馬券購入や予想はしていなかったのだけれど、勝った馬が興味深かったのでちょっとだけ。
阪神2000メートルの牝馬限定ハンデ戦。集まるメンバーは近年はいわゆる中堅層。マイルから中距離あたりを主戦場とし、この時期宝塚記念には出られないものの、秋に向けてもう一叩きしたい牝馬が出てくるレースと言ったところか。
実際、5月の牝馬G1<ヴィクトリアマイル>から流れてくる馬が多い。また昇級戦を勝ち上がり、秋以降重賞戦線で活躍したいという馬もここを目標に定めている。
なんにせよ、よく見るメンツが出揃っているということだ。G1馬のリトルアマポーラはじめ、レジネッタ、チェレブリタ、ブラボーデイジー、マイネレーツェル、ムードインディゴ、ニシノブルームーン、ヒカルアマランサス。このあたりは、何度も同じレースで激突しているマイル〜中距離の牝馬重賞の常連である。

そんなレースで何が興味深かったのかというと、勝った馬。上記した常連連中を今回見事に下したのが、藤岡康太騎手鞍上のブライティアパレス。
この馬、実は前走が<メイS>だったんですよね。メイS三着。そう、この五月の単なる混合オープンに過ぎないこのレース、何気にこの上位三頭がこの三週間のメインレースで三週連続連対しているのです。
メイS1着のショウワモダンは<安田記念>を勝ってG1馬に。2着のシルポートは先週<エプソムC>でセイウンワンダーのハナ差2着。そして今週のブライティアパレス。
これ、比較的メイSがレベル高かったと言えるんではないでしょうか。んでもって、メイSで下した二頭がそこそこのメンツが揃った重賞で、これだけしっかり活躍したと言うことは、ショウワモダンの実力も証明されるのではないかと。
秋以降のショウワモダン、安田記念がたまたまのフロックとは考えず、ちゃんと注目していった方がいいんじゃないでしょうか。


この日は丁度、ディープインパクトの初仔が阪神の新馬戦に登場。内田騎手騎乗の牝馬シュプリームギフト。一番人気だったもののゲートでの出遅れが響いて結果三着。まー、まだ馬が子供でしたなあ。
ちなみに同レースで勝ったアヴェンチュラは、阪神JFとオークスを制したG1・2勝馬トールポピーの全妹。内容も圧勝でしたし、強かった。これは楽しみな馬が出てきたんじゃないでしょうか、