おおおっ、初期の試合シーンのひどさが嘘のように、スピード感があり状況がよくわかる描写になってるじゃないか。
初っ端から飛ばしに飛ばしまくる名古屋のブラジル人トリオの猛攻、その迫力、圧迫感がちゃんと伝わってくる。個人技が圧倒的だ。特に攻撃の起点となるジウベルトが凄い。この男がボールを持つと、どっからでもゴール前に放り込まれてきそうな怖さが在る。
逆に言うと、これだけ攻め込まれているにも関わらず、危なっかしく見えつつも何故か安心感があるんですよね、この試合のETUのDF陣は。ラインが揺ぎ無いと言うか。
この試合の前半の注目は、杉江・黒田・緑谷のDF最終ライン。特にFWの板垣とマッチアップになる黒田が中心となるんですけど、うんうん、引き立ってる引き立ってる。
しかし、コーチ陣含めてみんな黒田のこと、危なっかしいと思ってたんだな(苦笑
「黒田ですよ?」「そうなんだけどさ、」 いや、達海もそうなんだけどさ、じゃなくてさ(苦笑
達海の監督としての手腕は、その言動から感性任せというか、感覚的なところに重きをなしているようで、その論拠となる部分は非常に論理的であり、データの積み重ねでもある事が、今回普段とDFの位置を換え、黒田に板垣を宛てがった理由を述べるシーンからも伺える。
どうしてこうしたのか、というのを練習方法にしても試合の戦術にしても、その理由を聞いたら理路整然と答えられるものを自分の中に持っているんですよね。もっとも、この人、聞かれたからって素直に答えやしないんだけれど。選手にも、理由は自分で見つけろという主義だし。

なんにせよ、危惧していた試合シーンはちゃんと描かれてるし、こっからは安心してみていられそうだ。この名古屋戦こそが、痛快の第一歩ですしね。

GIANT KILLING 01 キックオフ特別フ゜ライス [DVD]
GIANT KILLING 01 キックオフ特別フ゜ライス [DVD]
ポニーキャニオン 2010-07-21
売り上げランキング : 830

おすすめ平均 star
starキャラ萌え文化からの脱皮。派手さはないが秀逸な構成

Amazonで詳しく見る
by G-Tools