今年の樫の女王を選出する牝馬クラシック第二弾。優駿牝馬(オークス)到来。

一番人気は阪神JFを勝ち二歳女王、そして桜花賞と連覇したアパパネが前日オッズ4.5倍。
阪神JFと桜花賞を奪取したにしては倍率が高いが、これは距離適性への不安からきたものだろう。阪神JFと桜花賞は1600メートルであるのに対して、オークスは2400メートル。歴史的に見ても、桜花賞まで連覇しながら距離の壁に跳ね返された例は多い。
アパパネは母馬ソルティビッドが1200の電撃戦を専門にした典型的な短距離馬だったこともあり、半ば長距離へと足を踏み込んだ2400という距離を不安視されるのも仕方ないところだろう。
斯くいう私も、アパパネは本命から外さしていただく。JF、桜花賞とひどい目に合った意趣返しじゃないぞ?

やはり桜花賞組はしぶとくオークスでも結果を出しているので、中心は桜花賞組から。そして、新規参入組はフローラSの上位二頭から。
ということで、今回は桜花賞4着のショウリュウムーンと5着のアプリコットフィズの二軸を中心に、そこからアパパネ、フローラS1着のサンテミリオンに、二着のアグネスワルツ。桜花賞で本命にしたアニミトバイオ。桜花賞2着のオウケンサクラに3着のエイシンリターンズ。
天候があいにくの雨。馬場状態は8Rの段階では稍重だったんだけれど、これからさらに悪化する? 切れ味勝負の馬はツライかも知れないが、正直馬場状態の悪い状態でどの馬がくるのかわからないので、そのへんは思考放棄。逃げるアグネスワルツくらいが大駆けしてしまうか。


結果


アパパネとサンテミリオンの同着決着!!

レースはニーマルオトメが逃げをうち、アグネスワルツが追いかける展開。そこから少し距離をおいて三番手集団。前の二頭は予想通りだったのだけれど、ショウリュウムーンが三番手集団を引っ張る形になったのは意外だった。もう少し控えた位置に行くと思ったんだが。雨天の馬場状態を考えて前気味にしたのか。結果としてショウリュウムーンはいいところなく、ブービーだったからなあ。
現実に、前のほうで競馬をしていた馬はほぼ壊滅状態。そんな中で粘って参着に食い込んだアグネスワルツは強かったと考えるべきか。
アパパネは蝦名騎手がうまいこと乗ったというべきか、アパパネの気性が成長していたということか。いずれにしてもネックだった折り合いがびっくりするくらいうまいことついていたのが勝因。ただ、体勢的にはサンテミリオンだったんだけどなあ。うまいこと首の上げ下げになった。
でもサンテミリオンともに競り合いでどちらも譲らず、という見事なレースだった。
フローラS組はやはり侮れないということか。
4着にはアニメイトバイオ。5着にはオウケンサクラ。この二頭も中団から後方にかけての位置取り。馬場状態からして前残りになるかと想定していたんだけれど、これは完全に想定外だ。
前めで走っていたアプリコットフィズも結局鳴かず飛ばずの6着だったし。