【おれと天使の世界創生 3】 冬樹忍(HJ文庫)
【おれと天使の世界創生 3】 冬樹忍
Amazon



【すてっち! 2】 相内円(HJ文庫)
【すてっち! 2】 相内円
Amazon



【気になるあの娘はエロゲンガー!】 谷崎央佳(HJ文庫)
【気になるあの娘はエロゲンガー!】 谷崎央佳
Amazon


【ベティ・ザ・キッド (上)】 秋田禎信(角川スニーカー文庫)
【ベティ・ザ・キッド (上)】 秋田禎信
Amazon



【サクラダリセット 3.MEMORY in CHILDREN】 河野裕(角川スニーカー文庫)
【サクラダリセット 3.MEMORY in CHILDREN】 河野裕
Amazon



【ストライクウィッチーズ2 1.伝説の魔女達】 南房秀久(角川スニーカー文庫)
【ストライクウィッチーズ2 1.伝説の魔女達】 南房秀久
Amazon


【彼女は戦争妖精 6】 嬉野秋彦(ファミ通文庫)

Amazon



【“文学少女”見習いの、卒業。】 野村美月(ファミ通文庫)

Amazon



【空色パンデミック  3】 本田誠(ファミ通文庫)

Amazon



【ナイトウィザード The 2nd Edition リプレイ エターナルブレイヴ】 田中信二、F.E.A.R.(ファミ通文庫)

Amazon


【サマーウォーズ】 岩井恭平 (角川文庫)
サマーウォーズ (角川文庫)
Amazon




レスポンス
クー子はニャル子一筋と見せかけて、絶対に真尋さんに傾きかけてると思う。今回の真尋さんの折檻に快感を感じかけていたのとか、絶対その兆候だよ!!
真尋さんも、クー子はそういう警戒の対象外、としてるっぽいからなんか無防備だし。ニャル子はハス太君より先にクー子を警戒するべきだ!!

ニャル子さんのアニメ化は、化物語同様に、主人公の突っ込みのテンポを如何に表現できるか、が全てな気がする。
というか、本当に真尋さんの突っ込みは凄いよなぁ。
そして、そんな真尋さんを使いこなしてる作者さんも凄いよなぁ。
真尋さんの設定矛盾セルフ突っ込みは、冗談抜きに高等テクニックだと思う。

そうですよね、そうですよね。ここ最近クー子のニャル子への偏執的なアプローチが鳴りを潜めだしてますし。ハス太は分かりやすい当て馬で、いつの間にかべったりしてるのはクー子と見た!
最近のアニメでは切れ味の良いツッコミを使いこなすキャラを上手く使えてるケースがけっこうあるんで、期待はしてるんですよね。というか、この作品は真尋のツッコミが柱であり命だから、これが中途半端になっちゃうと全部潰れちゃうでしょうから、頑張ってもらわないと。