ない思いに胸をかきたてられる憂愁の音色、EDテーマをそんな風な心持で聞いていた時代が私にもありました。

もう、音色が聞こえてきた途端、吹き出してしまうように条件付けられてしまったがな!!

陰険悪辣極まりない手段で、天使ちゃんを貶め、その地位と信頼を失墜させようと言う外道ゆりっぺの卑劣な作戦が今、結構に移される。どうなる天使ちゃん。負けるな天使ちゃん。頑張れ天使ちゃん!
というふうなイメージで送られる今回の第五話。天使ちゃんの本名が立花奏ちゃんというのが発覚したり、天使ちゃんが【WORKING!!】のぽぷら先輩クラスのちびっこ生徒会長という身体的特徴が明らかになったり(一話でこんなにちっさかったっけ?)、ベンチがアホだから……じゃなくて、教職員がアホなのかして、成功するはずのない穴だらけのゆりっぺの作戦が何故か成功してしまい、天使ちゃんが静かに傷つき落ち込み、麻婆豆腐の食券を音無に奪われてしまうという、色々な意味で胸を掻き毟られるようなお話でした。
天使ちゃんをいじめるなーー♪ しまった、♪マークをつけてしまった。別に他意はない、他意はないぞー?

ギャグについては、もう勘弁してください、と言いたくなるくらい笑いまくった。お腹痛いw
この人のネタはねえ、便座カバーとかもそうだけど、嵌ると自我がワケわからなくなるくらい、笑っちゃうんだよなあ。イスがジェット噴射して天井でグキッって、ベタなのか革新的なのか。なんにせよ、スローモーションは卑怯だ(爆笑 EDテーマが何故か流れてくるのも卑怯だ!(ww
高松は知的なメガネ参謀というイメージが一瞬で崩壊して、ガチムチになってしまったし。そういえば、最初に頭悪いとか言ってたなあ。

とにかく、つい先日まで美少女ターミネーター扱いだった天使ちゃんが一躍孤高のヒロインにしてお姫様になってしまった。そろそろゆりっぺも点数稼いでおかないと、外道キャラが定着してしまうぞw
幸いにして、嫌味な悪役が登場してくれたので、悪評も分散しそうだけど。え? 天使ちゃんもいいけど、私、ゆりっぺも好きですよ?

あと、ゆいにゃん、ちゃんとボーカルやってたじゃないか。他のバンドメンバー、嫌がったりしなかったのな。てっきり、何人かはダメ出しするかとも思ったんだが。
アホなキャラクターと違って、歌の方はなかなか本格的。いいんじゃね?

Angel Beats! 1 【完全生産限定版】 [Blu-ray]
Angel Beats! 1 【完全生産限定版】 [Blu-ray]
アニプレックス 2010-06-23
売り上げランキング : 9

おすすめ平均 star
star五話まで見て(多少ネタバレあり)
starネームバリューは優秀だが
starえっ……。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools