シーズン開始前に監督が勢ぞろいして会見。監督や、チームの代表として呼ばれる選手たちがみんなスーツで正装してくる中で、一人いつもの格好で現れる達海。
おおっ、ダルファー監督来たよー! これちょっと驚いたんだけど、外国人はみんな日本語じゃなくてちゃんと母国語喋らせるんだ。さすがはNHK! ダルファー監督、あれしゃべってたの英語じゃなかったもんなあ。オランダ語?

マスコミ相手の会見でコメントを求められ、他のチームを挑発するようなビッグマウスを披露する達海。と言っても、傲慢さを感じさせるような嫌悪感や不快感をもたらすようなビッグマウスじゃなくって、弱いと目されているETUがリーグに旋風を吹き込むような、波乱を呼び込むようなワクワク感を引き起こすような発現で、これはマスコミとしてもありがたかったんじゃないかなあ。
正直、自然と燃えた。

とはいえ、早々簡単に勝てるほど甘くはないんだがね。監督が変わったからと言って、すぐさまチームが変貌するわけじゃない。監督の方針ややり方が浸透する時間が必要ということなんだろう。ETU最初の試練が、ここから始まる。

と、その前に、達海に声をかけ、会見会場から連れ出した外国人の小さなおじさん。子どもたちがサッカーに夢中になって走りまわるのを見つめる彼の目は、達海と同じくサッカーが好きで好きでたまらないサッカー小僧のキラキラしたまなざし。彼こそ、現日本代表監督のブラン監督。
実は今のところブラン監督の出番って原作でもここだけなんだけど、将来的にこの交流がどう絡んでくるのか、非常に楽しみなところなんですよね。

GIANT KILLING(14) (モーニングKC)
GIANT KILLING(14) (モーニングKC)綱本 将也

講談社 2010-04-23
売り上げランキング :

おすすめ平均 star
star達海はやっぱりカッコいい!
star友情物語
star達海の過去を振り返る

Amazonで詳しく見る
by G-Tools