以下に収納

サンデー

【神のみぞ知るセカイ】
桂馬、神様たるを否定証明されてしまう。
これは、ある意味衝撃的な展開。現実たる三次元を毛嫌いし、二次元にしか価値を認めない桂馬。これまでも攻略対象としてはともかく、現実の女性相手には生身の人間とは思えないような反応しか示さず、現実のあらゆる出来事に価値を見出そうとしてこなかった桂馬。その上で、自らを俗世から解脱した神様と称してきたのに……今度の攻略相手によって、桂馬もまた肉をもったただの人間に過ぎないという現実を突きつけられてしまったわけで……。
すげえなあ、つまりは桂馬よりも現実から逸脱し、一般常識から逸脱し、社会から逸脱し、人間から逸脱したキャラが出てきたわけだ。それはある意味、桂馬を上回る神様、ともいうべき娘なわけで、女神云々とかかずらっているうちに、本物の神様攻略編になっちゃったよ。


【結界師】
兄貴は兄貴で時守並みに追い詰められてきてる。
夜未は久々の再登場か。なんだかんだと、正守と縁があるよな、彼女。何気に、兄貴が精神的に参ってる時に顔合わせてる風でもあるし。あれ? 密かにフラグ立ってる?

【絶対可憐チルドレン】
パティ、あんたそれキャラ違う!!(爆笑
いつの間にかパンドラ組も、皆本に懐いてるよなあw
文化祭で兵部達が何か企んでいるようだけれど、悠理のことを狙っているのだとすると、澪たち板挟みになるよな、これは。

【はじめてのあく】
どーーーん!! どーーーん!! どーーーーん!!
キマシタワーーーー!!
キマシタワーーーー!!
キョーコ、その反応は反則! アウト! アウト!!
うおおおっ、ほっぺにチューでもチューはチュー。なのに、キレるでも怒るでも呆れるでもなく、「……バーカ」と頬を染めながら小声で呟かれた日には……うはあっ、やべええ。今回のキョーコは激烈にやべえ。
今回はさりげなく、緑谷も身体張って雪を守ろうとしたシーンもあり、戦部さん、実はアヤ姉狙いだったという展開もあり、ラブコメ祭りの様相を呈していて、最高でしたーー!!
いやあ、キョーコはまじやばかった。あんたもう嫁入りしちまえよー。

マガジン

【ハンマーセッション!In High School】
やっぱり先生と違い生徒ではやり難かったのか、一気に新展開。再び教師に転身する蜂須賀、どころかまたぞろ四方八方手を尽くして、全権教師なる権力を握って、学校丸ごとハンマーセッションすることに。
展開次第では面白くなるかもしれないけど、泥縄な気も……。


【エデンの檻】
真理谷ーー! ええい、普段から嫌味なくらい理知的なやつがたまに熱くなると、燃えるなあ。
何の策もなく、絶体絶命の危地に飛び込んできて、来たぞーー、ザジーー!! と絶叫するくだりは、震えがきた。そして、策はない、来ただけだ! とむしろ胸をはって言ってのける真理谷に、ザジが文句を言うでもなくストンと受け入れてたのは、ザジ今までで一番かっこよかったよ。
しかし、崖っぷちをあんな転がり落ちたら大怪我するぞw


【ベイビーステップ】
幼い頃からテニスをはじめ、母親をコーチにしてずっと勝ち続けてきた亜希にとって、テニスとは生活の一部であり、楽しんだり好きだったりするものじゃないのかなあ。
ちょうど、テニスを今一番楽しんでおり、同時にテニスをやめなきゃいけないかもしれない瀬戸際に立たされているえーちゃんにとって、ある意味対極に位置するかもしれない娘になるのね。
にしても、ラブコメがメインじゃないとはいえ、メインヒロインのなっちゃんも感覚派の天然系。対抗の亜希もぼんやり不思議ちゃん系、と両方天然系というのも珍しいかも。いや、なっちゃんを天然というのは違うかもしれないけどね。

はじめてのあく 6 (少年サンデーコミックス)
はじめてのあく 6 (少年サンデーコミックス)藤木 俊

小学館 2010-08-18
売り上げランキング :

おすすめ平均 star
star冬から春ですが色々熱い
star心の栄養になりますなぁ(⌒▽⌒)
star目標達成!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools