会長、そのうちマジで「はーい、じゃあ今から殺し合いをしてもらいまーす♪」とかバトロワなこと言い出しそうだ。

何故か会長のことを師匠として崇めてるアストレア。3話から4話の間にいったい何があったんだ、と思ってたらEDで明らかになっていた。あれってジャッキー・チェンの映画ネタなの? ジャッキー往年の映画は子供の頃に良く見たんだけれど、子供の頃なだけによく覚えてない部分も多いんですね。そもそも、このEDのモデルになった木人拳は見てないような気もするが。

ところで、アストレアの近接戦闘最強、という設定はなんなの? プロレスでもあっさり負けてたし、と思ってたらニコニコのコメントで、空中での近接戦闘で最強なんだよ、というのが流れていたので、なるほどー、と納得してしまった。そりゃ、空で飛んでる時は躓いてコケたりしないものね。
じゃあ空飛べよ。

なんやかんやで、今回も会長のお声がかりで男対女で組み分けしての雪合戦大会に……季節冬でしったっけ? これまで季節感はあんまり気にしていなかったんだが、先週のお祭りって夏祭りじゃなかったのか?

トモちゃんの男連中からの人望が厚いのにはちと笑った。なんでそんなにカリスマがあるんだよ。中学生にとってエロ大王というのは、それなりの貫目があるって事なんだろうか。パねえもんな、トモちゃん。
それ以上に、同級生どもの彼女有り率の高さに笑ってしまったんだが。モテ男の多い地域だな、ここ。あれだけ男性陣がいながら、彼女のいない非モテさんが5、6人しかいないんだがw

それにもまして、二期に入ってからのそはらさんの人外っぷりが酷い(笑
エンジェロイドより人間離れしてきてるんじゃないのか、これ。今回に至っては雪だるまと合体して巨大なマシュマロマンと化して大暴れしてたし。マシュマロマンって、今の世代に通じるのか?
会長は会長で、スコップかつんと地面に突っ込んだだけで、温泉吹き出してたし。

うーん、しかし会長と守形先輩の関係は不思議だなあ。深いところで繋がっているように見えて、あの傍若無人な会長が守形先輩に対してだけは、シリアスな場面で彼の事情に踏み込むのをためらっているような描写が見受けられるんですよね。それはそれで、いい雰囲気になる流れに連動しているのですが。

シリアスといえば、トモちゃん、アストレア相手にシリアスになるのはいいんだが、下半身が雪に埋れている状態で首から上だけ頭身が元に戻っても、それはそれでギャグなんですが!
シリアスな場面なのに、妙な笑いがww

ところで、二期に入ってイカロスの存在感が薄いんですがw
ニンフがかわいすぎるのが問題だな。よく考えると何の問題もないんだけど!

そらのおとしものf (フォルテ)第1巻 [Blu-ray]
そらのおとしものf (フォルテ)第1巻 [Blu-ray]
角川映画 2010-12-24
売り上げランキング : 304

おすすめ平均 star
star一話のOPは原作通りみたいですね
star原作との違い
star王に仕える道化のごとく

Amazonで詳しく見る
by G-Tools