【ゴールデンタイム 1.春にしてブラックアウト】 竹宮ゆゆこ(電撃文庫)

Amazon



【GENESISシリーズ 境界線上のホライゾン 3(下)】 川上稔(電撃文庫)

Amazon



【C3 ―シーキューブ― 10】 水瀬葉月(電撃文庫)

Amazon



【小さな魔女と空飛ぶ狐】 南井大介(電撃文庫)

Amazon



【死想図書館のリヴル・ブランシェ 2】 折口良乃(電撃文庫)

Amazon



【月光】 間宮夏生(電撃文庫)

Amazon




レスポンス
>「ベティ・ザ・キッド」は、軽く数ページ読んだだけで「うおっ、秋田禎信がいる!!」と思えるくらいに秋田節全開の作品でしたな。この人もライトじゃないライトノベル書く人だよなぁ。

ちなみに、無謀編などで現れていた秋田禎信の「ワケ分からなさ」を純化して抽出したのが、ミステリ文庫の「閉鎖のシステム」だと思います。個人的に大好きだったなぁ、あれ。

秋田節、というのを完全に確立してしまっている人ですよね。
「閉鎖のシステム」は、さすがにワケわからなさが極まりすぎてて、自分には分けわからなかった(苦笑


>ジャンプのサイレンとめだかボックスの巻末常連からの盛り返し劇は本当にすごいものがあったが、保健室の死神もこれ、実は安定軌道に入ってるのか?
連載スタートした時は、ネタといい絵柄といい長続きするとは全く思ってなかったけど。なんか日常コメディとして安定してるっぽいし。

めだかボックスはあの人出てきたから一気に安定しましたよね。
保健室の死神も、実はちゃんと読んでないんですが、世界観とキャラクターががっちり固定されたところに話も、それらをちゃんと活かした、話として完成度の高いものがコンスタントに出るようになって、いつの間にか揺ぎ無い安定度を得てましたねえ。いや、私もこれはすぐに消えると思ってたw


>温泉卓球ェ……
マジ申し訳ないです。ほんと申し訳ないです。いろいろごめんなさい。