聖應女学院 information

やるき☆ちゃんねる「おとボク2のポータルサイト、できました!!」

なにやら、「おとボク2」で新展開が進められている模様。ファンディスクかアニメ化か、という話だけれど、そりゃアニメでしょう。
勿論、アニメ化だったら楽しみだけど、今度は中の人変えないでくださいよぉ。



さあ、サクサクっと進めていきますよー。年内と言わず、今月中に目指せコンプリート。

というわけで、次は星の王女様、ケイリである。うむ、よく考えると前日譚となる小説版からのメインの登場人物のクリアはこれが初めてなのか。まだおとボク2としてゲーム化されると決まって居ない頃に書かれた、そして読んでいた小説での登場人物を攻略できる、というのは感慨深いものがある。
……と言っても、小説からの登場人物で攻略ヒロインになったのって、ケイリと薫子だけなんですけどね。初音は完全にサポート役に回ってしまったし、茉清王子といえばこれまた完全に聖さんに陥落しちゃったし(笑


そんなこんなで、『櫻の園のエトワール』でも途中参加にも関わらずとびっきりの存在感を示してくれたケイリの話は楽しみにしてたんですよね。ゲーム本編でも彼女だけは異色の存在感を際立たせていたわけですし。
そして、彼女の個別ルートへと挑んだのですが……。

v( ̄∇ ̄)v

ちょ、ちょっと待ってくれ。け、ケイリさん。貴女、千早ちゃんに攻略されるヒロインさんなんですよね? 攻略される側なんですよね?

どう見ても、攻略されているのが千早ちゃんな件について(笑

というよりも、もはや千早ちゃん云々は抜きでケイリの独壇場、一人舞台です、これ。千早ちゃんだけでなく、もう一人、塞さんもまとめて攻略しちゃってるし!!
だ、だめだこりゃ、ケイリの存在感が凄まじすぎて、完全に千早ちゃんが食われてしまってる。あの千早ちゃんをして、全く太刀打ちできてない。話に食い込めきれてない。千早ちゃん、置いてけぼりだw かろうじて、ケイリが向こうから近づいてきて手を掴んで引っ張ってくれてるから話に関われてるけど、この話、本質的には千早ちゃん別に居なくても大丈夫だ!!
いやあ、まさかここまで千早ちゃんが喰われるとはさすがに想像しなかった。千早って、決して喰われるような薄い主人公キャラじゃないんですぞ。むしろ強烈なくらいシャープな鋭さで斬り込んでくるのに。
これはもう、ケイリのキャラが輝きすぎてて歯が立たなかった、というふうに考えるしかないんじゃないだろうか。
ヒロインのシナリオとして考えると、はっきり言ってかなりマズいことになってると思うんだけれど、話それ自体は面白かったというのは、実際どう考えればいいんだろうか(苦笑
いや、ストーリー展開自体、かなりぶっ飛んでるんですけどね。『櫻の園のエトワール』の頃からこの設定あったんだろうか……。

まあいずれにしても、ケイリが千早ちゃんと塞さんの両方を手にいれてのひとり勝ちというおはなしでした。でも、ケイリってホントは千早と薫子両方を両脇に侍らせたかったんじゃないかとうがってしまうなw 

そして、エピローグでの塞さんが異常にカッコ良すぎるんですけどwww
 濡れる!