ろくごまるにのブログで、「封仙娘娘追宝録」などの作品裏話が公開される (SSMGの人の日記

ブログの文章からして面白いんだよなあ、この人。
最終巻を読み終えたときに抱いた感覚、実感湧かなくて感慨なんてあったもんじゃない、というあの感覚。書いてる本人もそうだったのね。共感湧くなあ。
なにはともあれ、生きてさえいれば新作はいつまでだって期待できるのです。小説家を辞めていない以上、いつまでだって待てるのです。