なるほどなあ、産後すぐに病院で取り違えられた可能性、か。取り違え、という話だけでも酷いのに、それが正妻と不倫相手の異母姉妹の間で起こってしまった、というなら洒落にならないぞ。
というか、同じ病室の隣同士のベッドで、って誰か配慮してあげましょうよ。アキラの母はさすがに隣の母子が誰なのか気づいてたはずだろうし、産後でへたばってる時にとてつもないストレスだったんじゃないだろうか。

天真爛漫で笑顔が耐えないアキラだけれど、この娘の本質は臆病で泣き虫だったんだなあ。快活な顔は、彼女が「いらない子」扱いされて傷ついてきた中で唯一自分を守ってくれた祖父が褒めてくれた、自分の中でただひとつ誇れるもの。だからこそ、祖父が亡くなったあと、その笑顔に縋るようにして生きてきたんだな。
でも、今の彼女の笑顔は心からのものではなく、よすが―拠り所に過ぎない本物じゃない笑顔。
ハルカはそれを取り戻してあげたかった。真実から目を背け、曖昧に濁したまま現状にしがみついているアキラに、本当を知らせてあげることで、彼女に澱を吹っ切って欲しかった、と考えるべきなのかな。
でも、その真実とはアキラの今までの人生だけでなく、一葉の人生をも覆しかねない危険なもの。アキラが憧れ続けた家族を壊しかねないものだというのだから、アキラが怖気付いてしまうのも無理はない。徹底的に逃げまわるのではなく、笑顔で嘘ついて、その後逃げ出してしまう、というのはアキラというキャラクターを端的にあらわしてて、なかなか分かりやすいエピソードだった。原作では、もっと丹念に描かれてたエピソードだったのかな。
短い容量に必要不可欠なエピソードをうまく取捨選択していて、上手いとは思うんだけど……やっぱり短いと思ってしまうのはお嬢の時とおんなじか。

結局、アキラと一葉が取り違えられていなかった、というのは意外でもあり、納得でもあり。母上は、最初からそれはない、と承知していたんだな。随分と妥協してくれたように見える。

で、締めはやはりセックスなのかww 騎乗位から見下ろすアキラの表情は完全に艶っぽい女の顔。
メイドさんも見習いなさい。

って、Cパートはもしかしてメイドさんルートだったのか? ここのハルの萌えポイントが意味不明すぎる!! ソラが発狂するのも当然だよ!! こんなゲテモノ趣味の兄はイヤだ!!

ヨスガノソラ Blu-ray 天女目瑛
ヨスガノソラ Blu-ray 天女目瑛
キングレコード 2011-01-26
売り上げランキング : 134


Amazonで詳しく見る
by G-Tools