矢野、今季限りで引退=右ひじ痛治らず−プロ野球・阪神

肘の調子が思わしくなく、二軍落ちしてしまったときにある程度覚悟はしていました。年齢も年齢ですからね。でも、ショックだ。
阪神を常勝軍団に仕立てた立役者の一人は、間違いなく矢野さんでした。あの弱かった時代から、投手陣、特に救援陣については常に安心して見ていられたのは、間違いなく矢野さんのお陰でした。捕手の心配をしなくていい、というのはチームを見守る上で一番の安心材料なんですよね。
今の投手陣の惨憺たる有り様を見てると、どうしても矢野さんの有難味が嫌というほど分かってしまうわけで。ぶっちゃけ自分、バッターとしてはともかく、捕手としての城島はノムさんと同じ評価です。防御率見たら明らかでしょう。特に救援のメンツ、殆ど変わってないのに。
あれだけ打たれちゃ変えようがないですけどね、私はそれでも狩野を使ってやって欲しかった。

今後の進路はまだ未定のようですけれど、矢野さんも赤星と同じく喋りも理路整然として上手そうなんですよね。いずれ指導者として戻ってきてくれるのは当然期待するとして、今は解説者としての矢野さんの話は聞いてみたいなあ。