ころね当番回、なんだけどころねは普段からその言動から、存在感がありまくるからなあ(笑
とはいえ、さすがに当番回だけあって、普段とちょっと違う側面を見せてくれる、のか? 実はそれすらも演技ではないかと疑わざるを得ないところに、ころねの厄介さがある。
自分を送り込んできた部署から、魔王を誘惑して落とせ、失敗すれば処分だ、と言い渡された人造人間・ころね。仕方ないので、これまでのおちょくり目的とは違う形で色仕掛けに走るころねだったけれど、案の定警戒され、そこはかとなくしゅんと落ち込むころねが可愛い! んだが、やっぱりころねがヘコんだりシュンとなったりというのはあまりに嘘くさく、胡散臭く、そういうキャラじゃないだろうと疑心暗鬼にかられてしまう。恐るべしころね。
でも、
「ただ忘れないで欲しいのは、私はあなたの傍にいたいと考えています。」
このセリフだけは嘘偽りの無い本音だったんじゃないでしょうか。

なまこのシーンは、さすがにちょっと自重した方がいいんじゃないだろうか、あれは(苦笑
けーなは天然でアホの子なんだけれど、時々異様になまめかしいのでドキドキです。

でも、そろそろ阿九斗のヒロイン衆への対応の仕方がはっきりしてきたというか、態度の違いが見えてきた感じがしますね。
一緒にいるとリラックス出来て気が休まるけーな。何だかんだと一番自分がどう思われているか気にし、気にかけている絢子。一番気を遣わず素の自分をさらけ出せるころね。
この三人が阿九斗にとってのメインヒロインになるのかな。不二子さんと会長はやっぱり一歩遅れてしまうか。

臨海学校に行かなかった不二子さんと会長はというと、何故かピーターハウゼンの所にたむろってる。不二子の愚痴に付き合ってるピーターハウゼンは何気に気のいいヤツなんだよなあ。

さて、次回はついに勇者登場である。

いちばんうしろの大魔王 第2巻 [Blu-ray]いちばんうしろの大魔王 第2巻 [Blu-ray]

メディアファクトリー 2010-07-23
売り上げランキング : 841

Amazonで詳しく見る
by G-Tools