1600メートルのG1ホースが存在しない、混戦模様の前期のマイル王決定戦。
人気は前走マイラーズCを制したリーチザクラウン、名牝キョウエイマーチの仔で同レース2着のトライアンフマーチ、皐月賞馬で同レース3着のキャプテントゥーレ。と、マイラーズCの上位三頭がそのまま人気順に並んだ。
とはいえ、意外なことにマイラーズCからは近年勝ち馬が出ていない。リーチザクラウンはクラシックの頃から人気になると期待を裏切る性癖の持ち主で、控える競馬を覚えたという前走だけれど、二回連続で上手く折り合いつけれるか? という疑問が強かったので、敢えて回避。

結局馬券は、キャプテントゥーレ、トライアンフマーチ、去年の安田記念で三着だったファリダット、ダービー卿チャレンジトロフィーを勝ったショウワモダン、東京コースの1600で重賞2勝の実績を持つアブソリュート、そして香港馬からフェローシップ。この6頭で三連複を組んだのでした。


結果

リーチザクラウンは、案の定というべきか予想した通りになったというべきか。スタート後、馬群が安定するまでは4番手ほどといういい位置につけたものの、ペースがふっと緩んだ瞬間、リーチはペースを緩めず行ってしまおうとして鞍上と折り合いを欠き、この時点で脚を無駄に使ってしまったと思われる。結局、4コーナーを曲がって直線に入ったところで早々に失速。14着という無残な結果に終わってしまっている。

前半600m通過が33秒6というハイペース。先頭で馬群を引っ張ったエイシンフォワードをはじめ、先行集団は総崩れ。後方でじっくり脚を貯めていた馬たちが、最後の200メートルで一気に突き抜けてくる。最内を縫うように突破してきたのはスマイルジャック。粘っていたエイシンフォワードを躱してそのまま先頭に躍り出る。そのまま突き抜けるかと思われたとき、外からさらに加速してショウワモダンとスーパーホーネットが来襲。
追い出しを我慢した分、スマイルジャックをスーパーホーネットとショウワモダンが上回り、結果勝ったのは後藤騎手のショウワモダン。道悪巧者、中山専門とこれまでスピード競馬への適正に疑問が持たれていた馬だけれど、前前走のダービー卿チャレンジトロフィーでの勝利と前走斤量59キロを背負ってのメイSでの怒涛の差し切り勝ちと、馬がまるで一変したという評価が偽りでなかったことがここで証明されたと言える。勝ち時計は1:31:7。レコードからコンマ0.3という素晴らしい時計が、この馬の本格化を物語っている。少なくともフロックではあるまい。秋以降でもマイル戦線の主役級として注目していくべきだろう。
二着のスーパーホーネットは最近はあまりレースをこなしておらず、着順も二桁近いひどいものだったので評価を下げていたのだが、これでもう一花咲かせられるか。しかし、G1はどうしても二着までなんだよなあ、この馬も。
トライアンフマーチは中団前付近にいながらじりじりと漸進して沈まずの4着。展開からすると頑張ったほうだけれど、G1ホースになるにはここでもう一粘り出来る馬に並んとなあ。
キャプテントゥーレは7着。この馬ももう一息、突き抜けられないなあ。もう一回くらいG1を取れる馬だと思ってるんだけど。

勝ったのはショウワモダン。全体的に先行崩れとなってしまった