11月後半カレンダーはこちら


10月30日
 【鳥籠の王女と教育係 恵みの環の魔王】 響野夏菜(コバルト文庫)  Amazon


11月1日
子ひつじは迷わない 走るひつじが1ぴき】 玩具堂(角川スニーカー文庫)  Amazon
“菜々子さん”の戯曲 小悪魔と盤上の12人】 高木敦史(角川スニーカー文庫)  Amazon
ベティ・ザ・キッド(下)】 秋田禎信(角川スニーカー文庫)  Amazon
 【丘ルトロジック 沈丁花桜のカンタータ】 耳目口司(角川スニーカー文庫)  Amazon
 【東京皇帝☆北条恋歌 7】 竹井10日(角川スニーカー文庫)  Amazon
 【おやすみ魔獣少女 炎の記憶】 川人忠明(角川スニーカー文庫)  Amazon
 【シスター・ブラックシープ 2.林檎と堕天使】 喜多みどり(角川ビーンズ文庫)  Amazon
 【はぐれ勇者の鬼畜美学(エステティカ) 3】 上栖綴人(HJ文庫)  Amazon


11月4日
 【シュガーダーク 埋められた闇と少女 1】 大岩ケンヂ(カドカワコミックスA)  Amazon
 【めだかボックス 7】 暁月あきら(ジャンプコミックス)  Amazon
 【王様の仕立て屋〜サルト・フィニート〜 28】 大河原遁(ジャンプコミックスデラックス)  Amazon
 【ONE PIECE GREEN】 尾田栄一郎(ジャンプコミックス)  Amazon
 【ONE PIECE 60】 尾田栄一郎(ジャンプコミックス)  Amazon


11月5日
 【神話ポンチ 2】 桂明日香(ヤングガンガンコミックス )  Amazon


11月6日
 【恋愛ラボ 5】 宮原るり(まんがタイムコミックス)  Amazon


11月9日
 【セレスティアルクローズ 1】 塩野干支郎次(シリウスKC)  Amazon


11月10日
俺の妹がこんなに可愛いわけがない 7】 伏見つかさ(電撃文庫)  Amazon
毒吐姫と星の石】 紅玉いづき(電撃文庫)  Amazon
藍坂素敵な症候群 3】 水瀬葉月(電撃文庫)  Amazon
 【クロノ×セクス×コンプレックス 3】 壁井ユカコ(電撃文庫)  Amazon
 【官能小説を書く女の子はキライですか? 2】 辰川光彦(電撃文庫)  Amazon
 【ヴァンダル画廊街の奇跡 3】 美奈川護(電撃文庫)  Amazon
 【彼女はつっこまれるのが好き! 2】 サイトーマサト(電撃文庫)  Amazon
 【エアリエル 2.〜蒼海の熾天使〜】 上野遊(電撃文庫)  Amazon
 【撃路崎真咲の密室プレイ】 相生生音(電撃文庫)  Amazon
 【戦国妖狐 5】 水上悟志(ブレイドコミックス)  Amazon


11月12日
 【とある魔術の禁書目録 7】 近木野中哉(ガンガンコミックス)  Amazon
 【つぐもも 5】 浜田よしかづ(アクションコミックス)  Amazon


11月13日
 【神曲奏界ポリフォニカ・ザ・ブラック 2】 米村孝一郎(フレックスコミックス)  Amazon


11月15日
 【クインテット! 4】 越後屋鉄舟(GA文庫)  Amazon
 【サムライガード 7.決意と別れと新たな旅発ち】 舞阪洸(GA文庫)  Amazon
 【神曲奏界ポリフォニカ リグレット・ホワイト】 高殿円(GA文庫)  Amazon
 【あるいは現在進行形の黒歴史 2.紅バラの剣姫が俺の嫁?】 あわむら赤光(GA文庫)  Amazon
 【魔法の材料ございます 5 ドーク魔法材店三代目仕入れ苦労譚】 葵東(GA文庫)  Amazon


11月後半カレンダーはこちら
【子ひつじは迷わない 走るひつじが1ぴき】は、第15回スニーカー大賞《大賞》受賞作! スニーカー大賞作は【涼宮ハルヒの憂鬱】以来、去年の【シュガーダーク】が6年ぶりの久々の大賞受賞だったのに、続いて今年も受賞作が登場とはね。この大賞は厳選している趣があったので、果たしてそれだけの作品だったのか、それとも方針が甘くなったのか.読んで見ればわかるはず。
【菜々子さん”の戯曲 小悪魔と盤上の12人】は、ウェブ上に全文公開して話題になった作品の二作目。あれで綺麗に完結しているので、続きってなんだろうと思ったら、あらすじ読むと……あれ? 主人公が違う?
【ベティ・ザ・キッド(下)】は、中編とか挟まず綺麗に上下巻で完結か。同じ世界観のスピンオフ、とかはないんだろうなあ。


【恋愛ラボ 5】。先月の【みそララ】でも思ったんですが、宮原るりさんって、カラーの塗り変えたのかしら。表紙の印象が結構違うんですよね。

【セレスティアルクローズ 1】は塩野干支郎次の新作ファンタジー。いや、新作はいいんだが、【ユーベルブラット】の続きはどうした。


【俺の妹がこんなに可愛いわけがない 7】は、なにより表紙が感慨深い。一巻の頃からすると、こんな京介と桐乃は妄想の領域だったはずなのに。PSPのゲームの方はもしかして、マジ妹エンドあるんだろうか。いや、腹ボテ云々はいいんで、ええ。……いえいえあるならありでいいんですよ? 否定なんてしてませんにょ? 推奨?
【毒吐姫と星の石】は、作者のデビュー作にして名作【ミミズクと夜の王】の続編だと!? これはホントに満を持して、だな。
【藍坂素敵な症候群 3】はどうやらこれで完結らしい。残念だ、【C3】よりもグロ要素が多かったし、長期シリーズとして並走して欲しかったんだが。

【クインテット! 4】は、三年ぶりの3巻から二ヶ月連続刊行で一気に完結。作者は秀逸なドタバタファミリーラブコメ使いだったので、これでフェイドアウトとかはしないでほしいなあ。これを機に復活、の方で。
【サムライガード 7.決意と別れと新たな旅発ち】。また旅立つのか!? 君等、同じ学校に数カ月といないじゃないかw




タイトルをついつらと見ていると、最近とみに増えているのがライトノベルの漫画化。一昔前と違うのが、漫画として非常にクオリティが高いものが多いところ。原作知らなくても面白いだろうし、原作ファンでも満足して感動できる出来が多いのは、購入意欲湧くんですよね。さすがに手当たりしだい全部抑えるのは苦しいんだけど、それでも出来る限りはチェックしたいですね。