以下に収納

サンデー

【ARAGO】
「お前がリオに触るんじゃねえ!!」ktkr!!
ヒロインのピンチに主人公大激怒。よろしい、これぞ燃える王道よ。そして、リオの方も絶体絶命の時に思い浮かべるのはアラゴ。よしよし、順調にフラグを消化してますよ?
そういえばリオは最初に登場した時も狙われてたんだよなあ。そういう才能があるのかもしれん。あのルシアンの性格からして、これが少年誌じゃなかったら、電撃食らったあとは絶対襲われるシチュエーションだったのに、もったいないw
表紙絵のタンクトップ姿を見ると、リオってかなり胸おっきいんですよね。これは予想外だった。


【アラタ カンガタリ〜革神語〜】
ああ、あっさり振られちゃったな、コトハ。わかっていたとはいえ、きっぱりとアラタに家族宣言されてしまう。アラタ本人から言って貰うことで振っ切りたかったんでしょうね。その後、即座に革と意味深に見つめ合っているあたり、こりゃあコトハの方ももう自分への遠慮も何もないわなあ。
とはいえ、ここでちゃっかり恋のライバルも投入されてきたわけdすが。


【神のみぞ知るセカイ】
ちょっ、なんで桂馬気づかないんだよ。攻略中じゃないと全然わかんないんだな、こいつ。何が曖昧なフラグだよ、十分明瞭じゃないか。
というわけで、まず間違いなく歩美は該当者。さすがはファーストヒロインである。ここに来て何気ない仕草や表情が異様なレベルで可愛くなってきた。
あの、最後に話しかけてきたシーン、屈託なく話しかけてきているように見えるけれど、あの自分の体操服の裾を握りながら引っ張っている仕草は、何を意味してるんでしょうね(ニヤニヤ


【結界師】
すべての元凶は間時守だった……あれ、良守わかってなかったのか!? いや、まあわかってなかったってことはないんだろうけど…わかってなかったのか?
師匠が全部暴露したのは、嘘偽りなく喋ったからこそ良守の性格からして逆に絶対に放り出さない、と確信したからなんだろうなあ。母親のことを引き合いにだしたことだけじゃなく、この思い出話を含めた真相の暴露そのものが計算されてて師匠の狡猾さと必死さが垣間見える。
しかし、母さん、師匠の目から見ても別次元の術者だったのか。


【はじめてのあく】
はじめてーのーちゅう♪
決定的シーンをあらゆる覚悟から写メで激写している雪ちゃんがカッコ良すぎる(爆笑
そういえば、こっちもアキがタンクトップ。この娘も胸おっきいんだよなあ。分かりにくいんだけど、アキってやっぱり会長とフラグ立ってるのか?


マガジン

【ベイビーステップ】
覚醒、と見せかけてろうそくが燃え尽きる直前の輝きだったーー!
これはヤバい、まじヤバい。ほんとに詰みかけてる。打開策がまるで見つからない。これ、えーちゃんが負ける展開もあるんじゃないのか? 一応、準優勝でも本大会には出れるはずだし。ただ、その場合いきなりアレとあたったりと、トーナメントの過酷さがとんでもないことになるんだよなあ。そっちの方が普通の漫画なら王道なんだろうけど……。


【魔法先生ネギま!】
ここでも「わずかな勇気」というフレーズが。この言葉はシリーズに一貫してのテーマなんだな。
違和感から、これが幻想の世界だと気づくネギ。ここで出てきたザジは、どうやら麻帆良のネギの生徒であるザジであり、魔法世界で対峙したザジは真ザジの姉妹!?
姉妹の可能性は考えていなかった。しかし、どうしてここで本物のザジが出てくるのか。ザジが幻想世界に介入する能力を持っていたのか、それともザジ姉妹のアーティファクトの能力が単なる幻覚ではなく、何らかの形で現実とリンクしているもの、と考えるべきか。
完全なる世界は、個々人の願望に応じた夢の世界を作ってくれるようなんだが……せっちゃんと栞の世界が二つだけブッチギリで欲望全開なんだが(爆笑
せっちゃんは木乃香にはだエプ着せてるわ、栞はネギとフェイトの二人をはべらせて悦に入ってるわ、とこの二人、真面目な顔して考えてることがパねえよ!ww

ARAGO 3 (少年サンデーコミックス)
ARAGO 3 (少年サンデーコミックス)新井 隆広

小学館 2010-09-17
売り上げランキング :


Amazonで詳しく見る
by G-Tools