やっとこ配信見れた。

なにはともあれ、パンツじゃないから恥ずかしくないもん! とは言わせない! 言わせない!
前バリ絆創膏はだめでしょう、シノブさん(ww
忍野はいったい何を考えてたんだあの野郎。下着くらい買ってやれよ、それとも趣味か? 趣味なのか? あの状態の忍がいちいち自分で絆創膏を入手して貼るとは思えないので、やっぱり忍野の趣味なのか? 

えーっと、結局まるまる一年掛かってしまったのか、化物語完結まで。ウェブ配信に移行してからの延期延期の繰り返しにはさすがに参った。期間があいても間が持つような内容じゃなかったということもあり、テンションはダダ下がり。せっかくの最終話だというのにあんまり気分的には盛り上がらず、話的にも盛り上がらず。
あの化け猫が羽川の本心、阿良々木くんを好きだと暴露してしまう一連のクライマックスは、もうちょっと見せ方に工夫が欲しかったなあ。なんか、淡々と向きあって話しあってそれだけ、という感じに終始してしまっていて、正直魅せようという意欲が感じられなかったんですよね。TV版最終回の戦場ヶ原ひたぎとの星空デートのクオリティと比べると。詰まってたスケジュールを消化した、みたいな。
まず間違いなく、傷物語や偽物語といった最上のコンテンツがアニメ化されないはずがないので、またぞろいつかアニメ化って話になるんでしょうけど、乱暴なことを言ってしまうと、シャフト意外で見てみたいなあ。

忍は結局最後まで喋らずかー。CMとかドラマCDではしゃべってるらしいんですけどね。
ここの一連のシーンは、化け猫がわざわざ阿良々木くんに影が出来るような位置に立たせたこと。忍が助けを求められるまで出てこなかったことなど、なかなか意味深長な描写が続いて興味深い。結局、あそこで阿良々木くんが助けを求めたのが羽川でもひたぎでもなく忍であったことは、阿良々木くんにとっての忍とは何なのかがはっきりと透けて見えてくるんですよね。
忍の方も忍の方で、阿良々木くんがもし自分に助けを求めて来なかったら、阿良々木くんが死んでしまっても動かなかったんでしょう。阿良々木くんの死がイコール自分の死であるにも関わらず。この二人、お互いに物質的な意味だけでなく、精神的な繋がりに置いても、相手が自分の命そのものなんですよね。阿良々木くんはひたぎを大好きだし自分の命以上に大切にしているのだけれども、それでも忍との関係は全くの別物。特別中の特別なんですよね。いかなひたぎでも、このふたりだけは引き剥がせないんだろうなあ。
……まあ、ひたぎさん、強面に見えてよくよく考えるとどのヒロインも阿良々木くんから引き剥がせそうにないなww


化物語 第六巻/つばさキャット 下【完全生産限定版】 [Blu-ray]
化物語 第六巻/つばさキャット 下【完全生産限定版】 [Blu-ray]
アニプレックス 2010-07-28
売り上げランキング : 55

おすすめ平均 star
starシャフトさんの本気に脱帽
star斬新、ウィットで面白い、大好きな作品でした。
starジャケットは忍なのに忍が喋らないのは納得いかん

Amazonで詳しく見る
by G-Tools