義理の母親(?)とすれ違う時のアキラの揺れる表情の描き方の巧みさを見てると、やっぱりもっとじっくり腰を据えて見てみたい作品だったな、と思ってしまうな。
このシーンの怖気付いたような、それでも何かを期待するような、縋りつくようで、しかし耐えきれずに折れてしまう、揺れに揺れるココロの移ろいが、無言のままに雄弁に、繊細に浮かんで消えていくんですよ。ここのシーンはほんとに素晴らしかった。
表情の描き方だけじゃなくて、カメラワークやパースの取り方など随所にグイグイと画面に引き込む力があるんですよねえ……でも、それがトントンと進む話のリズムと合っているかというと、どうしても勿体無いなあ、と思ってしまうや。

話は二話の終わり方巻き戻して。
元々幼い頃に遊んでいた幼馴染だったせいか、アキラとの好感度は最初からマックスだった、と。向こうはずっと好きだったのかね。そのくせ、ハルが思い出すまで自分からアピールすることなく黙ってるあたりに、アキラの本質が伺える。
小さい頃に出会っていた記憶を思い出してからの、ハルの積極的というか熱すぎる行動力には参ったけど。それって、親切の押し売りじゃないかしら。まだアキラがああいう性格だったから良かったけど、幼い頃の思い出に対する熱量がもっと冷めてたら、なにこいつ? と思われるような行動だった気がするぞ。

お嬢と違って、やっぱり好感度マックスだったせいか、あっさりとこの一話で合体!(笑
アキラが積極的すぎる。お風呂シチュフェチとしては、あの展開はなまじ直球でいかれるよりも正直燃えるなっ。

アキラとの仲は問題なく進展しているものの、彼女のルートの肝はやはり出生の秘密、なのか。なんかお嬢ルートで習得した情報だけでは説明できない何かがまだあるみたいだし。
そもそも、隠し子であるアキラが、本妻であるお嬢の母親に対して見せる態度がちょっと変なんですよね。血の繋がった父親に対しての態度だったら別に変じゃないんだけど。


ところで、ソラはなんでいつも登場すると歯磨きしてるんだろうww


Cパートは変わらずのメイドさんの暴走、と見せかけて、アキラの異様な存在感に呆気にとられるのであった。なに、あの不安定な目玉の動きは? こわい。

ヨスガノソラ Blu-ray 天女目瑛
ヨスガノソラ Blu-ray 天女目瑛
キングレコード 2011-01-26
売り上げランキング : 106

おすすめ平均 star
starコレクター詐欺

Amazonで詳しく見る
by G-Tools